テレビ神奈川

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索
株式会社テレビ神奈川
種類 株式会社
業種

テレビ神奈川(テレビかながわ)は、神奈川県放送対象地域とする放送局である。略称はtvk(ティーブイケー)。地上波アナログ放送のコールサインJOKM-TV。地上波デジタル放送のコールサインはJOKM-DTV神奈川新聞と、密接な関係を持つ。

目次

[編集] 所在地

[編集] 株式

以上の事由により、テレビ神奈川は第三セクターに属する。

[編集] 沿革とサービスエリア

1972年4月1日開局。関東地方で3番目に開局した独立UHF放送局である。視聴エリアはアナログ放送では、神奈川県全域、山梨県の約半数、東京都(23区、多摩)の2/3位、千葉埼玉静岡各県の一部565万3千世帯である(エリア表[1]。デジタル放送では、神奈川県内と東京都の大部分、千葉県の一部、2006年7月からケーブルテレビを通じて山梨県中西部などの一部地域も加わる(デジタル放送のエリア表)ただし、東京都を経由し受信する埼玉県・千葉県などの場合、都内のビルなどに遮られ受信困難になることもある。また埼玉県北部・茨城県栃木県群馬県では混信などの影響で受信困難である。

2004年4月、横浜市中区太田町に横浜メディア・ビジネスセンター(神奈川新聞社と同居)が完成。5月10日、開局以来三十数年使われてきた中区山下町の社屋から移転した。社屋移転を契機として、局の愛称が長年使われた「TVKテレビ」から「tvk[2]、に変更され、またコーポレート・スローガンとして「ヨコハマ開放区」が導入された。なお、旧社屋跡地には記念碑が建立されている。

2004年12月1日12:01に地上デジタル放送(18ch・リモコンキーID3)を開始した。デジタル放送開始時の放送エリア (10W) は横浜市、川崎市の大部分(両市の北部を除く)および横須賀市、東京都の一部となっていた。2005年12月1日には平塚送信所(100W)が開局し、鶴見送信所の出力もフルパワー(1kWとなったため神奈川県東部の全域と千葉県の一部と湘南地区の大部分(三浦半島の一部を除く)でも視聴できるようになった。なお、2007年3月には小田原デジタル中継局が本放送を開始(エリアは南西部と静岡県伊豆半島東部)した。また、データ放送は2005年4月より自治体情報を中心に開始、ワンセグも2006年6月1日に開始している。

放送エリアは神奈川県全域はもちろん、TOKYO MXが開局するまで長らくUHF局がなかったため東京都内でも受信している世帯が多い。またUHF局の中でも、音楽番組を中心に魅力的な番組編成からか県内でのUHFアンテナ普及率は他県に比べて高く、埼玉県、千葉県でもアナログ放送で受信している世帯がある。条件によっては静岡県、山梨県などでもアナログ受信は可能。デジタル受信は出力や送信設備の関係でアナログよりシビアではあるものの、アナログが良好に視聴できる状態であれば基本的には可能なおアナログ波区域外再送信しているケーブルテレビ局も多く、順次デジタル波の再送信も開始されている。また、アナログ時代再送信されていなかった栃木県、群馬県でもデジタル再送信をするケーブルテレビも現れている。

なお、過去には一部のケーブルテレビディレクTV局向けに「TVKスーパーステーションTV」→「ch Yokohama」→「YOKOHAMAベイサイドTV」として全国に神奈川県向けと同じ内容を放送したことがあった。

[編集] ネットワークの移り変わり

[編集] 番組編成

[編集] 音楽

2014年3月まで放送された このような番組スタイルは、増田ジゴロウとあかぎの時期に番組スタッフ一同との掛け合いトーク中心という独自スタイルを確立。この形が受け、各地でネット放送も開始。番組グッズも各地で販売されている。メジャーな歌手・声優もゲストとして登場し、tvkの看板番組に成長した。また、1983年にスタートした長寿番組「全米TOP40」も未だ健在である。

[編集] スポーツ

[編集] 情報

[編集] アニメ

[編集] 過去の番組編成

[編集] エピソードおよび現況

[編集] トラブルおよび問題点

[編集] 主な番組・過去に放送した番組

テレビ神奈川番組放送一覧を参照のこと。アニメ関連の番組はテレビ神奈川アニメ番組放送一覧を参照のこと。

[編集] 制作映画

[編集] 提携局

テレビ朝日系列の名古屋テレビ放送(メ~テレ)静岡朝日テレビと社業全般にわたり交流を図り協力をする「相互協力に関する友好協力関係協定」を結んだ。これは親会社の神奈川新聞が朝日新聞と関係が深いことによる。2004年5月10日の新社屋移転時、メ~テレの「大須ぱっぱ屋」へ向け尾辻舞アナが新社屋を生で紹介をした。tvkの応接室にはメ~テレのキャラ「ウルフィ」のぬいぐるみが飾られている。2009年、メ~テレが制作した映画「ハイキック・ガール!」や、イベント「ガンダム生誕30年祭」のCM・PRを首都圏トライアングル枠を含めて精力的に流した。また新社屋移転に伴う営業体制再構築時に設けられたtvk名古屋支局は、メ~テレの旧本社社屋(現・メ~テレアネックス)に所在する。

また、テレビ東京系に次ぐネットワークを作るべく2007年に結成された東名阪ネット6の旗振り役を務めている。

[編集] アナウンサー

[編集] 男性

[編集] 女性

[編集] 過去に所属したアナウンサー

男性
女性

[編集] 輩出したアナウンサー

歴代の昼ワイド(「おしゃべりトマト」~「HAMA大国」)のアシスタントはアナウンサー志望大学生の登龍門となっていた。そのエッセンスが「みんなが出るテレビ」に受け継がれた。

[編集] キャッチフレーズ

[編集] イメージキャラクター

[編集] オープニング・クロージング

周波数・中継局を全て読み上げる
OP:横浜港と三ツ池送信所
ED:氷川丸と夜の横浜市内(関内、尾上町、伊勢佐木町等)とTVKの本社演奏所屋上看板
ナレーション:鎗田圭子
(この間に大船局、仙石原局開局があるが、テロップの変化以外なし)
OP:神奈川県内の映像<各名所の説明テロップ付き>
ED:氷川丸と夜の横浜市内、TVKの本社演奏所屋上看板
ナレーション:鎗田圭子
OP:神奈川県内の風景<横浜みなと局開局にともないそごうのお天気カメラからのみなとみらいの映像が入る。各地の説明テロップがなくなり、中継局テロップがワイプになる>
ED:氷川丸とランドマークタワー
ナレーション:鎗田圭子
OP:横浜市内の風景(同、中継局テロップは電子テロップ・横スクロール、途中にアナアナ変換によるチャンネル表示変更あり)
ED:横浜ランドマークタワー横浜ベイブリッジコスモクロック山下公園周辺などの夜景(同、中継局テロップは電子テロップ・横スクロール、途中にアナアナ変換によりチャンネル変更あり)
ナレーション:鎗田圭子
OP:みなとみらいなどの横浜の朝・日中の風景をデザイン化し、「tvk」のロゴを飛んで行く電波としてイメージングしたもの。
ED:横浜ランドマークタワーと横浜ベイブリッジなど、横浜の代表的な夜景をデザイン化した映像 また、デジタル放送は横浜市の観光スポットの朝、夜の静止画に「tvk」のロゴを飛んで行く電波としてイメージングしたものをかけわせたもの。
OP/EDともに、英語と日本語のアナウンスを織り交ぜて使用。「こちらはtvk、ヨコハマ開放区です」と言うが、過去の「こちらはTVKテレビです」同様、「テレビかながわ」という局の送出呼称を言わない珍しい形態が踏襲されている。過去のオープニング・クロージングと比べると都会的で近未来的な出来になっている。なお、デジタル放送では局名・コールサインは言うものの、テロップは局ロゴ以外表示されない。
楽曲情報

これらはいずれも、1984年~2004年5月9日の長期にわたって使用された楽曲である。

[編集] 時間外放送

[編集] 時刻出し

[編集] 時報

[編集] お天気カメラ

スカイタワーカメラがメンテナンス時や故障時などは、本社屋上カメラや河川事務所の監視カメラを利用することもある。かつて横浜そごうの休業日にはカメラが使えず、花の静止画のスライドやマスター室やサブの映像を使用していた。デジタルFPU運用開始、2サブHD化に伴い、2007年7月にHV化されている。
2007年夏にスカイウォークのカメラが故障を起こし、対策として急遽設置された。中心部の横浜の光景や晴れ渡ると見事な富士山が撮影できるカメラだが、あくまで補助的扱いにとどまっている。2008年の元日にはフィラーで初日の出の模様がスカイウォークカメラと交互に放映された。

[編集] テレビ神奈川で放送されているCM

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。

[編集] 過去に流れていたCM

Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここユアペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

[編集] 社屋・放送施設

ファイル:Mitsuike Park02.jpg
三ツ池送信所(横浜市鶴見区三ツ池公園
本社・演奏所
231-8001 横浜市中区太田町二丁目23番地 横浜メディア・ビジネスセンター内
旧本社・演奏所(放送センター)
〒231-8542 横浜市中区山下町69番1号(現在は高層マンションになっている)
旧業務センター
〒231-0023 横浜市中区山下町123番1号 クリードビル内

[編集] アナログ放送

送信所
中継局

◆…キー局共建 ●…垂直偏波

  • 横浜みなと局開局の際は「キー局もTVKもこれ1本」というUHFアンテナ設置キャンペーンが行われた。

[編集] デジタル放送

送信所・中継局名 物理チャンネル
中心周波数
空中線電力 ERP 中継局置局箇所 偏波面
横浜送信所 18ch
503.142857MHz
1kW 12.5kW 三ツ池公園 水平偏波
平塚中継局 100W 370W 湘南平 垂直偏波
小田原中継局 10W 120W 真鶴岬 水平偏波
南足柄中継局 35ch
605.142857MHz
1W 3.5W 21世紀の森 水平偏波
湯河原中継局 37ch
617.142857MHz
100mW 185mW 一本松 垂直偏波
愛川中継局 17ch
497.142857MHz
1W 3.1W 内山 水平偏波
箱根湯本中継局 47ch
677.142857MHz
100mW 280mW 箱根湯本 垂直偏波
横須賀武中継局
17ch
497.142857MHz
300mW 990mW 武山中腹 垂直偏波 
仙石原中継局
35ch
605.142857MHz
1.2W 丸岳中腹 垂直偏波

2009年度(平成21年度)

2010年度(平成22年度)

上記以外の、神奈川県内新規設置予定の、デジタル中継局は次の通り。 

[編集] ケーブルテレビ再送信局

太字の局はデジタル波も再送信を行っている。

[編集] スタジオ

[編集] 山下町旧社屋

第1スタジオ(1F)
メインスタジオ。開局記念特番「はばたけTVK」が最初の番組。その後、さまざまな番組に使用される。旧社屋末期には3台のカメラが常設されていた。なお一部特番ではスタジオ内にカメラクレーンを搬入して運用したこともある。
第1スタジオ・サブ (2F)
ステレオ対応の副調整室である。
第2スタジオ(1F)
ニュースやミニ番組の収録などを想定して作られた学校の放送室並みの超狭小スタジオ。しかし、1スタからのOAでコストがかかっていた昼ワイドの省力化から「スタジオ・きょう」(60分→のち45分)開始(1980年)時に改装され、カメラは当時珍しいリモコン操作が可能、生の無人運行が可能なスタジオとなった。「日本大通り情報」「おしゃべりトマト」「情報ステーション」「KICK OFF F・Marinos」、そしてユースケ・サンタマリアIZAM井手功二&佐々木ゆう子&久保弘毅あかぎあい木村カエラ時代の「saku sakusaku saku morning call)」はこのスタジオで収録されるなど、皮肉にも小回りが利くことからフル稼働となった。なお、前述のとおり1980年にサブを改修したため、1980年代中期のマスター、サブ更新まで1スタ収録の番組よりテロップなどの質がよかった。
第2スタジオ・サブ(2F)
第2スタジオのサブコンとして、またSEAスタジオのサブコンとしても使用された。サブコンの端にアナウンスブースが併設されていた。
SEAスタジオ(3F)
1995年、社長室の一部を取り払いオフィス内に開設されたガラス張りのスタジオ。「たてながHAMA大国」→「HAMA大国」、PUFFYSay a Little Prayerの生放送時の「saku saku morning call」、ニュース、スポーツ番組(1998年横浜ベイスターズ優勝特番も含む)はここから放送。SEAスタジオの名称は一般公募で決まった。「SEA」はオフィスが見える「see」の意味と横浜の海、そして「S」にSports、「E」にEntertainment、「A」にAreaをかけた。その後「SEA戦略」と局のステーションポリシーにも使用。第2スタジオ同様、小回りが利くため重宝された。「HAMA大国」放送中に小学生の社会見学でガラス越しに子供が手を振るのは、恒例だった。
マスタールーム(2F)

[編集] 横浜メディア・ビジネスセンター (Yokohama MBC)

ヨコハマNEWSハーバー(1F、HD、180坪)
1230アッと!!ハマランチョ[HV]。1台の小型固定カメラとハンディカメラ(状況に応じて脚をつけて固定カメラとして使用する)、計2台のカメラで運用。
第1スタジオ(2F~中3F、HD)
saku sakuカルチャーSHOwQ~21世紀テレビ検定~[HV]、オンガクのDNA[HV]、Hi!横濱編集局[HV]、コンシェルジュ神奈川[HV]、Just Japan[HV]、岡崎五朗のクルマでいこう![HV]、KICK OFF F・Marinos[HV]などさまざまな番組を収録するメインスタジオ。サブ、カメラなどはすべて新規納入。カメラは3台(「カルチャーSHOwQ」はハンディカメラを含めて4カメから5カメで収録)。
第2スタジオ(2F、HD)
tvk NEWSハーバー[HV]、ニュース930[HV]。2スタは当初減価償却の問題もあり、山下町のSEAスタジオの設備を改修(カメラにプロンプター設置、など)して再利用していたが、HD対応機器への更新が完了し2007年7月30日よりHD対応スタジオ・サブとして使用を再開した。3台のカメラがあり、すべてプロンプター設置、リモート方式である。
第3スタジオ(2F、SD)※仮設のため現存せず
2スタ及び2サブ工事のため、2007年7月にスタジオロビーに仮設されていた。セットは2スタに設置してあったものを移設して対応。tvk NEWSハーバー高校野球ニュース2007で使用された。サブはマスターサブを使用。
主調整室(マスタールーム、HD)、第1・第2スタジオ副調整室(サブ、共にHD)(3F)
第4スタジオ(4F、SD)
報道制作局と編成局のオフィスの境にあり、敷居のような存在。4階にあるので4スタと呼ばれているに過ぎない。サブはマスターサブを使用している(挿入されるお天気カメラの映像はHV)が、カメラが山下町2スタにあったSD方式のため、HD放送はできない。リモート式。tvkニュース、tvkスポットニュース、ニュース速報等で使用。

[編集] 関連施設

[編集] その他の神奈川県の放送局

[編集] 備考

  1. エリア世帯数は1996年11月1日現在。以降神奈川県を含む首都圏の人口増大や地上デジタル放送開始の影響などにより、現在のエリア世帯数は異なる。
  2. 新聞テレビ欄表記も「TVKテレビ」から「tvk」に変更されたが、毎日新聞のテレビ欄では「tvkテレビ」として表記されている。
  3. 茨城県にはこの当時も現在も独立UHF放送局が存在しない。アントラーズ戦主催試合の中継は1995年ごろまであったが、茨城県では南西部などの一部を除いて直接受信は困難でケーブルテレビでの再配信(地上波・または当時実施されたCS利用)を利用する以外に視聴法がなかった。ディレクTVの廃止によるサービス終了=2000年9月以後、茨城県でのケーブルテレビでの配信はリバーシティ・ケーブルテレビ2004年中止)の1局のみで、事実上茨城県のほぼ全域で視聴不可能となった
  4. ファンや関係者からはこのtvk土曜深夜帯を『tvkアニメマラソン』と称されている。
  5. ただし、旧本社のみ本社移転まで残っていた。
  6. 現本社であるこのビルをもってtvkはテナントビルに入居したと評されることもあるが、土地は神奈川新聞社所有、建設は神奈川新聞社とtvk、横浜産業振興公社との共同事業体なので、テナントビル入居というのは誤りである。
  7. 東京MXテレビはキー局と同時、サンテレビはtvkと同時スタートであったが、tvk以外はどちらも簡易マスターでの完全アップコンバート放送でのスタートであり、両局の自社制作のハイビジョン番組の供給は2006年になってからであるので、tvkが初の本格スタートといえる。
  8. しかし、2007年度に東京MXテレビに再び抜かれている。地デジによる都内での可聴世帯の増加、認知度の増加が影響していると思われる。
  9. 週刊ダイヤモンド 2007年6月2日号、tvkについては2009年改編に伴う最新の数字。また2008年度よりTOKYO MXは本格的マルチ編成開始に伴い現状自社制作率は大幅にアップしている。
  10. 関東では他に、フジテレビ、とちぎテレビ放送大学が東芝製マスターを使用してるが、他の関東の放送局はすべてNEC製。
  11. 三本に非が無いわけではない。過去に本人が日産自動車カルロス・ゴーン社長に対し「あのフランス野郎、どうも気に入らねえ」と暴言を吐く舌禍事件をおこしてしまい、ネット局、スポンサーを次々失う羽目になった。またプラザ収録の件では三本が社長に猛抗議したことから、収録時についてはプラザをすぐ貸切に改めている。それでも三本は被害者意識が強かったようで、試乗も辞めてしまった。
  12. かなしん出版、穴埋めCMとして公共広告機構(現:ACジャパン)やTVKハウジングより流れていた。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

テンプレート:独立UHF放送局 テンプレート:東名阪ネット6 テンプレート:Tv-kanto テンプレート:中日新聞社

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス