暖色

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

暖色(だんしょく)は、の種類で、視覚から暖かい印象を与える色。黄色オレンジ色などから受ける。

暖色の効能[編集]

暖色は一般的に暖かい色であるため、周囲の人々に暖かさを感じさせる色でもある。たとえば、ヨーロッパでは15世紀に至るまで青は暖色だったし、ゲーテの時代でも青には温かいイメージがあった(ミシェル・パストゥロー『青の歴史』)。また、古代日本においては寒色(陰)と暖色(陽)の境目は現在は暖色である黄色と橙色の間に設定されていたという説がある。

暖色の一覧[編集]


Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・暖色を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。