内田桂子

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
内田桂子
本名
ニックネーム
生没年月日1979年4月23日(2024-1979)+((05-4)*100+(27-23)>=0)-1歳) - 
出身地愛知県
血液型O型
身長151cm
方言
最終学歴大阪芸術大学舞台芸術学科演技演出コース
師匠
出身
グループ名
相方
芸風漫談、一人コント
立ち位置
事務所FPアドバンス 芸能事業部
活動時期2004年頃 -
同期
現在の代表番組
過去の代表番組
作品
他の活動コンビ「けいこ¢くりこ」
配偶者
親族
弟子
公式サイトオフィシャルブログ
受賞歴
テンプレートを表示

内田 桂子(うちだ けいこ、1979年4月23日 - )は、日本のお笑いタレントピン芸人として活動している。愛知県出身、身長151cm、O型。FPアドバンス(芸能事業部)所属を経て、現在はフリー。かつてはホリプロに所属していた。

来歴・人物[編集]

大阪芸術大学舞台芸術学科演技演出コース卒業(2002年)、その後オーディションを経てデビュー。その時は俳優のオーディションだと思い受けたが、芸人のオーディションだったという[1]。また、コンビを結成して活動しようとしたこともあったが、その時はネタ見せでマネージャーに却下されたということがあった[2]

2009年12月までホリプロに所属。翌年2010年1月からはフリーで活動。

くりことのお笑いユニット「けいこ¢くりこ」としても、イレギュラーで活動していた。一方で、役者として舞台出演することもある。

内海桂子と名前が一字違いということもあって、後輩らから「師匠」とも呼ばれているという[3]

2010年2月8日東京ビッグサイトで行われたトレードショーにて扇堂の揚げもちのキャンペーンガールを務め、以後同社の「揚げもちガール」としても活動することになった[4]

2010年4月1日から、FPアドバンス所属となる[5]。なお、この事務所に所属となってからも、しばらく「揚げもちガール」としても活動していた。

2012年3月31日に、東京新宿ネイキッドロフトで初の単独ライブとなる『下ネタ封印ライブ』を行い、全ての下ネタの封印と、『2代目内田桂子』の譲渡と内田桂子としての芸名の封印を宣言し、自分は芸名をウッチィと改めることになった。このすぐ後にNSC東京校に18期生として入学、翌2013年に卒業し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属が決まる。ヨシモト∞ホールでの「彩〜irodori〜Audition」ライブなどで活動している。

オフィシャルブログでは、最後に「今日のちっさな幸せ」の話をして「ちっさい幸せみ~つけた」という言葉で締めている。

芸風[編集]

  • 狂言師のキャラクターでは「ポロリ、ポロリ、涙がポロリ…」などの台詞を合間に繰り出しながら演じる。『エンタの天使』では、このキャラクターで出演した。
  • 魔女のキャラクターでは「思わず言葉がエロく聞こえてしまう魔法」をかけ、そういう言葉をネタにするというものを演じている。この魔女は「マジョレーヌ・ア・ドーモ」という名前であるという。
  • その後演じているのは、超ハイレグレオタードを着て「きわどい」ネタを連発するというものや、暗めのキャラクターの「小さい幸せ見ーつけた」のネタなどがある。その他、これまでには巨乳金髪美女など、様々なキャラクターを演じたことがある。
  • 「けいこ¢くりこ」では、下ネタを披露することが多かった。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • PLANET RUNNER公演『PIECE〜失われた欠片〜』(2005年 木村恵美 役)

脚注[編集]

外部リンク[編集]