インターネット

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

インターネット (Internet) は、インターネットプロトコル技術を利用して相互接続されたコンピュータ・ネットワークのうち、インターネット・プロトコルによるネットワークを相互接続して構築されたネットワークを指す。漢字で「国際電網 」または単に「電網」と訳す場合がある。

概説[編集]

インターネット (Internet) とは、広義(an internet)では、複数のコンピュータ・ネットワークをインターネットワーキングと呼ばれる技術により相互接続したネットワークである。狭義(The Internet,The Net)では、前述の広義のインターネットに該当するものどうしが非常に大きな規模で国際的に広く相互接続されている状態、またそれ全体をネットワークとみなしたときの呼称である。現在のところ唯一無二のため、固有名詞として扱われる。一般に「インターネット」と呼ぶと狭義のインターネットを指す場合が多い。

インターネット2 (Internet2) は、今のところ広義のインターネット(an internet)に属する。インターネット2は、米国中心の研究機関・大学等を相互接続した実験用ネットワークであり、一般に言うインターネットとは相互接続されていない。

The Internet[編集]

一般的にインターネットと言う場合、狭義のインターネット(The Internet)を指す。大小様々なコンピュータ・ネットワークを相互に連結させて、国際的な通信ネットワークが構築されている。

通信プロトコル(インターネット・プロトコル)には、初期にはさまざまなプロトコルが使われていたが、後に、より可用性の高いIPが標準的なプロトコルとして採用され、全世界的にまた一般的にも普及するようになった。

管理と経緯[編集]

インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。インターネット上においては、特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANNIETFなど)はあるにしても、それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも商務省の傘下にあり、国際問題となっている。

インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関大学や一部の企業などの間でのメールネットニュースの交換が多くみられた。専用線が高価だったための苦肉の策である。その後接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。

プロトコル[編集]

インターネット・プロトコル(IP)はインターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))で、その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルには TCP、UDP などがあり、アプリケーション・プロトコルには、WWW で用いられる HTTPネットニュースに用いられるNNTPチャットIRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど、さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くはRFC上に公開されている。

IPは、狭義のインターネット(The Internet)だけに使われるプロトコルではなく、例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・ネットワーク(LAN)環境で応用したものは、イントラネットと呼ばれる。なお、イントラネットを相互接続したものは、エクストラネットと呼ばれる。

IPアドレス、ドメイン名[編集]

IPにおいては基本的に、通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)、唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)がそれぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を所有する各コンピュータに割り当てる。

IPアドレスは数字の羅列で人間には分かりづらいというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。例えば、 ja.wikipedia.org というドメイン名は 145.97.39.155 というIPアドレスに対応する。 インターネットに参加する各組織(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ(ISP)、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット(.)でつないだものが各コンピュータの固有名(FQDN)となる。

本来、接続先ホストはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能である。

よくある誤用[編集]

インターネットが技術者や専門家ではなく一般に利用される機会が増えるにしたがって、インターネット上の一機能であるWorld Wide Web(さらにはウェブページウェブサイト)のことを指して「インターネット」と呼ぶ誤用が世界的に広まっている(英語版Wikipediaほか他の言語版のWikipediaを参照)。

また、「インターネット」という語を、インターネットへの接続権(プロバイダとの契約)や、接続に必要なパソコンルーターなどといった機器・設備などの名称と誤解している例もあり、「インターネットを買った」「インターネットが壊れた」といった誤用もまれに見られる。

歴史[編集]

1969年冷戦時代のアメリカ合衆国で、国防用コンピュータネットワーク構築を主目的に、前身の「アーパネット」("ARPANET")が開発された。軍事的攻撃を受けても維持できる通信網の研究を行った結果、電話のような中央集権型のコントローラを持つ通信網では軍事攻撃によりコントローラが破壊された場合、そのコントローラに接続している端末全てが通信網から切り離されてしまうため、電信をモデルとして特権的なコントローラを持たない通信網を実験的に作りあげた。これがインターネットのはじまりである。これは最初、ARPAの研究計画に参加している大学や研究所のコンピュータを相互に結びつけることから始まった。

1986年には、軍事用のARPANETから分割される形で、全国科学財団による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、徐々に大学などの大型コンピュータとも結びつき世界中に広がりを見せた。

1991年には、フランス・スイス国境上にある素粒子物理学研究所、CERNの研究員ティム・バーナーズ=リーが、World Wide Webプロジェクトを発表する。HTTPURIHTMLといった、今日のウェブの基礎がこのプロジェクトの中から生み出された。

1995年にはNSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般個人でのインターネットの利用に加速がついた。なお、Windows95の初期バージョンでは、インターネット関連の機能は「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。当時、パソコンにおけるLANの通信プロトコルとしてNetBEUI(Windows他)、AppleTalkMacintosh)、IPX/SPX(Novell NetWare)などが採用されており、プロトコルの非統一による不都合が少なからずあったが、インターネット利用が広まることで、LAN内においてもTCP/IP事実上の標準になりつつある 。

世界的には常時接続環境が提供されているのは都市部が中心で、地方や離島では情報格差が問題になっている。また、発展途上国では、多くの国民にとって端末であるパソコンが高価であり、通信料金も高いため、インターネットカフェがインターネットの普及を支えている。

世界のインターネット[編集]

ニールセン//ネット格付け(Nielsen//NetRatings)の調査によると2002年の米国のインターネット利用者は統計1億480万人、約6パーセントの規模で毎年利用者が増加している。

各国については以下を参照

インターネットを取り上げたフィクション[編集]

関連項目[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はインターネットにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。