6月12日

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

 6月12日(ろくがつ じゅうににち,6 gatu 12 niti)とは すなわち これ、6月の 12日目(とおか あまり ふつかめ)の 日の 言いである。この 日は、日の本の 大大和島根(おおやまとしまね)・豊葦原(とよあしはら)の 瑞穂(みずほ)の 国・日本においては 夏の 梅雨入り時である。そして この 日は、現代 七十二候においては 「腐れたる 草 蛍と なる」 みぎりに 当たる。「『腐れたる 草 蛍と なる』 みぎり」とは すなわち これ、「『野原において、蒸れて 腐りかけた 草の 下にて 蛍が 光を 放ちはじめる』 みぎり」ということである[1]日本放送協会[2]の ラジオ 番組・「ラジオ深夜便」は 日本の 季節に 合わせ、ヤマボウシ(山法師)の 花を この 日の 「誕生日の花」とする[3][4]

できごと[編集]

2016年。僕時代でルナフレーナとテレシアが共演した

誕生日[編集]

1983年。マリオの仲間

忌日[編集]

記念日・年中行事[編集]

フィクションのできごと[編集]

誕生日[編集]


誕生日の花[編集]

  • ヤマボウシ(山法師)(ミズキ科)[5]

誕生石[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ほぼ日刊イトイ新聞 - くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記".2016年6月11日閲覧
  2. 日本放送協会(NHK)は すなわち これ、日本の 国における ただ 一つの 公共 放送局である。
  3. "ラジオ深夜便 誕生日の花と花ことば".(日本放送協会). 2016年6月12日閲覧
  4. 日本放送協会は 「ラジオ深夜便」の 網(モウ)タン(つまり ウェブサイト)において、「その日の『花』……は、どうやって決めたの?」 うんぬんとの 問いに 答えて 言わく、「選定は、日本の代表的な園芸研究家お二人にお願いしました。日本の季節に合った『花』……を……選定していただきました」 うんぬんと 述べている[1]。(日本放送協会). 2016年4月18日閲覧
  5. "ラジオ深夜便 誕生日の花と花ことば".(日本放送協会). 2016年6月12日閲覧

外部連接(リンク)[編集]