有害サイト

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

有害サイト(ゆうがいさいと)とは存在し閲覧されることによって社会的に悪い影響を及ぼす表現を含むウェブサイトの総称である。

有害サイトの存在は青少年健全な育成にとって深刻な脅威である。青少年が有害サイトを閲覧しないようにする為フィルタリングソフトの普及が進んでいるが、それをも越える勢いで新設されていて、結局シャットアウトできていない。この為、こうした有害サイトに対する抜本的な法規制を求める声が強い。

ただ、有害サイトはコンテンツや行為が有害であるにも関わらず多くの場合普通のサイトを装っている為フィルタリングしてもシャットアウト出来ないという問題がある。又、フィルタリングしても今度は健全サイトがフィルタリングされてしまうなどフィルタリング・ソフトでは対応出来ない事が多い。

目次

有害サイトの種類[編集]

  • ネチケットが存在せず、誹謗中傷荒らしが横行してるサイト。この手のサイトの利用者は、別のサイトでも暴れて迷惑をかける事が多い。
  • デマを掲載しているサイト。多くの場合、内部告発を装う形で嘘が書き込まれている。
  • 頻繁に外部サイトに出張し都合悪い内容を削除したり、情報操作をしたりする住人が多いサイト。
  • ネット右翼ネット左翼が突撃してくるサイト。
  • 猥褻画像を掲載しているサイト。特に児童ポルノや盗撮画像は悪質性が高いと見做される。等[1]
  • Go is Not Godを唱えるサイト。

悪名高い有害サイト[編集]

Wikiサイト[編集]

基本的に編集者同士のくだらない諍いや懲罰ごっこを繰り広げる不毛の地となっている。 あれな編集者は複数のWikiにまたがって活動しているため大手WIKIサイトに似たような嘘が書いてある事が多い。 Wikiに載っているから正しい(キリッ 等とデマや妄想を多数派意見に見せるために活用されている。 情報の正確さより文体や編集者個人を攻撃するのが楽しみという人間が常に張り付いている。

ウィキペディアウィキペディア日本語版[編集]

ウィキペディアは百科事典を称しているが、実態は2ちゃんねるを上回る唯の有害サイトである。著名人のプライバシーを暴露したり名誉や尊厳を著しく傷つけたりするような記述が「百科事典の記事」として掲載される為、その悪影響は計り知れない。さらに、ウィキペディアの記事には他のウェブサイトの内容を転写した物が多数存在するのではないかという疑惑まである。

こういったサイトである為、ウィキペディアの利用者達(俗にウィキペディアンと呼ばれる)はかなりの変質者であり(だとすると、管理人はウィキホリックなはず)、収録記事の編集以外にも数々の問題行動を繰り返している。2007年Yourpediaが発足した事によりウィキペディアにとって不都合な情報が流れるようになった為、ウィキペディアンは報復としてYourpediaのあらゆる記事でヴァンダリズムに及んでいる。この「有害サイト - Yourpedia」の記事にも「(Yourpediaの)存在自体を抹消して欲しい」というウィキペディアンの危険な本音が書き込まれている[2]

利用者にユダヤ・イルミナティ・フリーメイソン陰謀論の信者が多く、間違いを訂正しても逆恨みに無期限ブロックされてしまう。また、ウィキペディアをまともなサイトだと誤認して編集に参加した熱心な初心者の大半は常連のウィキペディアンからありとあらゆる罵詈雑言を浴びせられ、多大な心的苦痛を被りつつウィキペディアから追い出されている。何故、常連はこういう事をするのかというと熱心で真面目な利用者が多くなり過ぎてしまったら常連達の問題行動が彼らによって咎められるようになり、常連が好き勝手に編集できなくなる為である。さっさと初版記事をモラルのないものの手によって作ってしまいたいという欲望も大きい。しかし、そういった行為はむしろウィキペディアの実態を世に知らしめる流れを助長する行為であり、大手検索サイトの後押しによる利用者の増加がその点において逆効果となり、あたかも自分で自分の首を絞めているような様相を呈しているといえる。…その結果、年々信頼性も低下し、編集頻度の高い項目もオタク的なもの(例:アニメ、漫画、パソコンゲームetc)に偏っていくなど、時を経るにつれ(周囲のバックアップによって利用者が増えるにつれ)その付けが徐々に顕在化しているのは、皮肉という他にない。

また、記事の閲覧だけを目的に利用しようとする場合でも多くの記事に嘘や出鱈目が含まれている為、結局は真に受けた利用者が後々に恥を掻くという被害を受ける事になる。運営側の御用メディアはウィキペディアを礼賛する捏造報道を繰り返している為、ウィキペディアの実態は広く周知されておらず、前述のような被害者も後を絶たない。

おかやまりゅうせい眼鏡恐竜)、Mikomaidが最も酷い荒らしである。

ウィキトラベルウィキトラベル日本語版[編集]

ウィキトラベルは自由で完全な、そして最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブックを作るプロジェクトで、現在4,469件の旅行先ガイドその他の記事が世界中のウィキトラベラーたちの協力によって作られている旅行ガイドサイトらしいが実態は一部のトラベラーによる独裁管理下の元で支配されている危険な有害サイトなのである。「あなたも今からどのページでも編集をすることができます」とか言っているが実はキチガイによる差し戻しと削除が頻発しているため、何も知らない輩が編集することはお勧めできない。主犯格は木更津乃風という管理者。こいつはShoestringとたぬきなどを下僕がおり人に言いがかりをつけてはブロックしまくるトンデモナイやつでウィキトラベルを牛耳っている。またこの管理者は口コミや執筆者の体験談すらマトモに活用しない、なぜなら彼らはネットか自分しか信じない主義だからである。まぁウィキの付くサイトは大概ウィキペディア系が編集にあたっているため、事実上クソしかいないのが現状である。当初はShoestringが他人の編集を差し戻したり白紙化したり楽しんでいたが後に木更津乃風と組んでIPいじめを現在まで行っている。こんなサイトに誰がした?

アンサイクロペディア[編集]

アンサイクロペディアは自由気ままな百科事典と称しているが、実際はごく少数の自己中心的な管理者により管理されているただの有害サイトである。ユーモア記事を作成したとしても横暴な管理者によって削除されることがしばしばあり話が矛盾している。また、他人のソックパペットを全て暴露したりするプライバシーの侵害を平気で行う極悪非道な利用者も存在する。名護啓介も白紙保護であり、自由気ままな百科事典とは言えず、身勝手管理者用ウィキとしか言えない。露骨なデマの固まりだが、ある人が知らずにここの記事を転載したため大問題になっている。

ウィキペディアと同様、利用者にユダヤ・イルミナティ・フリーメイソン陰謀論の信者が多く、間違いを訂正しても逆恨みに無期限ブロックされてしまう。

また、吹石という精神病者が管理者であるため、非常に有害である。

のび太くんYourpediaSuper Lemon)、七星おかやまりゅうせい泊優稀が最も酷い荒らしである。

Chakuwiki[編集]

Chakuwikiはインターネット上でもっとも、おもしろくないウェブサイトである。またこのサイトは個人の意見を共有しあう自由気ままなウィキサイトと称しているが、実際は単なる有害サイトであり、自由気ままとは到底いえない。誤りがあっても「削除禁止」の規約があり、新規に付け加えることしかできない。バカな記事を作成したとしても横暴な管理者によって削除されることが多く話が矛盾している。また、気に入らないユーザーに因縁をつけてブロックも平気で行うため2ちゃんねる以上に有害ともいえる。彼らは非常に不条理な人間であるため、赤子言葉でさえ99%通じないのだ。このようなサイト、早く打ち切りにしてもらいたい。気に入らない企業に対してかなり計画的な誹謗中傷を書き込んでいる彼らに対して、異常だと思うユーザーも少なくないようだ。不二家の記事にも溢れるほどの誹謗中傷が書かれており、ネットウヨブサヨと同レベルのファシズムのサイトといわれても仕方が無い。

おかやまりゅうせい泊優稀が最も酷い荒らしである。最近はむらまさKの特急もこの仲間入りを果たした。

モナペディア[編集]

モナペディアは誰でも気軽に編集できる2ちゃんねる百科事典と称しているが、実際はごく少数(多くても2〜3人)の自己中心的な管理者により管理されている単なる有害サイトである。2ちゃんねるに関係のある記事を作成したとしても横暴な管理者によって削除されることがしばしばあり話が矛盾している。他人の起稿した記事を全て暴露したりするプライバシーの侵害を平気で行う極悪非道な利用者も存在する。「2ちゃんねるではありません」と称しているが、実際は2ちゃんねるとほとんど同じサイトである。でないと2ちゃんねるに関係ない記事の方が多いはずである。七星という基地外が管理しているため、非常に有害である。

Yourpedia[編集]

Mikomaid会話/履歴/ログ/メールこのアカウントをブロックした管理人は死にます会話/履歴/ログ/メールNoda,Kentaro会話/履歴/ログ/メール静岡の腐った生ゴミ泊優稀会話/履歴/ログ/メールKenokabe会話/履歴/ログ/メールKawakita会話/履歴/ログ/メールFromm会話/履歴/ログ/メール松葉裕子会話/履歴/ログ/メールYUu会話/履歴/ログ/メールMumbly会話/履歴/ログ/メールRobert allen会話/履歴/ログ/メールおかやまりゅうせい会話/履歴/ログ/メールスパイ撲滅委員会会話/履歴/ログ/メールSuper Lemon会話/履歴/ログ/メール勇者プクリン会話/履歴/ログ/メールH2会話/履歴/ログ/メールFromm会話/履歴/ログ/メール大日本新政會会話/履歴/ログ/メールとそれらのソックパペットを追放することに成功して、泊優稀撲滅委員会会話/履歴/ログ/メールあんだあすろう会話/履歴/ログ/メールのブロックを解除して管理者にすれば、有害サイトではなくなるが、それらを実行しない限りは有害サイトのままである。そして野田犬のようなオウム真理教を愛しているホモ曝し者の刑を執行してしまうのが望ましい。

クレイジーペディア[編集]

シュウという病的なユーザーが運営している。特定のユーザーやサイトへの暴言や嫌がらせ記事が多い糞サイト。

フェイクペディア[編集]

Xhocheiner(kouki)というキチガイユーザーが運営している。

有益サイトであるウソペディアなどに対抗しようと設立された一切荒らしを受け付けない神聖たるユーモアサイトを自称しているが、実際は特定のユーザーやサイトへの暴言や嫌がらせ記事が多い糞サイトである。

また、ウソペディアやアンサイクロペディアを前者は爪元・後者足元にも及ばないとボロクソ叩いてる癖にその記事の大半はウソペディア・アンサイクロペディアからの盗作である。またウソペディア創設者のWiiU氏を幼稚・リアルで消防か厨房(嘲笑)・発達障害・無能などと言っているが、その利用者はというと、他のサイトから盗作をしている上にまともな記事すら書けない為、到底言える立場ではなく、寧ろ向こうが幼稚・リアルで消防か厨房・発達障害・無能であり、学習障害である可能性も非常に高いと思われる。

2017年7月現在、あの岡山の四十路ニートが荒らしを行っており、ますます混沌とした状態となっている。

こんなサイトとっとと運営に消されちまえ。

妖怪ウォッチペディア[編集]

妖怪ウォッチペディアは問題外の有害サイトである。

妖怪ウォッチの百科事典を自称しているが、その実態は、特定のユーザー・人物・作品・政党・サイトへの暴言や誹謗中傷・嫌がらせ記事が多い糞サイトである。

また、ポケモンを敵視しており、ポケモン関連においては誹謗中傷・デマ・インチキ記事を拡散し、さらに反論を書いたり自分達に不都合な事を書かれると即刻無期限ブロック・記事・文言の削除を行う為、実質的に反論を一切受け受けていない。

さらに末期は荒らしが横行し、殺害予告・爆破予告が書き込まれるなどした。

2016年夏頃?にはシビレを切らしたShoutWiki運営により閉鎖処置が取られた。

アニヲタWiki(仮)[編集]

問題外の有害サイトである。

誰でも編集出来る百科事典を自称しているが、その実態は、管理人が無能な糞サイトである。

唐澤貴洋Wiki[編集]

唐澤貴洋Wikiは、妖怪ウォッチペディア同様問題外の有害サイトである。ハセカラ騒動及びそれに関連する騒動・恒心教についての百科事典を自称しているが、その実態は唐澤貴洋弁護士や長谷川亮太とその親族や関連する人物を誹謗中傷し、デマ・個人情報を拡散し、反論を一切受け付けない(反論可能だが、反論した場合は逆に無差別開示され、最悪の場合特定される場合がある)有害サイトである。

というか、それ以前に恒心教の百科事典である時点で有害サイトである。

改造厨wiki[編集]

改造厨wikiは、ポケモンユーザーの為の公益・教養サイトを自称しているが、実態は改造厨への誹謗中傷で溢れかえった有害サイトである。

犯罪告発サイトとしての面やマナー講座などの教養コーナーの面では有益サイトの面も持ち合わせているが、それ以外の項目は完全に有害サイトである。

また、サイトの編集メンバーは、犯罪者に対しては何をやってもいいという認識を持ち合わせているため、誤った認識が固着する原因を作っている。

ブログ関連[編集]

アメーバ[編集]

交流サイトとしても人気が高いアメーバは、問題外の有害サイトである。ブログにおいては、有名人ブログへの嫌がらせが横行している。ピグにおいては、クソガキどもによる悪戯が横行したため、年齢制限が出来たが、相変わらず年齢詐称のクソガキが粘着している。言わば、DQNの温床なのである。

ボンダイビーチ[編集]

管理者のgudachanは地方ヘイトが趣味でコメント欄がないことをいい事にして反論を受け付けないクソブログ。早く運営に削除されてしまえ。

はてなはてなダイアリー[編集]

はてなは、2ちゃんねるを大きく上回る有害サイトである。ブログにおいては、陰謀論や、ネットの情報を鵜呑みした内容のブログのオンパレードとなっている。ネット左翼の巣窟 として名が高く、人工地震といった実際じゃありえないトンデモ記事が横行しまくっている。特に、唖蝉坊の日記といった若年層を批判する老害[3]が管理するブログや、今日も得るものなしといった炎上ブログなどが多数存在しており、もはや手に負えない状況である。

はてなダイアリーキーワードは辞書を称しているが、実態は単なる有害サイトである。有名企業の不祥事を暴露したり、名誉や尊厳を著しく傷つけるような記述が「辞書の記事」として掲載される為、その悪影響は計り知れない。さらにはてなダイアリーキーワードの記事には9割以上は嘘と出鱈目ではないかという疑惑まである。

また、記事の閲覧だけを目的に利用する場合でも多くの記事に嘘や出鱈目が含まれている為、結局は真に受けた利用者が後々に恥を掻くという被害を受けることになる。しかもキーワード編集権がはてなダイアリー市民のみの限定になっている為、誤った情報を訂正したくてもなかなか出来ない。その為、嘘や出鱈目を渋々受け止めるしか解決法がない。運営側の御用メディアははてなを礼賛する捏造報道を繰り返している為、はてなダイアリーキーワードの実態は広く周知されておらず、前述のような被害者も後を絶たない。

さらにウィキペディアとはてなは共謀しているため、はてなダイアリーキーワードにウィキペディア日本語版の管理者の記事を作っただけでプライバシーの侵害として削除される場合が多い。

JUGEM[編集]

JUGEMはブログサービスを自称しているが実態は前述のはてなを大きく上回る有害サイトである。前述のはてな同様、陰謀論や、ネットの情報を鵜呑みした内容のブログのオンパレードとなっている。ネット左翼の巣窟として名が高く、実際じゃありえないトンデモ記事が横行しまくっている。特に荒んでいく世界といった日本を罵倒するブサヨが管理するブログなどが多数存在しており、もはや手に負えない状況である。

隣国通信[編集]

隣国通信はインターネット上最も馬鹿馬鹿しいブログである。「海外の掲示板で気になった情報を紹介している海外の反応ブログ」という名称であるが、実際には海外(特に韓国)の反応のみを鵜呑みにし、反論などを一切させない糞ブログである。

軍茶利キジドラ速報[編集]

いずれも同じ人物により運営されている。特定人物・団体への誹謗中傷記事が多いクソブログ。絶対に見てはいけない。

宇宙への旅立ち[編集]

宇宙への旅立ちは、問題外のキチガイブログである。「情報拡散が目的なので、もし記事内容に利用価値があれば、どんどん使って頂いて結構です」という紹介文ではあるが、実際はデマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散するクソブログである。そして批判的なコメントにはレプタリアン工作員認定も貰えるオマケ付き。

きっこのブログ[編集]

きっこのブログは、史上最悪の糞ブログである。宇宙への旅立ちと同様、実際はデマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散し、反論などを一切させない糞ブログである。

そくにゅー[編集]

クソニューもといそくにゅーは、前述のきっこのブログ同様、史上最悪クラスの糞ブログである。ニュース速報を自称しているが実態はデマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散し、反論などを一切させない糞ブログである。また、陰謀論等も扱っている分、きっこのブログ等よりも遥かに有害といえる。

日本経済をボロボロにする人々[編集]

日本経済をボロボロにする人々は、宇宙への旅立ちやきっこのブログ、そしてそくにゅーと同様の糞ブログである。これらと同様、デマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散し、反論などを一切させない糞ブログである。

まだ望んだライフスタイル手に入れてないの?[編集]

まだ望んだライフスタイル手に入れてないのは上記のブログと同様の糞ブログである。これらと同様、デマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散し、反論などを一切させない糞ブログである。

FC2ブログ[編集]

FC2ブログはブログサービスを称しているものの、実際は単なる有害サイトである。以下の問題点・疑惑がある。

  • 利用者のブログを著作権侵害等があるなしに関わらず、予告無く突然凍結・削除するケースが非常に多い。そして、凍結の原因について問い合わせには一切応じない他、異議を申し立てる窓口すら無く、実に不条理ではないかとの批判が多い。
  • 近年、本ブログ利用者の増加により、広告が増えたり、1ヶ月以上更新のないブログに対しては強制的に広告を貼るなどのスパム行為も目立つようになっている。
  • F-CAST糞テレビ番組ばかりを贔屓する糞のように不愉快なブログである。
  • 利用者にユダヤ・イルミナティ・フリーメイソン陰謀論の信者が多く、反論コメントをしても逆恨みに閲覧拒否されてしまうゴミブログが多い[4]
  • 運営者がアメリカ・ネバダ州にあるので日本法が通用しない。

Seesaa[編集]

Seesaaブログとして有名なSeesaaは、問題外の有害サイトである。

  • ブログにおいては糞のように不愉快なブログが多い点では関連サイトのライブドア(後述)等に似ている。
  • 独自ドメイン上にブログを開設しようとすると「DNS情報が正しく設定されておりません」というエラーが出ることが多い。

Blogger(Blogspot)[編集]

Googleの関連サイトであるBloggerは、問題外の有害サイトである。

  • ブログ出版ツールの先駆けを称するものの、前述の宇宙への旅立ち等と同様、デマ・誹謗中傷・インチキ記事を拡散し、反論などを一切させない糞ブログである。
    • 「タバコの煙より夏の暑さの方が遥かに身体に有害」等といった個人的推論ならともかく、陰謀論や、ネットの情報を鵜呑みした内容のブログが非常に多い。海外では反イスラムの投稿をしたために2度逮捕されたエジプト人も存在するほどである。
  • CMの曲名はCMソングばかりを羅列し、出演タレント名等をほとんど掲載しないことが多く使い物にならないブログである。

学校裏サイト[編集]

学校裏サイトは特定の学生や教師を攻撃する為に作られた有害サイトである。学校におけるいじめの延長線上の行動として学校裏サイトが使われるのだがいじめの標的に対する侮辱が全国に発信されたり、標的の個人情報が暴露されたりする等、通常のいじめよりも被害は甚大である。

掲示板[編集]

2ちゃんねる[編集]

日本最悪の有害サイトと呼ばれる。2ちゃんねるの利用者は俗に2ちゃんねらーと呼ばれ、各所でサイバーテロを実行している。2ちゃんねらーに睨まれまたは目を付けられたら最後、個人情報が晒され、自宅や職場に毎日嫌がらせされるようになる。このようなサイトを閲覧すれば、子供も大人も異常人格を身につけてしまう虞がある。多くのスレッドに嘘や出鱈目や中傷が含まれている為、真に受けた利用者が後々に恥を掻いたりショックを受けたりするという被害を受けることになる。しかも削除は削除人のみの限定になっており、しかもなかなか削除に応じてもらえず(削除人が誰も見ておらず気付いてもらえない事の方が多い)、運良く削除してもらえたとしても削除されるのが非常に遅過ぎる為(「削除依頼してから数ヵ月後」というのがほとんど)、誤った情報を訂正することや中傷を消すことはなかなか出来ない。その為、嘘や出鱈目や中傷を渋々受け止めるしか解決法がない。七星が作ったとされるアンチロックのスレなど非常に下品なスレもある。

Yourpediaを荒らしているウィキペディアンの多くは2ちゃんねらーでもある。

ふたば☆ちゃんねる[編集]

大規模の画像投稿サイトであるが、2ちゃんねるに劣らぬ殺伐振りを見せておりコメントは誹謗中傷の嵐、画像はエログロの嵐である。というより「〜ちゃんねる」と付くサイトは全て有害である。

ガールズちゃんねる[編集]

女子の女子による女子のためのおしゃべりコミュニティを自称しているが実際は2ちゃんねるを遥かに凌ぐ殺伐振りを見せており誹謗中傷のオンパレードである。全てのスレッドに嘘や出鱈目や中傷が多い為、真に受けた利用者が後々に恥を掻いたりショックを受けたりするという被害を受けることになる。というより「〜ちゃんねる」と付くサイトは全て有害である。

画箱[編集]

画箱(がばこ)はちゃんねるぼっくすが運営する画像、音楽、動画を投稿する掲示板が集まったウェブサイト(読みは「がはこ」ではなく「がばこ」である)。早い話だが2ちゃんねるの画像掲示板バージョンであり、2ちゃんねるに負けず劣らず非常に有害なサイトでもある。

管理人は極悪2ちゃんねらーとして悪名高いみそかつ(本名は稲村良光)。彼は住人一人一人のIPを保存し、そこから全ての履歴を把握し、個人情報を盗み取る等の悪行を常日頃から行っている為、書き込みを行う事自体が非常に危険なサイトである。

削除依頼に反し、荒らしに味方をした偏った削除も多く問題になっている。

さらに画箱は住人も体質も2ちゃんねると同種であり、2ちゃんねると同様に匿名性を生かした誹謗中傷罵詈雑言エロ下品アイコラ画像煽り画像遺体画像晒し荒らしが絶えず、ネットモラルの崩壊・欠如を招いているという批判もある。

阿修羅掲示板[編集]

阿修羅掲示板は2ちゃんねるを大きく上回る有害サイトである。主にオカルトと陰謀論に関する話題を取り扱っているものの、最近ではネット左翼が突撃しているため非常に有害である。かつてはオウム真理教と関与していたらしいが不明[5]。2ちゃんねると同様に匿名性を生かした誹謗中傷罵詈雑言煽り、荒らしが絶えず、ネットモラルの崩壊・欠如を招いている黒幕である。というより大手掲示板サイトは全て有害である。

るいネット[編集]

るいネットは2ちゃんねるを遥かに上回る有害サイトである。主に陰謀論やカルト宗教、並びに「マスコミが伝えない真実」や「世界政府の闇」に関する話題を取り扱っており、共同体志向の生産者のサイトと称しているが実際には正確性・信憑性に欠ける内容の記事やスレッドが多く、ネット左翼が突撃しているため非常に有害である。アカウント量産機能を悪用した荒らしのほか、誹謗中傷罵詈雑言煽り、荒らしが絶えない。最近までネット左翼のアイドルである小沢一郎を崇拝していたが、最近では批判に転じた。余談だが運営元の類グループブラック企業である。このようなサイトを閲覧すれば、子供も大人も異常人格を身につけてしまう虞がある。多くのスレッドに嘘や出鱈目や中傷が多い為、真に受けた利用者が後々に恥を掻いたりショックを受けたりするという被害を受けることになる。

したらば掲示板[編集]

上記の2ちゃんねるや画箱、阿修羅、るいネット同様の有害サイトである。ただし、これらの有害サイトよりは大分マシなサイトである。

  • 削除要請に応じやすいが、レンタル掲示板なので管理人次第では削除できないという最大の欠点がある。
  • したらば掲示板では近年システム障害が多発しているため、ユーザーが激減している。

カカクコム[編集]

価格.com(かかくどっとこむ)は上記の2ちゃんねるや画箱、阿修羅、るいネット、そしてしたらば掲示板を大きく上回る有害サイトである。

  • 商品関連の掲示板ではほぼ24時間366日論争が起こっている。
  • 過去に不正アクセス事件を起こされたが、価格.comの糞ぶりに対する天罰ともいえる。

検索エンジン[編集]

Google[編集]

気に食わないサイトを検索結果から外す(グーグル八分)有害サイト。なお、グロービートジャパン日本平和神軍関連などは、日本語版ではなく英語版で検索する(ドメインを.co.jpではなく.comに設定し直す)と見つかるものもある。

  • 大の親ちんちんである。
    • 現在ユアペディアを気に食わないとしてグーグル八分している[6][7]
      • 近年はグーグル八分されなくなった。が、注意は必要。
  • 間違った画像や18禁サイト・イラストを平気で出す青少年にとって非常に有害なサイトである。ここがひどい(観覧は自己責任で)。
  • プライバシー侵害の写真を平気で公開するDQNサイトである。
  • 航空写真が見れるが海だけではなく陸まで削られていたり写真がずれていたり雲で隠れていたりして使い物にならない。
  • 2ちゃんねる至上主義であり2ちゃんねるにぶりっ子してる[9]情けないサイトである。
  • 関連サービスのGoogle+AKB48をごり押しするなど、AKBヲタの巣窟である。
  • 日蓮正宗に対する批判的なサイトが上位に出てこないようになっている。これは知る権利(アクセス権)の侵害になりかねない。

Yahoo! JAPAN[編集]

上記のGoogleと同様、気に食わないサイトを検閲し、八分(ヤフー八分)している有害サイト。以下のような問題点がある。

  • 親会社がソフトバンクであるため、南北朝鮮に批判的な記述は、無条件に削除されている。
  • 時々、グーグル八分をも凌ぐかなり強烈な検閲行為を行っていることもある。この影響で、当分、起き上がり不能となったサイトも多く、批判の声も多い。
  • Yahoo!知恵袋ではほぼ24時間・366日、問題・事件が起こっており、下記のmixiなど相手にできない(後述参照)。
  • 上記と同様、Yahoo!ニュース、Yahoo!掲示板などでも、しばしば荒らしが起こっている。
  • ヤフオクは、取り込み詐欺やニセブランド等の粗悪品をつかまされる被害が後を絶たない。
  • ヤフーゲームの将棋で打ち歩詰めをするだけでアカウントが削除される。
  • Google同様2ちゃんねるにぶりっ子している[9]情けないサイトである。
  • オークションで潰し合戦や値段の違法吊り上げ合戦が多く相手にできない。
  • yahooからメールが届くが全て違法行為であり相手にできない。又は、してはいけない。
  • 陰謀論に対する批判を検索結果の上位にならないように意図的に細工している。この行為は知る権利(アクセス権)の侵害になりかねない。

百度[編集]

上記のGoogleやYahoo!同様、気に食わないサイトを検閲し、八分している(baidu八分)有害サイト。

  • 中国検索エンジンの日本版であるため、中国に批判的な検索結果は、削除されていることも多い。
  • Google同様、恣意的に後ろめたいサイトを検索結果から除外している。
  • 画像、動画検索においてはモザイクなしのポルノ物及び18禁イラスト等が検索エンジンの胸先三寸でずらり出てしまう。
  • GoogleやYahoo!同様常時2ちゃんねると接触している情けないサイトである。

goo[編集]

上記のGoogleやYahoo!、百度同様、検索エンジンを称しているが、実態は単なる糞サイトである。

  • gooメールは利用者の期待を度外視した改悪が行われた。
  • 過去に個人情報漏洩事件を起こしている。
  • ペッパーランチの某不祥事を検索結果の上位にならないように意図的に細工している。この行為は知る権利(アクセス権)の侵害になりかねない。
  • gooブログは糞ブログをも上回るゴミブログが多いことで知られる(主にブサヨが管理するブログ等)。

BIGLOBE[編集]

上記のGoogleやYahoo!、百度、goo同様の有害サイトである。ただし、これらの有害サイトよりは大分マシなサイトであるが注意が必要。

  • BIGLOBEなんでも相談室にはYahoo!知恵袋をも上回る的外れな質問が多いのが最大の欠点である。
  • BIGLOBEニュースは2ちゃんねるよりも信憑性の低いニュースが多いのも欠点である。
  • ウェブリブログではシステム障害が多発し、近年ユーザ数が激減している。

Q&Aサイト[編集]

Yahoo!知恵袋[編集]

前述のYahoo! JAPANの関連サイトであり、糞質問・糞回答の多さを見れば言うまでもない。ベストアンサーもろくな回答はほとんどない。

OKWave[編集]

OKWave(オーケーウェイブ)は楽天の関連サイトでありナレッジコミュニティを自称しているが実際にはただの有害サイトである。

  • 前述のYahoo!知恵袋等と同様、小学生みたいな脳ミソの馬鹿なおっさんやババアがドヤ顔でさも賢者であるかのように回答しているのが通例である。また、ベストアンサーもろくな回答は滅多にない。
  • だから、無知が無能に無用を教えるサイトである。

ココオル[編集]

Cocooru(ココオル)はインターネットで悩み相談ができるサイトを自称しているが実態はうつ病患者や精神障害者(いわゆるメンヘラ)が日々自己満足的な質問をぶちまけ回答者を困惑させている有害サイトである。ただし、回答者が専門家が多くまともな分、上記の2サイトよりはかなりマシである。それでも安心できないサイトである。

SNS[編集]

mixi[編集]

ほぼ24時間366日、詐欺などの問題行為の行われている有害サイト。

  • 事件が多い。
  • 誹謗中傷の嵐である。
  • 様々なユーザーがストレスによって退会している。
    • というよりマイミクが0になって強制退会されることが多い。
  • 個人情報に関する問題も横行している。
  • 生徒が年齢を偽っているため不正登録が多発している。

Twitter[編集]

バカ発見器馬鹿発見機を見れば言うまでもない。

  • 社内文書漏えい事件を過去に起こしている。
  • 複数のbotを使った情報操作も少なくない。
  • 不謹慎なつぶやきによって論争を招くこともしばしば見られる。

pixiv[編集]

pixivのキチガイユーザーを見れば言うまでもない。

  • 投稿者や他の閲覧者に不快感を与えたりするイラストが多い。
  • エクレロ孫法師(ウーソキマスラ)及びMAC-BBハバネロ三太夫)を追放することに成功すればかなりマシになるが、永遠に有害サイトのままである。
  • 同サイトに付属した百科事典サービスであるピクシブ百科事典においてはウィキペディア日本語版の1,000,000,000倍以上も下らない記事が目立ち、その上記事がないのにGoogle検索で上位に出てしまうのが特徴。

動画共有サイト[編集]

YouTube[編集]

Googleの関連サイトであり、著作権を意図的に侵害するような動画や18禁動画を平気でアップロードし続ける低俗なサイトとして知られている。18禁動画などがほぼ24時間アップロードされているにも関わらず、特にお咎めはない。削除すれば許されると考えているYouTubeの運営に対する倫理観は、明らかに異常であると思われる。

  • コメント欄は誹謗中傷の嵐である。また、SNS機能を完全に廃止すればマシになるものの、永遠に有害サイトのままである。
  • googleの関連サイトなだけに法廷論争をしばしば起こしている。
  • NTTグループなどと提携したが、硬派な相手側とは違い、低俗なサイトである。
  • 動画が理由も無く突然消されるなど不満が多い。
  • HATUNEMIKUDAISUKIDA3ORESAMAkingudamu2012、並びにそれらのキチガイ信者どもを追放すれば少しはマシになるが、永久に有害サイトのままである。
  • 有害サイトなのに間違ってヒトラー名言集等を表示する事もある。
  • SEXのHOW TOばかり表示する以上、永遠に有害サイトのままである。

ニコニコ動画[編集]

2ちゃんねるの関連サイトであり、著作権を意図的に侵害するような動画や18禁動画を平気でアップロードし続ける低俗なサイトとして知られている。18禁動画などがほぼ24時間アップロードされているにも関わらず、特にお咎めはない。削除すれば許されると考えているニコニコ動画の運営に対する倫理観は、明らかに異常であると思われる。

  • コメント欄は誹謗中傷の嵐である。
  • 2ちゃんねるの関連サイトなだけに法廷論争がしばしば起こる。
  • ニコニコ大百科もあるがはてなよりも編集権が厳しく有料会員のみの限定になっている為、誤った情報を訂正したくてもなかなか出来ない。その為、嘘や出鱈目を渋々受け止めるしか解決法がない。また、ニコニコ大百科のコメント欄も誹謗中傷・罵詈雑言の嵐である関係上、YouTubeを上回る有害サイトである。

Dailymotion[編集]

利用登録者数100万人以上、ユニーク数は750万以上というヨーロッパで最も人気が高い動画共有サイトであると自称しているが、実態は著作権侵害等が24時間366日行われているキチガイサイトである。当然前述のYouTubeニコニコ動画よりも遥かに有害である。

  • 性的動画に関して寛容なためポルノ動画等に関しての登録も多い。
  • 登録したユーザーがアップロード可能な動画は、2GB以内で長さは60分まで、最大解像度は1280x720であり、それ以上(制限なし)の動画をアップロードしたい場合は、モーションメーカー (MotionMaker)としての登録をしなければならない程の手間のかかり様である。

ポータルサイト[編集]

楽天[編集]

ネットサービス会社を不法に吸収している悪徳企業。

楽天オークション[編集]

インターネットサービスを扱う会社の楽天の関連サイトであり、上記のヤフオク同様、しばしばトラブルが発生している有害サイトとして知られている。

  • 匿名性の高さの裏返しで、取引相手に個人情報を悪用されることが多い。
  • 偽ブランド品コピーソフトなどの違法出品が後を絶たない。
  • 落札者の金銭負担が非常に重いといった批判もある。

ライブドア[編集]

ライブドア事件村上ファンド事件を見れば言うまでも無い。

  • ライブドア掲示板は最早2ちゃんねると区別がつかない。
  • ライブドアニュース(ニュースサイト)は2ちゃんねるをソース(情報源)に使っているため最早「新聞版2ちゃんねる」である。
  • ライブドアブログは2ちゃんねらー等の利用する糞のように不愉快なブログが多い。
  • ライブドアウィキは2ちゃんねらーによる暴言的・中傷的なウィキ系サイトが多い。

MSN[編集]

MSN(The Microsoft Network、ザ、マイクロソフトネットワーク)は上記の楽天やライブドアを大きく上回る有害サイト。キチガイ社長のビル・ゲイツで有名なマイクロソフトが運営している。

  • 米国では独占禁止法上の違法性が話題となったことがある。
  • 検索エンジンのBingではユーザーを騙すようなキーワードが多い。
  • チャットのSkypeでは受信したデータが理由も無く削除されるなどの問題もある。

ショッピングサイト[編集]

上記のヤフオクや楽オク同様、しばしばトラブルが発生している有害サイトとして知られている。

  • 匿名性の高さの裏返しで、取引相手に個人情報を悪用されることが多い。
  • 偽ブランド品コピーソフトなどの違法出品が後を絶たない。
  • 注文して送られるのが非常に遅いといった批判もある(ポケットモンスター ダイヤモンド・パールと言う実例もある)。

Amazon[編集]

  • ステップ2などの転売屋のメッカ。
    • 転売屋を追放すれば少しはマシになるが、永久に有害サイトのままである。
  • ハードオフのジャンクよりひどい状態の商品が売られている。
  • レビューの検閲を行っている。

ニュースサイト[編集]

J-CASTニュース[編集]

ニュースサイトを自称する有害サイトである。

  • 2ちゃんねるやSNSをそのままニュースソースとしているため、信頼性に欠ける情報も少なくない。
  • ネット上の個人の知ったかぶり発言をいたずらに流布する報道姿勢がある[10]。このことには疑問が多い。

まとめニュースサイト[編集]

NAVERまとめ[編集]

LINEの系列サイトであり、まとめニュースサイトを自称するものの実態はただの有害サイトである。

  • 2ちゃんねるやSNSをそのまま情報ソースとしているため、信頼性に欠ける情報も少なくない。
  • ネット上の個人の感想をいたずらにまとめて公開するユーザーも多い。

ていうか、LINEの系列である以上、永遠に有害サイトのままである。

闇サイト[編集]

犯罪の温床となっている、劣悪なサイト。

代表的な悪用者は神田司川岸健治堀慶末

猟奇サイト[編集]

殺人事件の温床となっている、劣悪なサイト。

こんな言い訳もあり非常に有害である。

最近現実世界で起こっている少女や幼女が犠牲となる事件、私はそれを断固否定します。
私自身の中にも