ピーエーワークス

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

株式会社ピーエーワークス (P.A.WORKS Co.,Ltd.) は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業。P.A.は「Progressive Animation」の略である。

概要・沿革[編集]

2000年11月10日堀川憲司ビィートレインの取締役・制作プロデューサーを経て富山県東砺波郡城端町[1]越中動画本舗株式会社を設立。2002年1月1日株式会社ピーエーワークスに商号変更した。設立の経緯は、堀川が家族との約束から富山へ戻る際、地元に制作会社を探しても見つからず、自らスタジオを立ち上げたのだという[2]

設立時、行政側から社屋として廃病院を改築した建物の斡旋[3]ケーブルテレビを利用としたブロードバンド環境整備などの支援を受けている。また、社員寮を整備して社員の福利厚生の向上に取り組んでいる。

富山本社には作画およびCG制作部門があり、演出・制作は東京事務所(東京P-10スタジオ。東京都小平市一橋学園駅地区)に置かれている。テレビゲームのムービーパートの制作のほか、テレビシリーズではビィートレイン、プロダクション・アイジー制作作品のグロス請けを主とし、2008年の『true tears』が初の元請制作となった。大都市圏以外の地方に本拠地を置きながら、アニメーションの元請制作を手がける能力を持っている数少ない企業である。

コンピューターゲームメーカーであるレベルファイブと取引があり、同社のパブリッシャー参入作品である『レイトン教授と不思議な町』の劇中アニメの制作を担当した。以降も、続編のアニメパートや、当社としては初の長編アニメ映画も手がける。

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

制作元請[編集]

いずれも地元・富山県内の民間テレビ局でも放送されている。

初のPAW制作。富山では1クール遅れ
東京進出、富山初の期間内週遅れ放映
チューリップテレビ進出、同時に富山での同時期放送達成、3大都市圏以外(福岡)に初進出、放送エリアも18都府県と一番広かった。
富山のみの放送
富山全民放局コンプリート、石川に初進出
富山が全国最速放送を実現、関西U局初進出、テレ東系初進出
日本一のアニメ局、テレビ愛知に初進出

グロス請け[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]


脚注[編集]

  1. 城端町は2004年に市町村合併により南砺市の一部となっている。
  2. アニメージュ』vol.358 2008年4月号、徳間書店、117頁 - 堀川憲司の発言。
  3. 南砺市起業家支援センター 2012年5月24日閲覧。
  4. グロス請けは2007年放映分のみ参加。
  5. 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる空に会いたい 立山の恋人編」 2012年5月24日閲覧。
  6. 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる海に会いたい 海辺の友情編」 2012年5月24日閲覧。
  7. 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる味に会いたい 五箇山のおじいちゃん編」 2012年5月24日閲覧。
  8. 恋旅〜True Tours Nanto

関連人物[編集]

アニメーター[編集]

演出家[編集]

脚本家[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]