提供: Yourpedia
移動: 案内検索

あか)は暖色の一つで、ヒトのような可視光線のなかで波長が最も長く、およそ 700 nm である。なお、朱色緋色についてもここで扱う。

単体(絶対的概念)で示す時にはの字も使われるが、対比(相対的概念)や熟語で示す時にはの字を使い、紅色(こうしょく)という(例:紅白、紅緑灯)。尚、の字は紅橙色(紅との中間色)を意味する。赤より波長の長い光を赤外線と呼ぶ。


赤は、下のような色をしている。




左から

  • 光の三原色でレッド(R)と呼ばれる色
  • 絵の具の三原色のひとつで、四色刷の印刷のインクのひとつとして多用されるマゼンタ(M)と呼ばれる色
  • 印刷物などに多く使われる金赤(キンアカ)という色(マゼンタ(M)100%+イエロー(Y)100%)

である。

赤の色材[編集]

赤色は血の色や明るい(アカルイ)にも通じ、昔から多用されてきた色である。かつて赤色の色材として使われた水銀化合物辰砂化合物の鉛丹は鮮やかな赤であるが有毒であり、赤色酸化鉄弁柄)は無毒だが色調に鮮明さを欠く。アカネ色素をレーキ化したマダーレーキ(ピンクマダー、ローズマダー、ディープマダー等)やエンジムシの色素をレーキ化したコチニールレーキ(クリムソンレーキ、カーマイン)も同じ成分を持つ合成品に代替されたので、今日では鮮やかな赤は原則として化学的に合成される。赤の合成色材は一般に紫外線に弱かったが、最近十分な耐性を持つ顔料が開発され、自動車にも使われるようになった。しかしこれは非常に高価で、そのため赤い自動車はその分値段が高い。

カドミウムレッドの画像

カドミウムレッドオレンジ 1.jpgカドミウムレッドライト 1.jpgカドミウムレッドライト 2.jpgカドミウムレッドライト 3.jpgカドミウムレッドライト 4.jpgカドミウムレッドミドル 1.jpgカドミウムレッドミディアム 1.jpgカドミウムレッド 1.jpgカドミウムレッド 2.jpgカドミウムレッド 3.jpgカドミウムレッド 4.jpgカドミウムレッド 5.jpgカドミウムレッド 6.jpgカドミウムレッド 7.jpgカドミウムレッドディープ 1.jpgカドミウムレッドディープ 2.jpgカドミウムレッドディープ 3.jpgカドミウムレッドディープ 4.jpgカドミウムレッドディープ 5.jpgカドミウムレッドディープ 6.jpgカドミウムレッドパープル 1.jpgカドミウムレッドパープル 2.jpgカドミウムレッドパープル 3.jpgカドミウムレッドパープル 4.jpg

赤に関する事項[編集]

赤のイメージに起因する事項
  • 血液からの連想で、一般に「情熱」や「活気」など、精神や物事の盛り上がりを表すことが多い。
  • 一般に、赤は「熱暑」「激情」を表す。地図上で、熱帯は赤で示される。(⇔
  • 赤は「警告」「禁止」「失格」(※注)の色として用いられる事が多い。例:赤信号、赤点(⇔)、レッドカード
    • モータースポーツにおいては、失格は黒旗であり、赤旗はアクシデントによってレースが中断または中止される意味となる。
  • 一般に赤は喧嘩戦争をイメージし、悪い影響を与える。
  • 郵便局の配達車やオートバイ郵便ポスト消防車は赤色である。
  • 赤(レッド)はスーパー戦隊シリーズではリーダーの色として使用され、熱血漢のキャラクターが当てられることが多い。
  • 中国においては、赤は忠義を示す色とされる。(例:京劇における関羽)
赤=血液のイメージからの事項
  • の色は赤い。赤血球に含まれるヘモグロビンが鉄の錯体を含んでおり、これが酸素と結合すると赤くなるためである(酸化前の赤血球固有色は黄である)。
赤→血→革命という連想から、政治的に赤は革命社会主義共産主義を象徴する。社会主義国国旗には赤地の物が多く、特に共産主義者は俗に「赤」(『アカ』の表記も)と呼ばれる。例:赤狩り、赤軍(=革命軍) (⇔
赤は血のイメージから、「」「愛」「祝賀」を意味する事も多い。例えば、結婚式などの吉事祝典には、紅白の幕や紅白の水引が使われる。(⇔
色彩心理学における赤
  • 副交感神経を刺激する色で、食欲や性欲を刺激する色。たとえば赤提灯
  • 赤地に白の文字や文様の入った配色は、購買意欲をそそる物として有名である(例:コカ・コーラ
宗教・民俗学などにおける赤
  • 五行思想において、赤は「火」を表し、南方の色とされる。例:朱雀
  • 民俗学において、赤には「魔除け」の意味があるとされ、神社の鳥居は赤いことや、地蔵の涎掛けも同様の意味があるとされる(諸説あり)。また、郷土玩具は、飛騨高山市猿ぼぼなど赤いものが多い。子供への疫病除けの願掛けがこめられている。
  • 江戸時代天然痘除けとして赤い達磨が使用された。
  • 赤=赤子から、還暦にかぶる頭巾は赤い。
  • 仏教では、赤色は「餓鬼」の世界の色として考えられている。
自然・科学における赤
  • 暦においては、休日(大半の国では日曜日)は赤で記される。(⇔
  • 日の出と日没の際、太陽および空が赤からに染まって見える。これは、赤い光の波長が長いという特徴からおこる現象である。(朝焼け夕焼け
このため、「日出ずる国」日本を象徴する色としても使われる(例:日の丸)。又、日本では、太陽黄色ではなく赤で描かれることがある。
  • 火星は赤く見える。これは、火星の表面のほとんどが酸化鉄によって構成されているからである。
  • 恒星の場合は表面温度の低い星が赤く輝き、表面温度の高い星は青白く輝く。アンタレスミラガーネット・スターが赤いのも表面温度が低いからである。
  • 電気では、陽極は赤で示される。(⇔
言語における赤
  • 赤は日本語では「明らかな」「全くの」という意味を持つことがある。例:赤貧、真っ赤な嘘、赤っ恥
ブランドや商品イメージにおける赤
  • サントリーが出しているウイスキー、サントリーレッドのこと。ラベルが赤いので、バーなどでは、通称「赤札」や「赤」としてこのウイスキーのことが呼ばれている。
  • 三菱グループは赤いスリーダイヤをシンボルマークとしており、グループ各企業でも赤をコーポレートカラーにしているところが多い。
  • 日本航空のコーポレートカラーである。
  • スポーツカー製造やF1で有名なフェラーリ社は、「フェラーリレッド」と呼ばれる独特の発色の強い赤をイメージカラーとし、自社の車などにペイントしている。
  • ロボットアニメの代名詞『機動戦士ガンダム』にて、人気キャラであるシャア・アズナブルが赤く塗装したモビルスーツに搭乗し「赤い彗星」の異名を取っていた事から、アニメファンの間では「赤=シャア専用」のイメージがほぼ固定化されている。またシャア専用ザクIIの設定に関連して、乗物・機械などで「赤い機体は一般機の3倍の能力を持つ(または「通常の3倍」の速度で移動する)」というジョークが言われている。
鉄道における赤
  • 赤は多くの私鉄、地下鉄のコーポレートカラー、ラインカラーとして使用されている。
コーポレートカラー等として使用している鉄道会社
ラインカラーとして使用している路線
路線の種別としての赤

また、多くの鉄道会社で「急行」「特急」を示す色となっている。

その他
人物・キャラクターに関する赤

赤(紅、レッド)を含む言葉[編集]

赤と他の色を混ぜると[編集]

近似色[編集]

関連項目[編集]


Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。