10月14日

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

10月14日(じゅうがつじゅうよっか、じゅうがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から287日目(閏年では288日目)にあたり、年末まであと78日ある。

できごと[編集]

誕生日[編集]

忌日[編集]

記念日[編集]

年中行事[編集]

毎年10月神無月)は祭り月とも呼ばれ、特に月の祭礼日である14、15日付近には日本各地で様々な祭りが催されている。

  • 人形供養祭(日本)
    毎年10月14日に日本各地のの神社人形を供養する行事が行われている。
    子供たちをはじめ、市民に愛され親しまれた人形が壊れたり、不要になったものを持参して供養をすることで人形に感謝の心を捧げることを目的としている。
  • どぶろく祭り(日本)
    岐阜県白川村白川八幡宮では毎年10月14日から翌15日にかけて、どぶろく祭りを実施している。
    かつて白川郷は、平家の落人のかくれやと言われ、古くから外との交渉の少ない土地柄であったため、村人の心をいやすものは酒以外にはなく、粟・稗の雑穀類で地酒をつくっていた。一年に一度のこの祭りでは、参拝客にどぶろくを振舞っている。
  • 灘のけんか祭り(日本)
    兵庫県姫路市白浜町松原八幡神社で毎年、定例の祭礼日である10月14日、15日に行われている。
    古めかしい神輿をぶつけ合う特殊な神事によって、天下の奇祭だとか、全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りであるといわれ、すでに戦前から播磨を代表する祭りとして知られていた。
  • 西条祭り(日本)
    愛媛県西条市で毎年10月14日より石岡神社伊曽乃神社飯積神社の三社で行われている祭礼
    三社で奉納する屋台の総数はあわせて120台以上にのぼり、全国でも最大規模の祭礼と言われている。運営は行政に頼らず氏子中心で行われる。
    他地方の祭り好きの例に漏れず この地方でも祭りは正月よりも大切な行事とされ、これを象徴する顕著な例として 毎年発行される西条祭りのカレンダーでは 祭りのある10月から暦が始まっている。

フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]

忌日[編集]

関連項目[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像は10月14日にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。