韓国式作曲法

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

韓国式作曲法(かんこくしきさっきょくほう)とは韓国の伝統文化「朴理」を用いて作曲する手法である。

概要[編集]

この手法は韓国の伝統文化「朴理」を用いるため、従来の手法よりも作曲にかかる時間や費用が抑えられ、また作曲のスキルはあまり問われないので歌手の歌唱力のみでヒットする可能性が高くなる。ただし、朴理の性質上新しいジャンルの曲を作曲するのには不向きである。

韓国では日常的に用いられている手法であるが、近年エイベックスがこの手法に注目し、この手法の採用を促進している。

実際に採用した音楽家、グループとその例[編集]

B'z
ACDCMr Bigヴァンヘイレンエアロスミスなどの大御所から
倉木麻衣
宇多田ヒカルから‥‥
大塚愛
倖田來未
浜崎あゆみ
オレンジレンジ
  • ミチシルベ→Dragon Ash『静かな日々の階段を』
  • 上海ハニー→BON JOVI『Lay your hands on me』ゼブラヘッド『WANNA BE』米米CLUB『FUNK FIJIYAMA』
  • ビバ☆ロック→KISS『LOVE GUN』ZEBRAHEAD『Hello tomorrow』
  • 落陽→Dragon Ash『日はまたのぼりくりかえす』
  • ミチシルベ~a road home~→Dragon Ash『静かな日々の階段を』
  • ロコローション→シャンプー『トラブル』であるが、シングルで発売後何らかの事情によりアルバム『musiQ』ではカバー扱いとなり、作詞作曲キャロル・キング(ロコモーションの作者)・日本語訳ORANGE RANGEとなった。
  • キリキリマイ→B'z『ZERO』
  • ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC→『ドリフのズンドコ節』
  • ORANGE BOAT→『バナナボート』
  • 花→コブクロ『YELL』ミスチル『シーソーゲーム』『くるみ』『花』『CROSS ROAD』
  • 以心電信→アジカン『君という花』スピッツ『メモリーズ』くるり『ワンダーフォーゲル』ゼリー「与える木」
槇原敬之
  • 夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない。詳しくは槇原敬之を。
GReeeN
  • 愛唄→槇原敬之の僕が一番欲しかったもの
ZARD
  • 負けないで
曲は、ダリル・ホールの『Dream Time』をほぼそのまま利用(歌詞はオリジナルであるが)。聞き比べれるとそっくりである
Little Non
  • ハナマル☆センセイション→『One Fine Day』

音楽以外での採用[編集]

この作曲法を他のことに使えないかと模索していたエイベックスはこの方法をキャラクターに適用し、新しいキャラクターを作ることができた。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。

関連項目[編集]

このページはアンサイクロペディア由来の記事を利用しています。もとの記事韓国式作曲法にあります。阿呆な執筆者のリストは履歴をご覧ください。