金正日

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
労働新聞許可
親愛なる指導者、金正日同志は永遠に我々と共におられる。
本項の文章と内容は、完全に正しい事実として
労働新聞思想委員会により認定されており、
全ての無産階級人民と朝鮮労働党員による閲覧が認可されています。

この資料を疑うことは思想犯罪であり、
疑った場合は社会安全省による再教育の対象とされます。

親愛なる指導者、金正日同志は天から見ている。

金 正日(キム・ジョンイル、1941年[1]2月16日 - 2011年12月17日)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家軍人朝鮮労働党中央委員会総書記朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官。国家主席金日成の嫡男であり、金日成が死去して以降、北朝鮮の最高指導者でありつづけている。

称号朝鮮民主主義人民共和国共和国英雄(三回受称しており「三重英雄」と称される)[2]

来歴[編集]

出生[編集]

ソ連極東地方ハバロフスク郊外)に生まれたといわれ、幼名は有羅(ユーラ)[3]というロシア風の名を号した。「ユーラ」から「ジョンイル」に変わったのは朝鮮半島の解放後のソビエト連邦軍政期とする説、1960年夏頃とする説がある[4]1980年の第6回党大会にて金正日という表記が確認された。また、「キムジョンイル」の名が公式文書に登場した当初、日本では“金正一”の字があてられていた[5](当時、朝鮮人が父母の名から字を取ることは稀であり、朝鮮の伝統的な命名ルールではあり得ないこととされている)。

出生地について[編集]

金正日は、1941年2月16日ソビエト連邦の極東地方の軍事教練キャンプで生まれた。正確な出生地についてはハバロフスク近郊のビャックエにある北野営、ウラジオストク近郊のオケアンスカヤにある南野営、ウラジオストク市内の病院といった諸説がある。

但し北朝鮮側の発表では金日成、金正日を神格化する意図から、「1942年2月16日白頭山で誕生した」と宣伝されている。1982年2月15日中央人民委員会より「白頭山密営にて誕生」という公式発表がおこなわれ[6]、“白頭山密営”は「革命の聖地」とされた。1987年2月には密営の建物(丸太小屋)が建設された。北朝鮮では2010年現在も、この密営に“巡礼”することが全国民の義務とされている。

幼年期[編集]

1945年11月25日、父・金日成の側近の1人である趙明禄の護衛により[7]、母・金正淑、弟・修羅(金万一)とともにソ連から海路で朝鮮に帰国。雄基港に上陸[8]後、清津を経由して平壌に移動し、先に帰国していた父のもとに落ち着いた。1946年に妹・金敬姫が生まれたが、1947年に弟を事故で、1949年には母を前置胎盤でそれぞれ亡くしている。幼年期は内向的な性格だった。

朝鮮戦争開始後の1950年9月中旬、北朝鮮軍の形勢が不利になると、曽祖父母や妹と共に平壌から慈江道長江郡に疎開するが、国連軍が北上し中朝国境付近に迫ると、満浦経由で中国に脱出、吉林市内の学校に通学した。1952年11月下旬、父の指示により北朝鮮に帰国した[9]

青少年期[編集]

現在ロシア在住の当時の同級生によると、仲間と一緒に様々な学校でのイベントを主催したり、家でパーティーを開くなど、幼少期に内向的だった性格は次第に社交的になっていったという。

平壌第一初級中学校、南山高級中学校(現在の平壌第1高等中学校)卒業後、1960年9月1日金日成総合大学経済学部政治経済学科に入学[10]1964年3月30日卒業[11]朝鮮労働党中央委員会に入り、文化芸術部や組織指導部で働く。北朝鮮独自の立場とされている主体思想の思想整備を担当した黄長燁に師事していたこともある。

権力の掌握[編集]

1974年2月13日の朝鮮労働党中央委員会第5期第8回総会において、政治委員会委員(現:政治局委員)に選出され、翌2月14日には、金日成の後継者として「推戴」された[12]。ただし対外的には発表されず、金正日は「党中央」としてのみ言及された[13]1980年10月10日の朝鮮労働党中央委員会第6期第1回総会で党中央委員会書記に就任。

後継者としての地位を確立する過程では、腹違いの弟金平一を推す義母金聖愛との間に激しい権力闘争があったと言われている[14]。同じ時期に金日成を称えるプロパガンダが高まっていったことから、父・金日成のカリスマ化と忠誠合戦を仕掛けることが権力闘争を勝ち抜く彼の方策だったと推測されている。金日成派の独裁化に貢献したと思われることも含め、党内闘争に熟達し、情報統制に長けていると推測されている。これは彼が若い頃に映画局に勤め、父・金日成をカリスマ化するプロパガンダに関係した経験が生かされたと見られることが多い。実際に、テレビ映像やイベント関係の視覚効果などは自ら現場で綿密にチェックすると言われている[誰?]。自らの肉声をほとんど流さないことでも有名で、南北首脳会談以前の肉声は1992年4月25日に行われた朝鮮人民軍創建60周年の軍事パレードで発した「英雄的朝鮮人民軍将兵諸君に栄光あれ!」というわずか5秒間の音声が唯一であった。

権力の世襲に対する批判に対しては、「金正日は金日成の息子だから後継者となったのではなく、もっとも優れた後継者がたまたま金日成の息子だった」、というのが公式の回答である。

金日成以来、ソ連によって北朝鮮の政権中枢の役割を担わされた満州派パルチザン派)が朝鮮人民軍を権力基盤としてきた一方で、金正日は党官僚の代表や行政官僚の利益代弁者として振舞ったと思われる時期があった。そのため、金日成死亡の少し前から朝鮮人民軍を掌握しようと腐心していたことが公式プロパガンダおよび人事配置からうかがえる。一方で、外交官経験者を比較的重用し始めていることも人事配置からうかがえる。これはソビエト連邦におけるゴルバチョフ期のソ連・東欧と似た現象である。朝鮮労働党大会は1980年の第6回大会以来招集していない。

金正日は、1991年12月24日、朝鮮人民軍最高司令官に「推戴」され、1993年4月9日には国防委員会委員長に選出された。1972年に制定された朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法(1972年憲法)では、軍の統帥権は国家主席にあり、朝鮮人民軍最高司令官と国防委員長は国家主席が兼務することが定められていたが、同憲法は1992年に改正され、軍の統帥権は国家主席から国防委員長に委譲された。これにより、金正日は軍の統帥権を掌握した。

国家元首として[編集]

1994年7月8日、金日成主席が死去。金正日は国家元首の地位を正式に継承はしなかったものの、この日より事実上の最高指導者として統治を開始した。1997年10月8日、金日成の死によって空席となっていた朝鮮労働党中央委員会総書記に「推戴」され、1998年9月の最高人民会議第10期第1回会議において改めて国防委員会委員長に選出された。同会議において、国防委員長は「国家の最高職責」とされた。

2000年6月には太陽政策を取る韓国金大中大統領を平壌に迎え、南北首脳会談を行う。会談の結果、南北共同宣言が発表された。その直前に現代グループが北朝鮮へ違法な送金を行ったことを黙認しており、会談はこの見返りだったと言われている[誰?]。以後、民間レベルでの交流事業が本格化し、日本やアメリカも国交正常化交渉へ乗り出す情勢ができた。2000年南北首脳会談を行ってから、2001年にかけイタリアイギリスカナダ等西側諸国との国交を樹立し、徐々に開放政策へと舵を切り始めた。

翌2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件を境に、2002年にはアメリカのブッシュ大統領が、北朝鮮、イランイラクの3ヶ国をテロ支援国家であるとし、「悪の枢軸 (axis of evil)」と呼んで批判するなどの北朝鮮敵視政策が国際的緊張を生んだ。アメリカとの緊張関係は和らぐことなく、「先軍政治」を掲げ、要求が受け入れられないと交渉決裂や武力衝突を辞さない態度をちらつかせるいわゆる“瀬戸際外交”を展開している。

2002年9月17日、小泉純一郎首相との日朝首脳会談の席で金正日は日本人13人を拉致したことを認め、口頭で謝罪した。犯人については、「特殊機関の一部の盲動主義者らが、英雄主義に走ってかかる行為を行ってきたと考えている」とし、関係者はすべて処罰したと述べた。また、2国間の懸案の解決し、国交正常化へ努力することを記した「日朝平壌宣言」を発表した。

2003年、イラク戦争の最中には密かに中華人民共和国北京を訪問していたという(「STRATFOR」報道、2003年4月11日付=共同通信配信)。

2004年9月1日高英姫夫人の死亡が報道された。高英姫は帰国事業で家族と共に北朝鮮に渡った在日朝鮮人二世である。このため日本では、金正日との間の次男・金正哲が三代目後継者として浮上し、労働党創建60周年に合わせ後継者に内定されたとの観測が出た。このように日本と韓国のメディアは北朝鮮が最高指導者の世襲後継を慣習化するだろうと前提して後継者が誰なのかについてしばしば話題にしているが、実際には金正日が後継者となった経緯さえ不明であり、世襲は再度可能なのかどうか、不可能だとすればそれにあえて挑戦するかなど様々な憶測がある(「後継者」の節参照)。

2006年7月16日には北朝鮮のミサイル発射をきっかけに国連・安保理の全会一致で非難決議がなされた。また、2006年7月23日には女性秘書の金玉を事実上の夫人とし、一緒に生活している事を報じられた。

2006年には、 アメリカの『TIME』誌に「2006年の主要人物26人」の1人に選ばれ、「金総書記は7月4日にミサイルを連射、米ホワイトハウスで開かれたブッシュ大統領の独立記念日パーティーをメチャクチャにし、10月には世界で最も排他的かつ危険な核クラブの首長になった」と紹介された。

2009年4月9日に開かれた最高人民会議で国防委員長に再任され、政権は3期目に突入した。なお、同月の憲法改正により、国防委員長は北朝鮮の最高指導者として位置づけられた[15]

2010年2月1日、金正日の「私は、人民が未だトウモロコシの飯を食べていることに最も胸が痛む。いま私が行うべきことは、この世で一番立派なわが人民に白米を食べさせ、パンやめん類を十分に食べさせること」という談話が労働新聞に掲載された。2009年末に行われたデノミが失敗し、その結果としての餓死や治安部隊との小競り合いが頻繁に発生しているという情報が日韓にも入ってきている。金正日自身の健康問題も絡み、いわば今の北朝鮮は「崖っぷち」の状態であると分析するメディアもある[16]

2010年5月、中国を訪問した。金正日は六者会合の再開に前向きな姿勢を示し、中国側は「中朝の友情を時代と共に前進、発展させる」という発言をした。これは中国共産党内では関係見直しを意味する決まり文句であり、度重なる北朝鮮の独断での強硬行為に中国側は不信感を募らせていると見られ、距離を置かれる形となった[17]。また、金正日が要望した大規模な経済支援も温家宝国務院総理に拒否され、金正日がその後の予定を切り上げて早く帰国したという事実も判明、いわば、友人であった中国にも見捨てられた格好となった[18]

健康と後継問題[編集]

元専属料理人の藤本健二や脱北者から伝わってくる贅沢な生活ぶりと体型の変化から、生活習慣病説や健康悪化説がメディアで流れることがある。実際、ドイツの医療チームに心臓の手術を受けたという情報や[19]、心臓の他、糖尿病肝臓病、糖尿合併症による腎臓病も患っており[20]、短い時間でも立つのが困難という[21]。 韓国の聯合通信TVニュース(YTN)は2009年7月13日、すい臓がんである事を報道した。すい臓がんの再発率は非常に高く、すい臓がんをすべて摘出する場合、体内でインシュリンを作れなくなってしまうので、すい臓を摘出した後は糖尿病になる。 2008年秋に入ると、2008年9月9日に行われた建国60周年記念の軍事パレードに出席しなかったこと、当初建国以来最大規模とも伝えられていた軍事パレードが、労農赤衛隊などの民兵のみのパレードにとどまったこと、その他動静の報道が一時途絶えたことから金正日の重病説が広く報道された。例として、

  • 8月に脳卒中で倒れ、半身不随になった。
  • 金正日は脳卒中で倒れた後、2008年9月現在も四肢に障害が残っている状態であり、回復には相当な期間の静養とリハビリが必要。

といったものがある。 しかし、あくまでも説なので、信憑性は低いとされている。

これに先立ち8月に重村智計が死亡説・影武者説を提起している[22]

2009年1月、後継体制について未確認情報がいくつか報道された。

2008年9月、代行と言う形で権力を握っているのは義弟で外戚張成沢であるが、後継の政治指導体制がどのようになるのか(3代にわたる世襲か、軍部による集団指導体制か、あるいは朝鮮労働党の実力者が権力を握るのか)という話題に関心が集まっている。重病説を受けて、米韓では金正日体制崩壊後の軍事対応策である「概念計画5029」の作戦計画への格上げが検討され、また、米中間では非公式に金正日体制崩壊後についての協議が行われている。

2009年3月、北朝鮮が金正日の写真を公開したが、以前とは別人のように痩せている[24]

2009年4月9日、開催された最高人民会議に出席した。

2009年7月8日、開催された金日成主席の追悼大会に出席する様子がテレビで報道されたが、歩く際に脚を引きずり書類を閲覧する際に左手を使わなかったりと体調の衰えが目立っていた[25]。アメリカ政府当局者の話として、健康状態が悪化し余命一年であると伝えた[26]

2010年6月26日朝鮮日報が、韓国情報院院長の話として、金総書記が、脳卒中の後遺症で記憶力が低下し痴呆症状が出ていると報じた。

人物像[編集]

国営の朝鮮中央放送で使われる金正日の呼び名は100以上あると言われ、北朝鮮国内のメディアでは、「百戦百勝の鋼鉄の霊将」などと賛美されるが、実際には実戦で指揮を執った経験はない。この称号は金日成を賛美する決まり文句が儀礼化したまま流用されたものと言われている。国民からは「将軍様(장군님:チャングンニム) 」と呼ばれ[27]、国内のあらゆる所にその肖像画が掛けられている。代表的な呼び名として「親愛なる指導者、金正日同志」があるが、二言目からは「金正日同志」「金正日総書記」と略される。また、朝鮮人民軍内部では「最高司令官同志」ともよばれる。その他、かつて使用されたものに「党中央」がある。「党中央」の語は一般的に党中央委員会のことと解釈される語であったため、「党中央」の語が金正日個人を指すと判明するまでに長い時間がかかった。また、北朝鮮の公式文献においても「党中央」の語が機関を指す語から次第に個人を指す語としての様相をみせるまで長い時間がかかっている。

現在の肩書は、国家においては共和国国防委員会委員長、共和国元帥、朝鮮人民軍最高司令官、最高人民会議代議員、党においては朝鮮労働党総書記、朝鮮労働党政治局常務委員、朝鮮労働党中央軍事委員、朝鮮労働党中央委員、朝鮮労働党政治局員であり、権力を一手に集めている。 呼称については国家における最も重要な役職である国防委員長(もしくは委員長)とするのが正式だが、日本のマスメディアだけ総書記としている。

スラックスジャンパーを愛用している。シークレットブーツを履くという説もある。メディアではサングラスを着用する姿がしばしば放映されている。外国の元首と会談する際は中華人民共和国の人民服に似た服を着用することもある。肖像画には軍服を着用している姿もあるが、実際に軍服姿で公の場に出たことはないようである。金日成はスーツを着用することが多かったが、金正日がスーツを着用することはまずない。

テロを恐れているためか、父・金日成と同様、飛行機嫌いであり、鉄道で繋がっている中華人民共和国やロシアなどの外国を訪問する時は専用の装甲列車[28]を使う(1965年、父金日成に随行したインドネシア訪問時では飛行機の利用が確認されている)。

朝鮮総連ウェブサイトには「名言録」や「逸話集」などを掲載した金正日総書記特集があり、そのなかでは金正日を偉人と呼んでいる。

統一教会(世界基督教統一神霊協会)の文鮮明と関係があるとされる。1992年に統一教会教祖の文鮮明と会談し、35億ドル(約4400億円)もの援助を約束され、経済協力の関係を築いた。1994年7月に父金日成が死去した直後には、文鮮明の側近の朴普煕と会談した。統一教会の幹部、朴相権が社長を務める韓国の「平和自動車」との合弁会社「平和自動車総会社」を設立して自国の南浦(ナンポ)工業団地で自動車生産を行なったり、国営の「普通江ホテル」の経営を統一教会関係者に行なわせている。2002年には、文鮮明の80歳を祝って、韓国の要人に対しては極めて異例と言える祝賀メッセージとプレゼントを贈った。このような北朝鮮とのパイプを作った統一教会は系列の「ワシントンタイムズ」社の朱東文(チュ・ドン厶ン)社長が2006年に訪米した山崎拓と面会し、翌2007年1月10日の山崎の訪朝のルートを用意したとも言われている[誰?]。しかし、近年、北朝鮮当局は統一教会の幹部をスパイ容疑で逮捕してからは監視対象にしていると言われる[29]

会員限定のPyongyang Golf Club(パー72、7700ヤード)のコースで、1ラウンドのうち合計11ホールでホールインワンを達成したという。

将来、北朝鮮の体制が崩壊し、仮に国外逃亡を余儀なくされても引き続き贅沢な暮らしを送れるよう、およそ3600億円の隠し資金をヨーロッパの銀行に保有していると言う。これらの資金は核やミサイル技術の売却などで得た資金であるとされる[30]

超能力[編集]

北朝鮮の教科書や『白頭山伝説集』において金日成とともに超能力が使えるとされており、地震を起こしたり日本地図を塗りつぶして日本に大型台風を発生させることが出来るとされている。また「縮地法」で瞬間移動が出来るとされている。

趣味[編集]

インターネットに熱心である。一日数時間、情報収集などに利用している。パソコンに関してはMacユーザーであるとも言われている。[要出典]

また、平壌中心の高台に「国家映画文献庫」[31]という映画の文献庫を(事実上個人で)持ち、およそ2万巻のビデオテープを所有すると言われるほどの映画マニア。日本や欧米の映画などを多数鑑賞していると言われている[誰?]。映画論についての自筆の著書もある。日本映画では『ゴジラ』の他、『男はつらいよ』のファンで、1985年には東宝特撮スタッフを招いて『プルガサリ』という怪獣映画をプロデュースしたこともある。また、北朝鮮の映画産業のために韓国の映画監督・申相玉とその妻の女優を招き、上記・『プルガサリ』の制作に参加させたこともある。二人は後に再亡命した。

スポーツはバスケットボールを好む。舞踏鑑賞も多くの趣味のひとつ。WUSAのファンで、マデレーン・オルブライトからサッカーボールを贈与されたことがある。

愛車はメルセデス・ベンツ Sクラスであったが、2006年にフォルクスワーゲン・フェートンを所有した模様。なお、2000年代の初め頃まではアメリカ製のリンカーン・タウンカーを20年以上公用車として使用していた。オートバイはハーレーダビッドソンを所有。

北朝鮮メディアによれば、2006年には初めてゴルフを行い、18ホール中11ホールでホールインワンを達成したという。他には高質の布を織ったり、オペラ曲を6曲作ったりしたことが報じられた。

グルメであり、フカヒレ料理や、日本食では寿司すき焼きなども好物である。また、日清食品カップラーメンであるラ王も好物である。日本人藤本健二を専属料理人として雇っていたこともある。食材は日本など外国から高級なものを取り寄せることも多いが、2006年10月15日に国連で決定された北朝鮮への経済制裁にある贅沢品禁輸措置により入手の困難化が推測される。アメリカ合衆国は金正日の趣味の対象とされるiPodプラズマテレビ高級車キックボード、高級ワインなどの輸出を禁止した。

かつてはヘビースモーカーで、特にイギリスロスマンズを愛飲していたが、現在は禁煙しているらしい。禁煙を達成するのに20年かかった。金正日の禁煙達成後、北朝鮮国内で禁煙ブームが起きた[32]

家族構成[編集]

日本で出版されている主な著作[編集]

脚注[編集]

  1. 北朝鮮側の発表では1942年生。
  2. 1975年2月24日1977年2月・1982年2月15日の3回。なお、1度目の授与は当初2月15日に予定されていたが、その時点では辞退している。
  3. フルネームは「ユーリ・イルセノビッチ・キム(Yuri Ilsenovich Kim)」。「ユーラ(ユーリ)」はロシア人名「グリゴリー」の愛称と言われ、ソビエト連邦出生説の根拠ともなっている。
  4. 金正日の学友の一人だった人物の証言によれば、金正日は南山高級中学校(高級中学校は日本の高等学校に相当)卒業直前の1960年7月に「最近“キム・ジョンイル”の名前で公民証が発給されたので、今後は“ユーラ”でなく“ジョンイル”と呼んでほしい」と語ったといわれる(韓国・中央日報社編『金正日・衝撃の実像』徳間書店 1994年9月 ISBN 9784198601614)。
  5. 日本のマスコミで金正日について始めて報道したのは毎日新聞1974年11月19日付)。金正日は「金正一」と表記されている。
  6. 『労働新聞』1982年2月15日付『金正日同志に朝鮮民主主義人民共和国英雄称号を授与することについて』
  7. 『北朝鮮解体新書』p.33
  8. 金正日はこの時のことを記憶しており「雄基港の灯台について深い印象が残っている」と語っている(張明秀『裏切られた楽土』 講談社 1991年8月 ISBN 4062050749
  9. 『北朝鮮解体新書』p.142
  10. 当時の北朝鮮では9月に入学・進学がおこなわれていた。
  11. 卒業論文は『社会主義建設における郡の位置と役割』(実際の作成者は大学の指導教授だった黄長燁)。
  12. 既に1972年12月22日の朝鮮労働党中央委員会第5期第6回総会において金正日を「唯一後継者」とする秘密決定がおこなわれている。
  13. 金元祚『凍土の共和国』p344。「党中央」の表記が最初に登場したのは『労働新聞』1974年2月14日付社説。
  14. 李 友情著「金正日入門より」
  15. 「最高指導者は国防委員長――北朝鮮、改正憲法に明記」『産経新聞2009年9月26日付朝刊。
  16. テンプレート:citenews
  17. テンプレート:citenews
  18. テンプレート:citenews
  19. 金総書記、髪が抜けウエストほっそり Chosun online 2007年7月5日
  20. 金正日総書記、糖尿病・腎不全か Chosun online 2006年2月7日
  21. 『朝鮮半島最後の陰謀』 李鍾植, 幻冬舎 ISBN 978-4344013230
  22. 参考文献、重村による。
  23. http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090114-OYT1T00040.htm
  24. http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090325/kor0903251846006-n1.htm
  25. やつれ目立つ金総書記、足引きずり左手使わず 読売新聞 2009年7月8日
  26. 金正日総書記、余命1年の可能性…米紙報道 読売新聞 2009年7月10日
  27. 日本語では『将軍』に対しての敬称は『閣下』であるが、朝鮮語では上位者を呼ぶ際に社長様、先生様など肩書きの後に『様』をつける呼び方が一般的に用いられている。従って「将軍様」の厳密な訳はただの「将軍」である。同様の敬称として金日成に対する「首領様(수령님:スリョンニム)」などがある。
  28. 列車はすべて爆弾に耐えられる仕様になっているという説もあるが、実際は金正日が搭乗する客車の床にだけ防弾鉄板が敷かれているともいわれる[誰?]。『朝鮮日報【金正日研究】鉄道好む金総書記 飛行機利用は65年のみ
  29. 有田芳生の『酔醒漫録』山崎拓訪朝は統一教会ルートだった
  30. テンプレート:citenews
  31. 「国家映画文献庫」については外部リンク朝鮮日報Web日本語版2005年4月7日を参照。
  32. 【萬物相】金正日総書記の「21世紀3大バカ」論
  33. {{ #if: |{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |{{ #if: |; |{{#if:| & |; }} }}{{ #if: |[[ |{{ #if: |, }}]] |{{ #if: |, }} }}{{ #if: |; et al. }} }} }} }} }} }} }} }}{{ #if: {{#if:2009-11-06|2009-11-06| }} | ({{#if:2009-11-06|2009-11-06| }}){{ #if: | [{{{YearNote}}}] }} }} |{{ #if: |{{ #if: |[[{{{Editorlink1}}} |{{{EditorSurname1}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven1}}} }}]] |{{{EditorSurname1}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven1}}} }} }}{{ #if: |; {{ #if: |[[{{{Editorlink2}}} |{{{EditorSurname2}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven2}}} }}]] |{{{EditorSurname2}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven2}}} }} }}{{ #if: |; {{ #if: |[[{{{Editorlink3}}} |{{{EditorSurname3}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven3}}} }}]] |{{{EditorSurname3}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven3}}} }} }}{{ #if: | et al. }} }} }}, ed{{#if:|s}}{{#ifeq:{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }}|.||.}}{{ #if: {{#if:2009-11-06|2009-11-06| }} | ({{#if:2009-11-06|2009-11-06| }}) }} }} }}{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}[{{ #if: | |{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{ #if: |http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid= }} }} }} {{ #if: 中央日報 |{{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |“{{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}” }}] }}{{ #if: |{{ #ifeq: | | |{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}中央日報 |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} written at }} }} }}{{ #if: |{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |in }}{{ #if: |[[{{{Editorlink1}}} |{{{EditorSurname1}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven1}}} }}]] |{{{EditorSurname1}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven1}}} }}}}{{ #if: |; {{ #if: |[[{{{Editorlink2}}}|{{{EditorSurname2}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven2}}} }}]] |{{{EditorSurname2}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven2}}} }} }}{{ #if: |; {{ #if: |[[{{{Editorlink3}}}|{{{EditorSurname3}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven3}}} }}]] |{{{EditorSurname3}}}{{ #if: |, {{{EditorGiven3}}} }} }}{{ #if: | et al. }} }} }}{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} | |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} ed{{#if:|s}}{{#ifeq:{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }}|.||.}} }} }} }}{{ #if: 中央日報 |{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: {{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |“[{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{ #if: |{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{ #if: | http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid= }} }} }} |{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} | {{ #if: | http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid= }} }} }} {{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}]”}} }}{{ #if: | () }}{{#if: | () }}{{#if: 中央日報 |{{#if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}{{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}中央日報{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: |{{ #if: | (: ) | () }} |{{ #if: | () }} }}{{ #if: | '{{ #if: | () }} |{{ #if: | () }} }}{{ #if: {{ #if: |p. {{{page}}} |{{ #if: |pp. {{{pages}}} | }} }} |: {{ #if: |p. {{{page}}} |{{ #if: |pp. {{{pages}}} | }} }} }} |{{ #if: {{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}中央日報 |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}[{{ #if: {{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{ #if: |{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{ #if: | http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid= }} }} }} |{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{ #if: | http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid= }} }} }} {{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}]}}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} ' }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: | (版) }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: |{{ #if: |: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }} }} }}{{ #if: | |{{ #if: {{#if:2009-11-06|2009-11-06| }} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} ({{#if:2009-11-06|2009-11-06| }}) }} }}{{ #if: |{{ #ifeq: | {{#if:2009-11-06|2009-11-06| }} | |{{ #if: |{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} | (published ) }} |{{ #if: 中央日報 |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} | (published ) }} }} }} }}{{ #if: 中央日報 | |{{ #if: {{ #if: |p. {{{page}}} |{{ #if: |pp. {{{pages}}} | }} }} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{ #if: |p. {{{page}}} |{{ #if: |pp. {{{pages}}} | }} }} }} }}{{
    1. if:
    |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} doi:{{#if: | (無効){{#ifeq: | | }} | }} }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} ISBN }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} ISSN [1] }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} OCLC [2] }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} PMID }}{{ #if: |{{#if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} PMC: [3] }} }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} Bibcode[4] }}{{ #if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{{Archive}}} |{{ #if:{{#if:|{{ #if:http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100%7Chttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100 }} }} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{#if:{{#if:|{{ #if:http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100%7Chttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100 }} }}|[{{#if:|{{ #if:http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100%7Chttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100 }} }} オリジナル]の|URLの指定がありません。{{#ifeq: ||}}}}{{ #if: |時点によるアーカイブ。 |. |archivedate=での日付の指定が必要です。{{#ifeq: ||}} }} |{{#if:|{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} 時点によるアーカイブ。|archiveurl=が指定されていません。{{#ifeq: ||}}}} }} }}{{ #if: {{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} |{{ #if: {{#if:中央日報|【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}}{{#if:中央日報||【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典}} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{ #if: | |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} }} |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} {{ #if: | |{{#if:|{{{archiveurl}}}|http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122425&servcode=100&sectcode=100}} }} }}{{ #if: {{#if:2010-02-24|2010-02-24|{{ #if:|{{{accessdaymonth}}} |{{ #if:|{{{accessmonthday}}} | }} }} }} | {{#if:2010-02-24|2010-02-24|{{ #if:|{{{accessdaymonth}}} |{{ #if:|{{{accessmonthday}}} | }} }} }} 閲覧{{#if:| | 。}} }} }}{{#if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} [ Lay summary]{{#if: | – {{{laysource}}}}} }}{{#if: | () }}{{#if: |{{#ifeq:{{{seperator}}} |;|;|. }} “” }}
     

参考文献[編集]

北朝鮮側の文献[編集]

その他の文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 テンプレート:PRK2
先代:
金日成
最高指導者
1994年 -
次代:
現職
先代:
金日成
(国家主席が国防委員長兼務)
国防委員長
1993年 -
次代:
現職
先代:
金日成
朝鮮人民軍最高司令官
1991年 -
次代:
現職
 25px朝鮮労働党
先代:
金日成
(1994年から空席)
中央委員会総書記
1997年 -
次代:
現職

テンプレート:朝鮮民主主義人民共和国の指導者

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は金正日にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。