源君物語

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

源君物語』(みなもとくんものがたり)は、稲葉みのりによる日本漫画作品。

概要[編集]

週刊ヤングジャンプ』(集英社2011年42号より連載中。
源氏物語』を元ネタにした漫画で、主人公の光海が叔母・香子の指令で「現代の光源氏」を目指すストーリーとなっている。
連載の1話のページ数は、通常8ページである。
作者の稲葉みのりにとっては、初の連載漫画である。
ヒロインたちの女体のエロスを「カメラアングルを駆使し」[1]た技法で描写しているのが本作品の特色である。

注意以降に核心部分が記述されています。


あらすじ[編集]

主人公の源光海は、中学生時代に同級生の女子たちに酷いいじめを受けた経験から重度の女性恐怖症に陥っていたが、大学入学を機にトラウマ克服を決意する。 突然の父の再婚により、なかば追い出される形で叔母・藤原香子の家で居候生活を始める光海であったが、源氏物語の研究者である香子から「現代の光源氏」を目指すように言い渡される。『源氏物語』の主人公光源氏の女性遍歴にならい、女性「14人」[2]セックスすることを命じられた光海は、香子の紹介する美女たちとの恋愛経験を重ねるが、「心をモノにする」ことの難しさを知る。

登場人物[編集]

詳しくは「源君物語の登場人物一覧」を参照。

用語解説[編集]

紫雲大学(しうんだいがく)
光海たちが通う大学。
香子が准教授をつとめる。
美人レベルが全国最高」ということで有名。[3]
文学部国際教養学部の2つの学部が作中に出てきている。
キャンパスには噴水などが設置されている広場があり、使われていない旧校舎もある。
学生食堂のカウンターは、「PASTA」「CHINESE NOODLE JAPANESE NOODLE」と、英語表記で区分けされている。
紫雲家政専門学校
千里が通う学校。
紫雲そば
千里がアルバイトをしている蕎麦屋。店主の子が千里にセクハラをしている。
紫雲フィットネスクラブ
夕がインストラクターとして勤務する、スポーツクラブ。大阪に本社がある。美也が(光海と交際を始める以前から)会員である。
紫雲神社
朝日の親戚と縁のある神社。
紫雲歯科医院
源内典子の自宅と同じビルである歯科医院。紫雲大学の近くにある。
14股
『源氏物語』の主人公・光源氏の女性遍歴にならい、光源氏が恋愛した姫君に見立てた、香子の指定する女性14人(香子の家の居間の扉を開けて入ってくる、彼女自身以外の女性)とセックスをして、心をものにすること[4]。その体験を香子の研究材料として提供するために、光海は自分の女性関係の詳細を、香子にすべて報告しなければならない。
14人とは「藤壺」「葵の上」「紫の上」「明石の君」「花散里」「女三宮」「空蝉」「玉鬘」「夕顔」「末摘花」「源典侍」「朧月夜」「朝顔の君」「六条御息所[5]

単行本[編集]

集英社ヤングジャンプ・コミックス[編集]

標題 ISBN 発売年月日 収録話数
源君物語 一 ISBN 978-4-08-879318-4 2012年04月19日[6] 第01~21話収録
源君物語 二 ISBN 978-4-08-879432-7 2012年10月19日[7] 第22~44話収録
源君物語 三 ISBN 978-4-08-879550-8 2013年04月19日[8] 第45~67話収録
源君物語 四 ISBN 978-4-08-879668-0 2013年10月18日[9] 第68~89話収録
源君物語 五 ISBN 978-4-08-879783-0 2014年04月18日[10] 第90~111話収録
源君物語 六 ISBN 978-4-08-890028-5 2014年10月17日[11] 第112~133話収録
源君物語 七 ISBN 978-4-08-890142-8 2014年04月17日[12] 第134~156話収録
源君物語 八 ISBN 978-4-08-890257-9 2015年10月19日[13] 第157~179話収録
源君物語 九 ISBN 978-4-08-890391-0 2016年04月19日[14] 第180~202話収録
源君物語 十 ISBN 978-4-08-890519-8 2016年11月18日[15] 第203~225話収録
源君物語 十一 ISBN 978-4-08-890644-7  2017年5月19日[16] 第226~247話収録

ライトノベル〈JUMP j BOOKS[編集]

  1. 稲葉みのり原作 、小説:田中創『源君物語 並びの巻』 集英社JUMP j BOOKS〉2014年10月17日発売、ISBN 978-4087033359

単行本の購入特典[編集]

特定の店舗で買うと先着(数量限定)で1冊につき1個ついてくる付録(おまけ)。購入特典を入手する目的で、同じ単行本を複数買うファンがいる。

作者による描きおろしのイラストカード。現在までに17種類の生産が確認されている。
  1. とらのあなでは、第1巻[17][18]、第2巻[19][20]、第3巻[21][22]、第4巻[23][24][25]、第5巻[26]、第6巻および並びの巻(6巻と並びの巻に付いた購入特典は、同じデザイン)[27][28][29][30]、第7巻[31]、第8巻[32]、第9巻[33]、第10巻[34]、第11巻に購入特典がそれぞれ付いた。
  2. まんが王倶楽部では第1巻に購入特典が付いた[35][36]
  3. 三洋堂書店では第3巻に購入特典が付いた[37][38]
  4. アニメイトでは、第6巻[39]、並びの巻[40]、第8巻[41]、第9巻[42]に購入特典がそれぞれ付いた。
メッセージペーパー。現在までに1種類の生産が確認されている。
  1. アニメイトでは第4巻に購入特典が付いた[43][44][45]

スピンオフ作品[編集]

『週刊ヤングジャンプ』の増刊・『ヤングジャンプGOLD』(2017年5月18日発売)に、「源君物語」のスピンオフ作品が掲載された[46]

翻訳版[編集]

中国語版[編集]

中国語繁体字)への翻訳がおこなわれ、台湾の尖端出版から第10巻まで発行されている(翻訳者は平川遊佐)。
第1巻[47]が2013年12月17日に、
第2巻[48]が2014年1月21日に、
第3巻[49]が同年2月6日に、
第4巻[50]が2014年3月11日に、
第5巻[51]が同年9月15日に、
第6巻[52]が2015年1月21日に、
第7巻[53]が2017年3月28日に、
第8巻[54]が2016年5月11日に、
第9巻[55]が同年9月23日に、
第10巻[56]が2017年1月17日に発行された。
尖端出版発行の各巻初版の第1刷には附録(おまけ)として栞が付いた(第7巻まで)。各巻の表紙に使われている美人キャラクターが描かれている栞である。
第1巻には「藤原香子」[57]が、
第2巻には「桃園朝日」[58]が、
第3巻には「桐山葵」[59]が、
第4巻には「花田千里」[60]が、
第5巻には「六条美也」[61]が、
第6巻には「瀬見伊予」と「小若紫亜」[62]が、
第7巻には「常夏夕」[63]が描かれた栞が附録として付いた。
第8巻、第9巻、第10巻には附録の栞は付かなかった。

フランス語版[編集]

フランス語への翻訳がおこなわれ、Love Instruction - How to become a seductor の題名で、フランスのSoleil社から第8巻まで発行されている。
第1巻[64]が2014年10月22日に、
第2巻[65]が2015年1月21日に、
第3巻[66]が同年4月22日に、
第4巻[67]が同年7月1日に、
第5巻[68]が同年10月21日、
第6巻[69]が2016年4月27日に、
第7巻[70]が同年9月28日に、
第8巻[71]が2017年2月22日に発売された。
第9巻[72]が2017年5月24日に発売される予定である。
ただし発売日は、公表の予定日から延期されることが多い。

ドイツ語版[編集]

ドイツ語への翻訳がおこなわれ、Minamoto Monogatari - 14 Wege der Versuchung の題名で、Panini Verlags Gmbh社(本社イタリア・モデナ)から第6巻まで発行されている。
第1巻[73]が2015年3月9日に、
第2巻[74]が同年5月18日に、
第3巻[75]が同年9月21日に、
第4巻[76]が同年11月16日に、
第5巻[77]が2016年1月26日に、
第6巻[78]が同年7月25日に発売された。
第7巻[79]は2017年10月16日に発売される予定である。
第8巻[80]は2017年12月4日に発売される予定である。
ただし発売日は、公表の予定日から延期されることが多い。

韓国語版[編集]

韓国語への翻訳がおこなわれ、미나모토군 이야기 の題名で、韓国の 大元 C.I.株式会社から第2巻まで発行されている。

スキャンレーション[編集]

英語中国語繁体字)、朝鮮語スペイン語ポルトガル語イタリア語ルーマニア語フランス語ロシア語ポーランド語ハンガリー語ベトナム語タイ語インドネシア語に翻訳されたスキャンレーションが存在する(または、存在していた)[81]

『週刊ヤングジャンプ』連載版と単行本との相違点[編集]

 この記事は書きかけです。

週刊ヤングジャンプ』連載の版ではカラーページが存在したが、単行本ではカラー印刷をされていない。[82]

『源君物語 一』[編集]

第1話
1.(連載版01_02:単行本4p)扉絵が若干異なる。
2.(連載版01_11:単行本13p)村上のことばが異なっている。
 連載版では「珍しいな いつも冷静なお前が」。
 単行本では「でも何だ お前どうしてそんなに・・・」。
3.(連載版01_17:単行本19p)単行本では、光海のことばとして「叔母さんっていくつだ?」が加筆されている。
第15話
1.(単行本134p)『週刊ヤングジャンプ』連載の版には存在しなかった1ページが、単行本の版に加筆(連載版15_03と04の間に挿入)されている。
2.(連載版15_04:単行本135p)単行本では画が一部変更され、香子が光海に乳首を吸われて「ピクッ・・」と感じている描写が加筆されている。

『源君物語 二』[編集]

第25話
1.(連載版25_04:単行本30p)朝日のせりふ(の表記)が異なっている。
 連載版では「私はイトコ同士でそういうの・・・」。
 単行本では「私は従弟同士でそういうの・・・」[83]

『源君物語 六』[編集]

第132話
1.(単行本177p)連載の版には存在しなかった1ページが、単行本の版に加筆