石井和義

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

石井 和義(いしい かずよし、1953年6月10日 - )は、日本空手家正道会館宗師。立ち技格闘技イベントK-1の元プロデューサー・解説者。通称「石井館長」。愛媛県宇和島市(旧三間町)出身。愛媛県立宇和島東高等学校卒業。石井 教義(読み同じ)に改名した。

1980年6月、大阪岸里の西成産業会館内にてフルコンタクト空手の新日本空手道連盟 正道館(後に正道会館と改称)を設立。館長を経て、現在の肩書きは宗師。K-1の企画・運営会社「ケイ・ワン」の元社長。K-1のプロデューサーとして格闘技ブームを巻き起こした。初期のPRIDEの開催にも関わり、PRIDEの発展にも貢献した。K-1のテレビ解説を行った他、テレビなどのメディアに積極的に出演し、2001年の秋からはニッポン放送ラジオ番組「allnight nippon-r」木曜日のパーソナリティを務めた。

2003年以降は、ケイ・ワンの脱税事件により表舞台から姿を消した。ただし、正道会館専門誌の「正道」において、石井宗師として記事内に登場し、K-1と総合格闘技イベントHERO'Sの商標権を所有している。

目次

[編集] 略歴

[編集] 解説・その他エピソード

[編集] 出典

  1. kamipro』No.131
  2. 石井和義元K-1社長を収監」『日刊スポーツ』2007年6月11日。
  3. 「K-1 石井和義が目をつけたのは室伏広治!?」『読売ウイークリー』2008年9月7日号、読売新聞社
  4. お久し振りです!石井和義です!It is after a long time! I am Kazuyoshi Ishii!」『YouTube 館長チャンネル』2009年6月9日。
  5. K-1 石井和義氏が自伝出版。国際K-1連盟創設に意欲 BoutReview 2009年6月13日
  6. K-1 石井和義氏、特別競技統括プロデューサーとして現場復帰 BoutReview 2009年12月6日
  7. 石井館長が現場復帰!謹慎中・角田氏代役で スポニチ Sponichi Annex ニュース 2009年12月6日

[編集] 関連文献

[編集] 関連項目

nl:Kazuyoshi Ishii pl:Kazuyoshi Ishii

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス
他の言語