中山孝太郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

中山 孝太郎(なかやま こうたろう、1949年 - )は、日本小説家である。



経歴[編集]

生い立ち[編集]

生まれ広島[1]。育ち各都府県[2]。広島県立広島国泰寺高等学校[3]、法政大学文学部[4]、東京建築専門学校[5]、文学士。 防衛省特別職国家公務員[6]の退職後は少し職を点々と確かめたが、詰まる所、物書きになっている[7]。「広島西飛行場存続の危機脱出変遷史」96年12月16日発行。広島市教育委員会から教育用として採用を頂いて県と市へ謹呈している。一部書店で売り上げ上位になった[8]。この作者は、ここまでも書くのかという感じで「藪を這う」なんかはまるで映画を観ているようで、少し気が違う面には動揺するが、中々面白くて近頃は珍しい。「藪を這う」と「争点」は映画にしたらどうかと思うが、ここに掲載されている代表作品をクリックされて、一読されたら良いでしょう。小生は他の作品があれば読んでみたい。色々な経験が小説に生きているのだろう。期待している。

98年、第68回コスモス文学新人賞(長崎市のコスモス文学の会主催)の小説部門に「憔悴した点」が決定し、受賞。[9]
 日本文藝家協会会員[10]、日本ペンクラブ会員[11]、安藝文學同人[12]

 小学時代から随筆らしきモノを書いていたという。その頃から物書きの片鱗を見せているが、父親との折り合いが悪く、度重なる今でいう(DV)ドメスティックバイオレンスの暴言または冷笑で打ちのめされ、めげていたという。あの当時は親に対して歯向かうことが出来ず呪縛されたかのようになり、貝になっていたという。諸々頭には、傷が残り後遺症となっているという。また何かにつけて肝心な事は教えてはくれなく、冷遇されていたという。父親は世間的には外面が良くて内面が悪かったという。長男だが、きょうだいは姉と妹がいる。どちらも頭は普通で本人よりは大したことはなかったという。しかし、父親は女どもをかわいがっていたという。従って、姉妹の仲は親父の意向があって、たえず姉と妹がつるんでいて本人を遠ざけていたという。子どもの頃はラジオなどの機械いじりが好きで、これにも精を出していて、その中学時代の頃将棋も指していたという。仲間うちの連中のなかでは結構イケたという。幼少期からハングリー精神が旺盛で将来は建築家になるか小説家になるかが夢であった。かねての夢は苦労が実り、念願が叶っているが、今まであまりスッキリとはしていなかったという。その理由はこれまでにうだつが上がってはいないからだという。しかし、本人は少年時代から色んな事に飛んでいて夢があった様だ。うだつが上がっていないは少し疑問である。後年の小説はこれまでになかったモノ、バーチャルの世界と現世とが融合しており、他人とは違う世界が見えている小説が主。現実と妄想の境界が入り乱れ、引き込まれる。因って読み手の頭が混乱する。小さい頃実家は極貧の生活で青息吐息だったともいう。この時期に早くも現実は学歴社会ではないと思ったという。それは亡き田中角栄元首相が活躍されている後姿を見て後にも先にもいないほど師と仰いでいたので実務家が強い・・・だが、すぐに一転してこの社会で上に這い上がるには学歴が無くて頭が良いだけでは難しいと悟る。しかし、学歴は本来、邪道であるという持論は持っている。本来は学力であるという。しかし、この社会は学歴と学閥が幅を利かせているという。今頃は父親に打ちのめされた事に対する反面教師として子ども達には和やかに接することに注力している。まだ亡き父とのしがらみがあるが、何事もなかったように、それ以降現在も物書きの筆が動く限り描いている。高齢者になった現在でも今から巻き返すという。元来負けず嫌いで初志貫徹という性格だというが、ダメだと決断したら、いさぎよく手を引くのが早いという。だが、その反面如才ないところもある様だ。また、あえてこの男は苦難の道に入り込む独特な性格の持ち主でもあろう。 

追想[編集]

 過ぎ去った昔、幾多の困難があったという。そんな中、短編、中篇の純文学小説を書き続け、数多くの作品がたまるが、中々日の目を見なかったが、1998年、人間の煩悩や心の葛藤を描きぬいた僅か「1センチ4ミリ」を争う世界の作品が、やっと芽生えたという。

健康状態[編集]

 彼は首の脊椎が悪いため、身体全体、特に右肩や右腕、右手指、右足がしびれて痛いという。その原因の傷病は「軸椎歯突起後方腫瘤圧迫性脊髄症」だと言われて、手術の予定。今はまだすることが沢山あり困っている。しかし、このまま放って置くと急に息が出来なくなる恐れがあると宣告されている。

作者作成留意点[編集]

 初期の小説は一つひとつの文字を書く筆に苦痛を感じながら、それなりのモチベーションで書きあげ、同人会で発表するが中々馴染めない面があった。この時期にある程度の量を書き上げていたという。だが、自暴自棄になっていた。因ってかなりのブランクが発生し、まだ初期の段階で、もう筆を折ろうかと思っていたという。しかし、周りの連中から、これからが良くなると言わ