愛と誠

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「愛と誠」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「愛と誠 (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

Logo serie manga.GIF
ユアポータル
日本の漫画作品
日本の漫画家
漫画原作者
漫画雑誌
カテゴリ
漫画作品
漫画 - 漫画家
プロジェクト
漫画作品 - 漫画家

愛と誠』(あいとまこと)は、梶原一騎原作・ながやす巧作画の漫画1973年3・4合併号から1976年39号まで週刊少年マガジンに連載され、後に映画化、テレビドラマ化された。

概要[編集]

少年誌に連載された純愛物の先駆けとなり一世を風靡。ヒロイン・早乙女愛が幼き日の太賀誠を回想して語った「白馬に乗った王子様」や、その早乙女愛への報われない愛を貫く優等生・岩清水の名ゼリフ「君のためなら死ねる」などが当時流行った。また冒頭で、元インド首相ジャワハルラール・ネルーが娘(後の首相インディラ・ガンディー)へ宛てた手紙(『父が子に語る世界歴史』より)が引用されており、それがタイトルの由来にもなっている。

女優の早乙女愛はこの漫画の実写映画がデビュー作であり、芸名はヒロインの名前からとっている。


注意以降に核心部分が記述されています。


あらすじ[編集]

信州の蓼科高原早乙女愛(さおとめ あい)が偶然出会った不良青年・太賀誠(たいが まこと)。彼は幼い頃、愛の命を救った時、額に大きな傷を負ったばかりでなく両親や自らの人生さえも壊れてしまう。その償いとして誠を東京の高校へ転入させ、更生させようとするが、傷を負わされた誠の怒りは強く、逆に暴力で学園を支配しようと企む。しかし愛の献身的な行為により、これを阻止されると誠は関東一の不良高校・花園実業へと転校する。愛、そして彼女を愛し陰から支える男・岩清水弘(いわしみず ひろし)も花園へ移り物語は新たな展開を示す。

学園を支配する影の大番長・高原由紀(たかはら ゆき)、座王権太(ざおう ごんた)との対決、そして第3勢力の砂土谷峻(さどや しゅん)の登場。学園を舞台に誠と砂土谷の最後の対決が始まった。自分を捨てた母との悲しい再会ゆえに命を捨てて挑む誠の気迫に砂土谷は敗れた。束の間のやすらぎは長くは続かない。

次は愛の父が汚職事件に巻き込まれ逮捕、母は実家に戻り、かつてない苦況に立たされる。単身事件の解決に乗り出す誠は得意の喧嘩殺法で事件の首謀者達を叩きのめした。やがて検察の手で黒幕の総理が逮捕され、全てが解決されたその時、再び姿を現した砂土谷のナイフが誠を貫く。負傷した体を引きずり愛の待つ海岸へ向った誠は、最後の力をふり絞り愛を抱きしめ初めての口づけを交わす。太賀誠と早乙女愛にようやく訪れた幸福な時は、今訪れ、そして…終わった。

実写作品[編集]

映画[編集]

愛と誠
1974年7月 松竹映画
監督:山根成之、脚本:石森史郎・山根成之
西城秀樹(太賀誠)、早乙女愛(早乙女愛)、仲雅美(岩清水弘)、高岡健二(城山郷介)、織田あきら(火野将平)、坂上大樹(白川三平)、鈴木瑞穂(早乙女毅一郎)、有沢正子(早乙女寿美)、穂積隆信(小橋教頭)、北浦昭義(久松先生)、南陽子(前川紀世子)、進千賀子(前川加恵)、三角八郎(西田運転手)
続・愛と誠
1975年3月 松竹映画
監督:山根成之、脚本:石森史郎・山根成之
南条弘二(太賀誠)、早乙女愛(早乙女愛)、多岐川裕美(高原由紀)、森次晃嗣(天地大介)、千田孝之(座王権太)、鈴木瑞穂(早乙女毅一郎)、有沢正子(早乙女寿美)、北沢彪(秋山校長)、大泉滉(青田先生)、高城淳一(白木教頭)、坊屋三郎(大下先生)
愛と誠・完結編
1976年9月 松竹映画
監督:南部英夫、脚本:山根成之・長尾啓司・南部英夫
加納竜(太賀誠)、早乙女愛(早乙女愛)、内田喜郎(岩清水弘)、柴俊夫(砂土谷峻)、大滝秀治(座王与平)、千田孝之(座王権太)、根上淳(早乙女将吾)、白木万理(早乙女美也子)、根岸明美(太賀トヨ)、十朱久雄(秋山校長)、大泉滉(青田先生)、阿部昇二(岡島)、橋本功(梶本)、汐路章(鬼頭)、東八郎(オスカーのマスター)、佐藤蛾次郎(おでん屋)、藤村有弘(弁護士)

テレビドラマ[編集]

ドラマ
テレビ
ドラマ一覧
日本のドラマ
カテゴリ
テレビドラマ

1974年にドラマ化。東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放映。

主演の誠を演じる夏夕介は当時既に24歳であり、対するヒロインの早乙女愛を演じる池上季実子は当時まだ弱冠15歳のため、両者の年齢差から違和感を覚えた視聴者も少なくはなかったが、映画版にはないケンカのシーンは本格的に制作されており、極真空手の動きを殺陣に取り入れたことで好評を得ていた。

しかし、原作や映画版ほどの人気を獲得できず、半年で終了となった。本作の裏番組には『ウルトラマンレオ』(TBS系)や、人気上昇中の『シャボン玉歌まね合戦スターに挑戦!!』(日本テレビ系)が存在していた。

東京ムービーが制作したテレビドラマは本作のみである。

キャスト

 
スタッフ
主題歌
  • 「わたしの誠」歌:池上季実子

この記事から呼び出されているウィキペディア由来のテンプレート「Template:前後番組」は、記事の表示に悪影響を及ぼすため無効化されました。

その他の作品[編集]

ラジオドラマ[編集]

青春ラジオ劇画・愛と誠
1974年4月8日 - 10月4日 ニッポン放送
恒藤進(太賀誠)、松原愛 (早乙女愛)、小野進也(城山)、剛達人(火野)、鈴木ヒロミツ(ナレーション)

舞台版[編集]

梶原一騎17回忌追悼企画・愛と誠
月蝕歌劇団(聖同盟+幻同盟合同公演第4弾)脚色・演出:高取英
瑠笑(太賀誠)、 一の瀬めぐみ(早乙女愛)、長崎萌(高原由紀)、保鳴美凛(岩清水弘)

パチンコ[編集]

CR愛と誠(2007年 奥村遊機

太賀誠、早乙女愛、岩清水弘には声優が起用されているが、担当声優はいずれも発表されていない。

講談社出版文化賞児童まんが部門
{{#if: |{{{タイトル要約}}}}}
{{#if: 度|第5回 昭和49年度|先代}}
{{#if: |{{{先代名要約上}}}}}
『釣りキチ三平』・『幻の怪蛇バチヘビ』
矢口高雄
『あした輝く』・『姫がいく!』
里中満智子
{{#if: |{{{先代名要約下}}}}}
{{#if: 第6回 昭和50年|第6回 昭和50年度}}
{{#if: |{{{現代名要約上}}}}}
愛と誠
梶原一騎ながやす巧
{{#if: |{{{現代名要約下}}}}}
{{#if: 度|第7回 昭和51年度|次代}}
{{#if: |{{{次代名要約上}}}}}
{{#if: 『おれは鉄兵』
ちばてつや|『おれは鉄兵』
ちばてつや|-}}
{{#if: |{{{次代名要約下}}}}}

リダイレクトの所属カテゴリ[編集]

純愛山河 愛と誠

学園ドラマ | 漫画原作ドラマ | テレビ東京のテレビドラマ | 東京ムービー | 1974年のテレビドラマ

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像は愛と誠にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。