提供: Yourpedia
移動: 案内検索

(くろ)とはの一つで、無彩色のような色である。が人間の可視領域における全帯域にわたりむらなく感得されないこと、またはそれに近い状態、ないしそのように人間に感じられる状態である。黒は下のような色である。


日本語の「くろ」や漢字の「」は、「米」「砂糖」というように、“black”と“brown”が混同される事があるが、正しくは明確に区別される。本項目においても、“black”を、“brown”を褐色茶色)として明確に区別する。

また、「黒」は有を現し、「有罪」や「陽性」などを意味することがある。(後述)

光としての黒[編集]

光の黒は、光がないことを意味する。光の三原色で言えば3色とも無い状態である。 従って、本来ブラウン管では黒として発色することは出来ないため、TV映像では他の色とのコントラストの調整によって人の目には黒として錯覚させている。

色としての黒[編集]

物体の黒は、すべての波長の光を吸収する色である。絵の具の三原色の3色を混ぜる(減法混色)と黒になる。ただし、全ての波長を完全吸収する物質(黒体と呼ばれる)は無い。黒光りという言葉があるが、黒の色材(色素・染料顔料)そのものが黒光りすることは無く、皮膚の艶や塗装面の平滑さから来る艶(表面反射)を表現している。

黒の色材[編集]

黒色は昔から油脂類を燃やした煤(ランプブラック)や鉱物の黒鉛が使われてきた。これはどちらも炭素の原子が蜂の巣状(六角形が二次元的に繰り返された)に共役結合した平面分子である。黒鉛は平面状の分子がきちんと層状に積み重なったもので、分子が不定形に集合したものが煤。煤は現在カーボンブラックとして化学工場で大量生産されている。また絵具では植物を燃やして出来た炭素(ピーチブラックヴァインブラック)や動物の骨を燃やしてつくった炭素(ボーンブラック)も黒色顔料として使われている。

黒(ブラック)に関する項目[編集]

  • 物理では光を全く反射せず、それ自身の温度による放射のみを発する物質を想定し、これを黒体と定義している。黒体放射は天文学に応用されている。
    • 熱の輻射率が最も高い色であるため、光の吸収を考慮する必要がない機械内部の放熱板の色は黒であることが多い。
  • 黒(クロ)は、有を意味する。⇔(シロ)
    • 犯罪者、有罪を表すことがある。⇔(無罪)
    • 検査では、陽性を表すことがある。⇔(陰性)
  • 黒はのイメージから、「」「」「恐怖」「災禍」の意味を付加される事が多い。⇔(善)、(生)
  • 黒は政治的にはアナキズムを象徴する。マルクス主義の赤が「血」を象徴するのに対して、アナキズムの黒は「死」を意味し、「死ぬまで自由のために闘う」事を表現している。
  • 黒はファシズムを象徴することもある。これは黒シャツ隊プロイセン近衛兵を真似たナチ親衛隊(SS)の制服に由来する。日本でも、古来から黒は天皇家の臣下を意味する色として利用され、右翼街宣車は黒で塗装されている物が多い。
  • 印刷や筆記具では、白紙に黒文字で書くことが多いため、黒は「」「全てを包含する」というイメージを持つ場合がある。 ⇔
  • 黒は、白や明るい他の色よりも重いイメージを持つため、見た目よりも重く感じさせる働きを与える作用を有する。実験では、同じ質量の物でも白色の同じ物質と比較して1.8倍は重く感じるという。万年筆宝石などの高級品が黒い箱に収まっている事が多いのも、品物の質感や重量感・高級感をアピールするためである。
  • 男性、女性ともに大人ほど黒を好む傾向にある。
  • 黒が高級感を感じる色であるという事を利用し、クレジットカードの最高級カードとして「ブラックカード」と呼ばれるグレードのものが存在する。
  • 黒はデザイン的には機能的なイメージを与え、主な購買層である男性客に好印象を与える(男性が機能的なものを好む傾向があるため)。よってオーディオ機器やビデオレコーダーテレビPCなどは黒のデザインが多い。対義語では、『白物家電』と呼ばれる部類のものがある→白色
  • 黒は何色にも染まらないという点から「中立」のイメージを持ち、裁判官の法服には黒が使われる。これは、多くのスポーツの審判も同様である。
  • 黒字は収益が支出を上回る経営状況である。これは決算書でプラスの数値ならば、黒のボールペンで金額を筆記するからである。反対の状態は赤字
  • 「反対」を意味する色には、黒が使われる事が多い。例えば、反対票のボールを黒球という。又、も「反対」を意味する事があるが、黒が一般的である。 ⇔
  • 電気関連において、陰極は黒で表される。 ⇔
    • また、抵抗器で色により抵抗値を表す場合、黒は0または100を意味する。
  • 相撲将棋囲碁などのゲームにおいて、敗戦を黒星という。(他のスポーツにもしばしば転用される) ⇔
  • 囲碁オセロでは黒は先手である(この意味の「黒」は上記の「黒星」の黒とは異なる)。将棋の棋譜でも先手を表すのに黒い駒の記号が使われる。逆にチェスでは後手である。
  • 黒は「格式」「公式」のイメージを持つ。例えば、スーツの色には黒あるいはが使われる。
  • 五行思想において、黒はを表し、を連想させる。
  • 多数の人が集まっているさまを、日本語では人々の髪の黒さから「黒山の人だかり」と呼ぶ。
  • 黒といえば宇宙を連想する者も多く、よって神秘的な印象を与える色でもある。
  • 黒はアジア人にとっては髪の色であり、美しい黒色を『カラスの濡れ羽色』という。その艶やかさ、麗しさが若者にも見直されつつある。
  • 黒人たちは黒を誇りに思っており、力強いソウルをイメージする。『Black is beautiful』とも自称する。
  • 仏教では、黒色は「地獄」の世界の色として考えられている。

黒(ブラック)を含む言葉[編集]

悟空ブラック。ドラゴンボールスーパーに登場した悟空のそっくり ブラックパックン。マリオの敵の花

黒と他の色を混ぜると[編集]

  • 黒+白で灰色
  • 黒+オレンジ色で茶色
  • 一般に黒は無彩色の中心として、どんな色でも濃く出来るらしい。

近似色[編集]

関連項目[編集]


Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。