2013年

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

2013年は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年

今夏やっぱり異常気象。気象庁検討会、猛暑・豪雨・極端な少雨[編集]

専門家らでつくる気象庁の異常気象分析検討会(会長、木本昌秀東大大気海洋研究所教授)は9月2日、広い範囲で猛暑となり、地域によって局地的な豪雨や極端な少雨になった今年の夏(6~8月)を「異常気象だった」と位置づけた。

気象庁によると、全国927の観測点のうち125地点で最高気温を更新、18地点でタイ記録となった。最低気温も74地点で高い記録を更新。高知県四万十市では8月12日、国内観測史上最高気温を6年ぶりに更新する41.0度に達した。

日本の平均気温は平年より1.06度高く、明治31(1898年)年以降で4位の暑さだった。都市化の影響が少ないとみられる17地点の観測値を使っている。

秋田、岩手、島根、山口の一部地域では過去に経験がないような豪雨が降り、日本海側を中心に局地的な大雨が目立った。東日本から西日本の太平洋側の一部や九州南部などは記録的な少雨となった。記者会見した木本教授は「社会的な影響も大きく、総合すると異常気象であったと言わざるを得ない」と説明した。

インドネシア周辺などで海面水温が平年より高く大量の雲が発生した影響で、日本上空の高気圧が強まり雲のできにくい状態になった。一方、太平洋高気圧の周辺に沿って日本海側に暖かく湿った空気が流れ込み、日本海の海面水温の高さも影響して強い雨が降った。

木本教授は、地球温暖化が猛暑に影響した可能性も指摘。今後は、気温上昇とともに「局地的な強い雨もさらに増え、強さも増すのではないか」と話した。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付が未定・不明のもの[編集]

周年[編集]

イベント・行事[編集]

国際年[編集]

  • 国際水協力年(International Year of Water Cooperation)
  • 国際キヌア年(International Year of Quinoa)

天文現象[編集]

小惑星と隕石

2月15日UTC)に以下の二つの事柄が起きた。後述の通り、時期的な重なりは偶然とされる。

二つの彗星

3月中旬頃をピークにパンスターズ彗星(C/2011 L4)、11月下旬頃をピークにISON彗星(C/2012 S1)という二つの彗星太陽に接近・通過し、大彗星になる可能性がある。以下、特に明るくなると注目される後者の彗星について述べる。

11月から翌年の初頭にかけてISON彗星(C/2012 S1)が肉眼でも観測可能と予測されている。特に近日点を通過する11月28日には視等級がマイナスになる可能性があり、金星満月より明るい大彗星(視直径は満月以下)になるのではないかと期待されている。ただし、あくまでも地球からの距離、近日点距離、彗星核の直径などから計算された予測であり、過去には期待通りの明るさにならなかった例もある。

その他

芸術・文化・ファッション[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

誕生[編集]

死去[編集]