石井一

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

石井 一(いしい はじめ、1934年8月17日 - )は、日本政治家民主党所属の 参議院議員(1期)。民主党副代表。

国土庁長官、自治大臣国家公安委員会委員長、民主党筆頭副代表、衆議院議員(11期)などを歴任。

兵庫県神戸市出身、甲南大学スタンフォード大学を卒業後、日本生産性本部職員。

所属政党 = (自由民主党→)(新生党→)(新進党→)(国民の声→)(民政党→)民主党

自民党出身で、新生党の結党に参加し非自民・非共産連立政権の樹立に尽力した者のうち、民主党が政権を奪取するまでの間、自民党との連立政権(自社さ・自自公等)に参加することなく、一貫して政権交代を目指して活動してきた数少ない国会議員の1人である。(同じ道を歩んだ自民党出身者は、唯一、岡田克也のみで、大下英治の著作によれば、2人は強い絆で結ばれている)

自由連合幹事長で元参議院議員・日本国特命大使の石井一二は弟。甥に兵庫県議会議員の石井健一郎、衆議院議員の石井登志郎がいる。2人とも石井一の元政策秘書であり、登志郎とは養子縁組をした。兵庫県議会議員の石井秀武は親類にあたる。

危機管理都市推進議員連盟会長。日本音楽家協会会長。上海大学顧問教授。イオンド大学(非認定大学)名誉教授。