ケロロ軍曹

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Disambiguation

この項目では吉崎観音の漫画作品について説明しています。

  • テレビアニメについてはケロロ軍曹 (アニメ)をご覧ください。{{#if:ケロロ軍曹 (劇場版)|
  • 劇場版アニメについてはケロロ軍曹 (劇場版)をご覧ください。}}{{#if:ケロロ|
  • キャラクターについてはケロロをご覧ください。}}{{#if:|
  • {{{8}}}については[[{{{9}}}]]をご覧ください。}}{{#if:|
  • {{{10}}}については[[{{{11}}}]]をご覧ください。}}{{#if:|
  • {{{12}}}については[[{{{13}}}]]をご覧ください。}}
[[Image:{{#switch: {{#if:提案|提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}|提案|議論=Nuvola apps edu languages.svg|質問=Help-browser.svg|Nuvola apps kmix.png}}|40px|{{#if:提案|提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}]] {{#if:提案|提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}:{{#if:| [[{{{3}}}{{#if:|#{{{4}}}|{{#if:|#{{{section}}}}}}}{{#if: {{{page-name}}} {{#if:|[[{{{page}}}{{#if:|#{{{4}}}|{{#if:|#{{{section}}}}}}}{{#if: {{{page-name}}} [[トーク:ケロロ軍曹{{#if:|#{{{4}}}|{{#if:|#{{{section}}}}}}}{{#if: {{{page-name}}} 提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}があります。{{#if:「架空のもの一覧」の一部復帰|
{{#if:提案|提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}の要約:「架空のもの一覧」の一部復帰|{{#if:|
{{#if:提案|提案|{{#if:|{{{notice-type}}}|質問}}}}の要約:{{{notice-summary}}}}}}}{{#ifexist:{{#if:|{{{3}}}|{{#if:|{{{page}}}|トーク:ケロロ軍曹}}}}
{{{3}}}|{{#if:|{{{page}}}|トーク:ケロロ軍曹}}}}" は存在しません。正しいページを指定してください。}}
継続中の作品
この「ケロロ軍曹」はまだ完結していない作品や番組に関する記事又は節です。ある程度ストーリー・番組内容がまとまってから編集するようにしてください。
{{#switch:|=| #default=}} {{#if:ギャグ漫画| {{#if:吉崎観音|
ケロロ軍曹

{{#if:|

[[Image:|{{#if: ]]|}}
ジャンル ギャグ漫画|}}
漫画{{#if:|:{{{タイトル}}}}}
{{#if:|原作・原案など|作者}} 吉崎観音|}}

{{#if:|

作画 }}

{{#if:角川書店|

出版社 角川書店|}}

{{#if:|

その他の出版社 }}

{{#if:月刊少年エース|

掲載誌 月刊少年エース|}}

{{#if:|

レーベル }}

{{#if:|

発売日 }}

{{#if:1999年4月号連載中|

発表期間 1999年4月号 - {{#if:連載中|連載中|連載中}}|}}

{{#if:17冊(特別編集版も含めると22冊)|

巻数 }}

{{#if:|

話数 }}

{{#if:|

その他 }}
テンプレート使用方法 ノート

ケロロ軍曹』(ケロロぐんそう)は、吉崎観音による漫画作品、およびこれを原作とする一連の作品群の総称。またこれらに登場する主人公の名前。略称は「ケロロ」。

概要[編集]

月刊少年エース』(角川書店)にて現在連載中。1998年に読み切り「ケロロぐんそー」を発表。同誌1999年4月号より連載が開始。単行本2008年8月現在、17巻まで発刊されている。累計発行部数は1000万部。本作品は第50回(平成16年度小学館漫画賞児童向け部門を受賞し、角川書店の作品では史上初の受賞作となっており、現時点では受賞作はこの作品のみである。

簡潔に述べると藤子不二雄藤子・F・不二雄&藤子不二雄A)のすべての児童向け作品を統合した部分を基礎とし、それに個々のパロディなどを従属させたもの。「ポスト藤子・F・不二雄」的存在に納まることに成功した、角川書店を代表する作品。


注意以降に核心部分が記述されています。


作品の特色[編集]

作品のテーマは「家族」である(第1巻の表紙の裏より)。地球侵略をしに来たカエルをモチーフとした宇宙人(ケロン人)・ケロロ軍曹が日向家に居候することによる日常と非日常の融合とそのギャップが生み出すおかしさが話のベースとなっている。その一方で魅力的な女性キャラクターが多数登場するなど、近年の萌え漫画的な要素もふんだんに盛り込まれており、子供だけでなく、幅広い層を取り込んでいる。

作品が進むとケロロの部下が集まり、彼らで地球侵略作戦を練っては試みるも、居候先の少女・夏美に懲らしめられたり作戦の詰めの甘さによって自滅したりしてオチがつく、というのがこの漫画の基本パターンとなっている。連載が進むにつれてケロン人と地球人たちとの間にも友情が芽生え、侵略する側とされる側という対立の構図とのギャップも漫画の展開に絡んでくるようになってきている。基本的には毎回一話完結型で描かれるが、例外的に2-4話に分けられたストーリーがあり、単行本化のときに巻をまたぐものもある。

作風は「デフォルメされた、魅力あるキャラクター」「太く、はっきりした線」を基本とし、そして伝統的な漫画のスタイルを踏襲している。その一方で「デザイン的な絵文字、漫符」「コマの構成をぶち抜く画の配置」等イラストデザイン面でも優れており、イラストレーターとしても活躍する作者・吉崎の持ち味が十分に発揮されている。

ケロロ軍曹における「パロディ」の傾向[編集]

本作では他の作品からのパロディが多用されていることも特徴的で、セリフや演出が他の著名な漫画やアニメコンピュータゲーム作品・テレビドラマ(特に刑事もの)・有名な歌謡曲のタイトルや歌詞などから引用されているのを見ることができる。

特に、吉崎が漫画家になりたいと思ったきっかけとなった作品『ドラえもん』に関してはその特有の演出がパロディとしてかなり多く使われている。その他藤子作品のパロディは『21エモン』・『オバケのQ太郎』など比較的メジャーな作品から、『ドラえもん誕生』・『バケルくん』・『超兵器ガ壱号』などかなりマニアックなもの、『まんが道』でさえ紹介されていないコアなものまで数多く使われている。それらの元ネタがどこから引用されたものなのかが分かる者はさらに作品を楽しむことができるが、一方でその元ネタを知らない、あるいは興味がない者たちにはわかりづらいところもある。

以下は本作に登場する主なパロディの元ネタである。

最近は時事的なの(『ピクミン』やタマちゃんなど)やポスターなどの注意書き・標語、テレビアニメ化以降はアニメの主題歌もパロディに使われることがある。

さらにサブタイトルにもパロディが使われている。

また、ケロロたちの階級や部隊名や衣装は旧日本陸軍をモチーフにしている。ケロロ軍曹の「軍曹」がその典型。

アニメから原作に「逆輸入」された設定[編集]

本作に始まったことではないが、現在原作とテレビアニメ版ではストーリーが完全に異なってしまっており(詳細はこちらを参照)、本来はアニメが原作の設定を受け継ぐはずだが逆にアニメオリジナルであった設定を原作が取り入れる面がある。以下に例をあげる。

  • 登場人物「カララ」「シルヴィ」「ポヤン」「プルル看護長」「ジララ大尉」およびケロン人の天敵ニョロロ(カララは正確にはアニメが先の登場ではなく、連載雑誌である少年エースにて初登場後、すぐアニメに登場した。しかし原作に初登場したときは設定が大きく変更されている。またプルルについても本編ではアニメが先だが実際には原作第13巻のおまけに先に登場している)。
  • 当初はアニメ版のみの設定であった「オカルトクラブ」の登場。
  • 西澤タワー(アニメの登場により原作にも登場)。

あらすじ[編集]

ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球(地球外の全宇宙人の呼称はポコペン)の侵略を目的に軍隊が派遣された。その先発隊として隊長・ケロロ軍曹、機動歩兵・ギロロ伍長暗殺兵・ゼロロ兵長(後にドロロと改名)、突撃兵・タママ二等兵、作戦通信参謀・クルル曹長の5人の兵士からなる宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊・ケロロ小隊が地球に降り立った。

しかし、地球に降り立つ際に5人は散り散りになってしまう。隊長であるケロロ軍曹は、はぐれてしまった仲間たちを探し出し小隊の立て直しを図るべく一軒の民家・日向家に潜伏するが、偶然にもそこに住むポコペン(地球)人の日向夏美とその冬樹に発見・あっさりと捕獲されてしまい、秘密裏に進めるはずだった地球侵略は失敗に終わる。本隊は彼ら先発隊の5人を残して撤退してしまった。こうして地球に取り残された5人のケロン人は、侵略するはずの相手と同居するという奇妙な生活を始めることとなる。

初めは5人がバラバラに暮らしていたが段々とケロロの元へ集結し遂に5人全員が揃う。その途中、アンゴル族のヒト型宇宙人の少女・アンゴル=モアまでもが日向家に居候し始め、日向家はますます大混乱。変わりに変わった日向家でのさらにへっぽこな日々が続くことになる。

登場人物[編集]

詳細はケロロ軍曹の登場人物一覧を参照

ただし、以下の人物はリンク先を参照。

  • ガルル小隊: ガルル中尉・タルル上等兵・トロロ新兵・ゾルル兵長・クローンケロロ(ケロロ大尉)・プルル看護長
  • キルル: キルル・キルル.・キルルX-52・X-5.5

以下の人物は独立した項目があるのでそちらを参照。

コミック[編集]

話数は大字表記である。サブタイトルはほとんどが漢字表記であり、最後に「…の巻」とつく。おまけの場合話数は「○○.5話」となり、この場合のみ算用数字表記になる。2008年8月現在、既刊17巻。1巻あたりの構成は以下の通り。

  • 表紙
  • ピンナップ
  • 登場人物相関図(2巻以降のみ)
  • 本編(1巻あたり7 - 10話)
  • おまけ・サイドストーリー
  • スタッフ紹介
    ここには本編に登場したヒロインのイラストがついている(巻によっては別の場合もあり)。

ラインナップ[編集]

初回限定版[編集]

  • 第7巻限定版 『ケロロ小隊集結パック』(2003年9月20日発売)
    ケロロ小隊5人のフィギュアが付属。
  • 第9巻限定版 『ケロロ小隊ピンズ付特装版』(2004年8月6日発売)
    ケロロ小隊5人のピンズが付属。単行本本体の表紙は原作者の書き下ろし(ギロロを除くケロロ小隊の4名と夏美)。
  • 第10巻限定版 『パワード夏美パック』(2005年2月17日発売)
    パワード夏美フィギュアが付属。このフィギュアはパーツの取替えで「スク水夏美」にもなる。
    単行本本体の表紙は原作者の書き下ろし(パワード夏美とケロロ小隊の5名)。
  • 第11巻限定版 『アクションケロロパック』(2005年9月30日発売)
    アクションケロロフィギュアが付属。このフィギュアの原型は浅井真紀
    単行本本体の表紙はトニーたけざきの書き下ろし。
  • 第12巻限定版 『映画公開記念特別版』(2006年2月18日発売)
    ケロロ・ミララ・キルルの3名のストラップが付属。単行本本体の表紙は原作者の書き下ろし(ケロロ小隊の5名と夏美)。
  • 第14巻限定版 『劇場2公開記念特別版』(2007年2月10日発売)
    ちびケロ・メール・マールの3名のストラップが付属。単行本本体の表紙は原作者の書き下ろし(ケロロ小隊の5名とモア)。
  • 第16巻限定版 『劇場3公開記念特別版』(2008年2月15日発売)
    ケロロ軍曹・ダークケロロ・ミルルの3名のストラップが付属。単行本本体の表紙は原作者の書き下ろし(ケロロ小隊の5名と桃華)。ローソンのみで限定販売された。
  • 第16巻限定版 『劇場3公開記念超特別版』(2008年2月15日発売)
    武者ケロ・ダークケロロ・ミルルの3名のストラップが付属。単行本本体の表紙は『劇場3公開記念特別版』と同じ仕様。
  • 第17巻限定版 『ミラクルセレクトパックA』 (2008年7月18日発売)
    本作のベースとなった読み切り『ケロロぐんそー』の小冊子と、初代ケロロ軍曹・夏美ちゃんのフィギュアが付属。[1]単行本カバーは原作者の書き下ろし(ケロロ小隊&パートナーをはじめとするキャラクター群)。
  • 第17巻限定版 『ミラクルセレクトパックB』 (2008年7月18日発売)
    上記Aセットに加えて、アリサ&ネブラとネコちゃん(人間Ver.)のフィギュアが付属。
  • 第17巻限定版 『ミラクルセレクトパックC』 (2008年7月18日発売)
    上記Aセットに加えて、西澤桜華とプルル看護長(地球人スーツVer.)のフィギュアが付属。

特別編集版[編集]

  • ケロロ軍曹Green(ケロロ小隊5人衆集結編)ISBN 9784049249675 1巻から7巻までのケロロ小隊初登場話の話をまとめた単行本。2004年3月30日発売。
  • ケロロ軍曹Red(ハイパーマニアックス編)ISBN 9784049249682 マニアックな話の話をまとめた単行本。2004年3月30日発売。
  • ケロロ軍曹Pink(プリティヒロインズ編)ISBN 9784049249699 ヒロイン(夏美・桃華・秋・モア・小雪)+すももがメインの話をまとめた単行本。2004年3月30日発売。
  • ケロロ軍曹Yellow(ケロン驚異のメカニズム編)ISBN 9784049250374 色々な発明品がメインの話の単行本。2006年11月30日発売。
  • ケロロ軍曹Black(ケロロ小隊24時編)ISBN 9784049250367 長編「ケロロ小隊24時」全4話とその前フリといえる話2本を1冊にまとめた単行本。2006年11月30日発売。

その他[編集]

  • ケロロ軍曹11.5巻 公式ガイドブック ISBN 9784047137752 コミックス11巻までの登場キャラ(&アリサ)の解説や作者インタビュー、この本のみの書き下ろし漫画などが掲載されている。2005年12月26日発売。
  • ケロロ軍曹 ひみつ超ひゃっか ISBN 9784049250534 コミックス15巻までの登場キャラクター・メカニックなどの解説が掲載されている。2007年10月26日発売。

メディアミックス[編集]

ケロロ軍曹 特別訓練☆戦国ラン星大バトル![編集]

この節は、書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ケロロ軍曹 特別訓練☆戦国ラン星大バトル!』(ケロロぐんそうとくべつくんれん せんごくランスターだいバトル!)は、ケロケロエースに連載されている漫画作品。作画は夢唄。

メディアミックス展開している「武者ケロ」シリーズの一環であり、武者をモチーフとしている。

テレビアニメ[編集]

2004年4月から2011年3月か4月まで、テレビ東京系列 (TXN) で放送されている。サンライズ制作。

詳細はケロロ軍曹 (アニメ)を参照

劇場版アニメ[編集]

2008年現在、長編3本・短編2本が公開されている。2009年に第4弾を公開予定。

詳細はケロロ軍曹 (劇場版)を参照

その他のメディアミックス[編集]

詳細はケロロ軍曹 (アニメ)#メディアミックスを参照

補足・余談[編集]

※原作漫画に関することを記述する。アニメのみに関連することはアニメ版に関する補足・余談を参照。

  • 平成19年度(第11回)文化庁メディア芸術祭 漫画部門審査委員会推薦作品(マンガ部門/ストーリーマンガ)
  • フジテレビ系ドラマ『電車男』にも関連グッズなどが登場する。
  • アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するMSアッシュ」はケロロをモデルにしている。
  • 本作が小学館漫画賞を受賞した際、一部メディアにおいて“ ケロロ将軍 ”と発表された。この時、吉崎は発表の数時間後に自身のホームページにおいてケロロが和風鎧兜を身に付け、軍配を持ったイラスト“ケロロ将軍”を公開し、受賞を喜ぶコメントを併記した。このイラストには火縄銃を携えた足軽っぽい衣装のギロロと、通常より忍者度が増した格好のドロロも描かれている。このイラストは11巻目次になったり『ケロロアイランド』のトップ絵にも起用されたりもした。さらにアニメにも登場している(ケロロ軍曹のコスプレ・変身の「ケロロ将軍」を参照)ほか、前述のとおりこの「武者ケロ」を主題にした派生作品もある。
  • ザテレビジョン』の表紙にレモンのかぶり物を身につけたケロロや、緊箍の輪(『西遊記』に出てくる孫悟空の頭部の輪っか)をつけたギロロが描かれた。
  • 吉崎がガメラのファンであり、映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』で主人公が『ケロロ軍曹』のファンという設定に基づくもので、予め吉崎が映画の為にコミックス13巻目の表紙を書き下ろした。その時点では12巻目が発売されていなかった。
  • 西村しのぶ著『一緒に遭難したいひと』の単行本2巻150Pにおいて、主人公のいとこである絵依子の携帯にケロロたちの壁紙が存在する。
  • カトキハジメが原作コミックの限定版のパッケージデザイン[2]や劇中で夏美が使用したパワードスーツの武器デザイン、ケロロランド中の企画「KRRWAR」の戦闘メカ、さらにはアニメの絵コンテ(第38話・第73話)を担当している。原作者である吉崎がカトキのファンであることから実現した。
  • .hack//G.U. Vol.1 再誕』にケロロ軍曹がゲスト出演している。
  • 日本テレビの『NNN Newsリアルタイム』に、本作が取り上げられたことがある。
  • 漫画『ボボボーボ・ボーボボ』第21巻で、本作がパロディされたことがある。
  • 小学館コロコロコミックに連載されている『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』でも本作を一部、パロディしたことがある。
  • 単行本第14巻の末尾に「『独眼流カプ〜!』より」という謎の記述があり、ブログなどで話題となった(アニメ版に関する補足・余談も参照)。
  • 2007年5月23日発売の週刊少年サンデー第26号の漫画版『ハヤテのごとく!』にケロロの帽子と星をつけた本物のカエルが登場した。 アニメ版でも第36話でドロロの名前が登場している。さらにアニメ版49話には朝風理沙がケロロの柄のTシャツを着ていたり、タママ・ギロロ・クルル・ドロロそっくりの子供も登場している。さらにアニメ版第51話にはケロロそっくりのぬいぐるみクレーンゲームの賞品として登場していた。
  • テレビアニメ『らき☆すた』にはケロロがアクセサリーや人形で登場している。第13話にてケロロ役の渡辺久美子 、タママ役の小桜エツ子、ギロロ役の中田譲治アニメイトの店員[3]として声優を務め、次回予告も3人が本作のキャラとして担当した。
  • 韓国では日本で発売されたものとは違ったオリジナルゲーム[1]が存在する。
  • 韓国の製パン会社「シャニー」が2006年3月にケロロ軍曹のパンを発売した。[2]
  • 初めての公式ショップ『ケロロ軍曹SHOP@シネプレックス幕張』が 2007年10月20日にオープンした。
  • 2007年11月25日、格闘技『ハッスル』にてケロロが着ぐるみで参加。この際、ケロロを演じる渡辺久美子が会場で動きにあわせて声を当て会場に流している(マイクパフォーマンスも同様である)。
  • 朝日新聞2007年12月21日号に掲載された[3]
  • エースコックより2008年8月現在発売中の商品「スープはるさめ・プチパック」のパッケージデザインには4種類(野菜わかめしょうゆ味(ケロロ)、かきたま塩味(タママ)、コーンカレー味(クルル)、坦々麺味(ギロロ))共、ケロロ小隊のイラスト(ただしアニメ版)が採用されており、ケロロ小隊のオリジナルシール(こちらもアニメ版)が商品内に添付されている[4]
  • キャラクターが使用する携帯電話は、NTT docomoNEC端末(Nシリーズ)が多い。

日本国外版[編集]

  • 北米版のタイトルは『Sgt. Frog』(訳:カエル軍曹)であり、単行本はTOKYOPOPから発売されている。表紙は日本版と異なる。2007年末にアニメ版DVDが刊行開始予定。
  • 韓国版のタイトルは『개구리 중사 케로로』(訳:カエル中士ケロロ)。「中士」は英語で言えばSergeant First Classで、日本の軍曹にあたる。他の日本製の漫画・アニメがそうであるように『ケロロ軍曹』も多分にもれず舞台は韓国に変更され、夏美が「カン・ハンビョル」、冬樹が「カン・ウズ」という名前に変更されている。ケロロ小隊5人の名前はそのまま。
  • フランスでは1stシリーズのアニメが『Keroro, mission Titar』のタイトルで放送された。ケロロ小隊の名前はそのままだが、冬樹がArtusに、夏美がAprilに、秋がAnnaに、桃華がGaranceにそれぞれ変更されている。
  • スペインではオープニングのクレジットに『SGT Keroro』と現れるが、シリーズのタイトルとしては『Sargento Keroro』が使われている。

注釈[編集]

  1. フィギュアパッケージには「夏ちゃん」と誤表示されていた。
  2. 吉崎の希望により、同氏がプロデュースする「GUNDAM FIX FIGURATION」のパッケージと同一のデザインとなっている。
  3. 各自それぞれの体色の服を着てエプロンには各キャラのマークつき

外部リンク[編集]


月刊少年エース連載中の漫画作品
あきば浪漫ス! | ヱデンズボゥイ | 蛙男祭りだぜ! | 鴨川ホルモー | 喰霊 | 強殖装甲ガイバー | ケロロ軍曹 | 新世紀エヴァンゲリオン | クロウズヤード | 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | シスター・ルカは祈らないで!! | そらのおとしもの | 多重人格探偵サイチョコ | 探偵儀式 | デッドマン・ワンダーランド | てるてる天神通り | 東京事件 | 成恵の世界 | 日常 | ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ | Fate/stay night | ぷちえう゛ぁ | マクロスF | 魔法遣いに大切なこと | 未来日記 | もののけもの | 夢渡りプルチネッラ | RATMAN
小学館漫画賞児童向け部門
{{#if: |{{{タイトル要約}}}}}
{{#if: 度|第49回 平成15年度|先代}}
{{#if: |{{{先代名要約上}}}}}
ミルモでポン!
篠塚ひろむ
{{#if: |{{{先代名要約下}}}}}
{{#if: 第50回 平成16年|第50回 平成16年度}}
{{#if: |{{{現代名要約上}}}}}
ケロロ軍曹
吉崎観音
絶体絶命でんぢゃらすじーさん
曽山一寿
{{#if: |{{{現代名要約下}}}}}
{{#if: 度|第51回 平成17年度|次代}}
{{#if: |{{{次代名要約上}}}}}
{{#if: 『アニマル横町
前川涼|『アニマル横町
前川涼|-}}
{{#if: |{{{次代名要約下}}}}}

このページは Wikipedia日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はケロロ軍曹にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。 Yourpediaと同じく、WikipediaGFDLのライセンスで提供されています。 コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。