NHK総合テレビジョン

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事の内容には批判・批評的内容が含まれています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。また削除要請はこちらをご覧ください。

NHK総合テレビジョンは、日本放送協会(NHK)の地上波テレビジョン放送局の一つである。略称は「General」から「GTV」(デジタル放送では画面右上に常時「NHK G」と表示される。ただし東京送出のみ(首都圏がローカル放送を行っている場合でもローカル放送を行わない地域に配慮した東京からの裏送り放送を行う場合でも「NHK G」の透かしロゴが表示される)で、首都圏以外のローカル枠では表示されない。また、災害報道を行う場合は全国で非表示)である(GTVは群馬テレビの略称でもある)。新聞や雑誌の番組表では「NHKテレビ」と表記されることもある。(産経新聞(一部地域)、京都新聞しんぶん赤旗聖教新聞など一部は"NHK総合"、神戸新聞などでは単に"NHK"と表記される)

概要[編集]

  • 1953年2月1日開局。「総合テレビジョン」という通称名は、同じく地上波で放送されている教育テレビジョンと対比して、総合編成を実施しているということから付けられたものである。
  • デジタル放送は、関東広域圏を除く41道府県(茨城県も含む)が県域放送。茨城県のみ、デジタルとアナログでは扱いが異なっている。
  • ワンセグ放送については、当分の間以下の基幹局が各対象地域向けにローカル放送を行っている。ただし現在、各放送局別のローカル放送に切り替えが進められており、順次行われている。最も遅い放送局でも2007年夏までには切り替えが完了する予定。但し、北海道地方では各地域別になるか、札幌局からの全道一斉になるかは不明。
    • 札幌(北海道)
    • 仙台(東北・2007年3月5日より各局からの放送に切り替えが完了した。)
    • 放送センター(関東・甲信越)(各局からの放送に切り替えが進められている。)
    • 名古屋(東海・北陸)(各局からの放送に切り替えが進められている。)
    • 大阪(近畿・2007年5月より各局からの放送に切り替えが完了した。)
    • 広島(中国・2007年7月より各局からの放送に切り替えが完了した。)
    • 松山(四国)
    • 福岡(九州・沖縄)(2006年12月より北九州局を含め、各局からの放送に切り替えが完了。)
※カッコ内は基幹局ローカル放送の放送対象地域

番組[編集]

NHK総合テレビ番組一覧を参照。

主な特徴[編集]

沿革[編集]

  • 1953年2月1日 東京テレビジョン(コールサイン:JOAK-TV)本放送開始。
    • 千代田区紀尾井町の千代田放送所からVHF3chで送信された。
  • 1954年3月1日 大阪テレビジョン(コールサイン:JOBK-TV)本放送開始。
    • 生駒放送所からVHF4chで送信された(当時は毎日放送が未開局)。
    • 1958年12月に、2chに変更された。
  • 1954年2月20日に、名古屋テレビジョン(コールサイン:JOCK-TV)本放送開始(都心部の名古屋テレビ塔からVHF3ch)。これに併せ、自前のマイクロ回線を1953年1月11日に稼動させる(しかし1954年4月15日に電電公社、今のNTTのマイクロ回線に移行した。理由は、下のため)。
  • 1956年3月21日 仙台広島福岡でテレビジョン放送開始。以降4年をかけて全国のネットワークをほぼ完成させる。
  • 1957年12月28日 東京テレビジョンでカラー実験放送開始。
    • この年の秋から早朝放送も開始された。
  • 1959年1月10日 東京教育テレビジョン(コールサイン:JOAB-TV)本放送開始。
    • 放送開始時は東京タワー(芝放送所)からVHF1chで送信された。同年4月に総合テレビの放送エリアを関東全域に拡大するため、総合テレビの送信を東京タワーからとし、教育テレビは千代田放送所からの送信に変更された。これに伴い、総合テレビと教育テレビのチャンネルが入れ替わり、現在の総合テレビVHF1ch、教育テレビVHF3chというチャンネル割り当てになった。
  • 1960年9月10日 東京と大阪でカラー本放送開始。
  • 1970年4月 UHFテレビジョン試験放送が東京と大阪で開局(ともにUHF14ch)。
  • 1970年頃から、大阪を除く関西、名古屋を除く中京高松佐賀下関(後に山口に統合)地方等でも、UHF放送による県域放送開始。
  • 1974年1月16日 オイルショックに伴い、テレビ放送の昼間、深夜の放送を一部休止。
    • 総合テレビ、UHFテレビ試験放送では月~金曜日の15時~16時台前半を放送休止とし、深夜は23時で放送打ち切りとなる(なお、国会中継高校野球中継が行われた場合は休止時間帯でも放送されていた)。
    • 昼間の放送休止は9月9日に解除された。
    • 深夜については4月に23時15分まで、翌年には週末のみ24時まで、と段階的に放送時間を拡大させている。
  • 1975年4月7日 UHFテレビ試験放送終了。
  • 1982年12月17日 音声多重本放送開始。
  • 1984年4月 平日の放送終了が24時となり、オイルショックから続いていた深夜の放送休止を全面解除。
  • 1985年11月 文字多重放送開始。
  • 1995年4月 放送時間を早朝5時~深夜1時までに拡大。なお、早朝5時開始は以前にも夏休み期間限定で行われていたことがある。それ以前は6:00(後に5:57→5:50 この時は天気予報が1日の最初の番組)開始だった。
  • 1996年4月 週末(金・土曜深夜)に限り24時間放送開始。また平日の放送終了も深夜2時までに延長。
  • 1997年4月 24時間放送開始(日曜深夜除く。基点は5時)。
  • 2000年4月 生放送番組の文字放送による同時字幕放送を開始(順次拡大)。
  • 2000年4月 日曜終夜放送実施。
    • 第1・3週の日曜を除く。同年7月からラジオ第1放送を含めて休止・減力放送は各放送局の任意となり、完全24時間放送となった。
  • 2003年12月1日 11時に地上デジタルテレビジョン放送の本放送を東京、名古屋及び大阪の一部で開始。
  • 2004年3月 教育テレビと共に放送回線・配信回線で使用されるNTT中継回線が、マイクロ波を用いたアナログ回線から光ファイバーを用いたデジタル回線に完全移行(ハイビジョンによるニュース素材の配信回線は2003年8月に運用開始)。
  • 2004年4月 放送開始(基点)時刻を4時30分に繰り上げ。
  • 2005年10月 放送開始(基点)時間を更に10分繰り上げ4時20分に。(注・新聞発表上は従来どおり4:30が1日の基点とされており、「視点・論点」の再放送が1日の最終番組扱いとされている。日曜日・月曜日は別番組だが、日曜日の「新日本紀行ふたたび」再放送(地域により初回放送)は日曜日1日の初めの番組と扱われている)

チャンネル番号・コールサイン[編集]

各放送局に関する情報は日本放送協会放送局の一覧を参照。

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はNHK総合テレビジョンにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。