1月

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

1月(いちがつ)はグレゴリオ暦の第1のに当たり、31日ある。

日本では旧暦1月睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても用いる。睦月という名前の由来には諸説ある。最も有力なのは、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意であるとするものである。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説がある。

英語Januaryは、ローマ神話の入り口とドアの神ヤヌスにちなむ。年の入り口にあたることから、ヤヌスの月となった。

異名[編集]

いわいづき・いはひづき(祝月)、かげつ(嘉月)、かすみそめづき(霞染月)、たんげつ(端月)、しょげつ(初月)、しょうがつ(正月)、けんいんづき(建寅月)、げんげつ(元月)、たいげつ(泰月)、たろうづき(太郎月)、さみどりづき(早緑月)、としはつき(年端月、年初月)、はつはる(初春)、むつき(睦月)

1月の年中行事[編集]

1月に行われるスポーツ[編集]

1月がテーマの楽曲[編集]

その他[編集]


関連項目[編集]

テンプレート:Wiktionarypar テンプレート:月 (暦)

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像は1月にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。