レベルファイブ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「レベルファイブ」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「レベルファイブ (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

株式会社レベルファイブ(LEVEL5)とは、福岡のゲームソフト開発会社。日本有数のクソゲーメーカーとして知られる。






概要[編集]

労働組合によるストや吊るし上げが日常茶飯事のブラック企業としても悪名高い。また、社員の3割は朝鮮人の反日企業である。「ゲーフリ死ね」と「日本死ね」を社是、「史上最強のゲーム会社を目指す」を社訓とする超危険企業である。ポケモンも日野晃博の敵である田尻智氏と同氏が経営する企業ゲームフリークが作った為、当然ながら敵対視しており、ポケモンを貶すのが大好きなキチガイである。また、ソニーの支援で創業した為、任天堂とも余り仲が良いとは言えない。

異常なまでにポケモンを嫌っており、ポケモン内部に工作員を送り込んで改造やポケモンへの誹謗中傷を行なっている他、ポケモンを嫌いすぎる余り、任天堂・ゲームフリークや株ポケへの営業妨害の為には手段を選ばず、妖怪ウォッチなどでポケモンを貶めている蛆虫である。

また、社長の日野晃博はゲームフリーク代表でポケモンの生みの親でもある田尻智さんや唐澤貴洋弁護士に対して殺害予告を行なった危険人物である。このような犯罪者予備軍が経営する企業の信頼性など最早皆無に等しく、個人情報などは絶対に提供してはいけない企業でもある他、マジコン販売訴訟に於いては、当初参加したものも、労組の反対を受け途中で離脱するなど主張に一貫性が無い。

2014年8月6日の目覚ましで妖怪時計の制作裏側放送された

2014年12月2日の超報道で日野社長が妖怪ウォッチについて語った レベルSではない。コマさん間違えていた。2015年12月12日の妖怪ウォッチもんげーでコマ兄弟が日野社長とトークした

作品リスト[編集]

妖怪バスター。(2015年7月11日。) 妖怪ダンス。(2015年12月5日。) 妖怪バスター月兎。(2015年12月12日。)

権利侵害[編集]

妖怪メダルの不正コピーについて権利侵害は許さないなどとコメントしているが、自分達が権利侵害を行っていることを突っ込んではいけない(笑)。例えば、妖怪ウォッチの代表キャラクターであるジバニャン濱惣のキャラクター「かつおニャンコ」のパクリである。一応、かつおニャンコについて二次創作の言及については公式から一切無いため、これは明らかに著作権侵害である。しかし、残念ながら幸い濱惣側が許して告訴検討しなかったので、実際に著作権侵害は成立していない。また、同じく妖怪ウォッチのキャラクターのキュウビはどう見てもポケモンの「キュウコン」と「ルカリオ」のパクリであり、やはりこちらも著作権侵害である。さらに、同社が制作した大牟田市のキャラクターも明らかにニャビーチョッパーの意匠を盗作したものである。

これらは、明白にポケモン側の企業(任天堂ゲームフリーククリーチャーズ)の著作権及び意匠権などの知的財産権を侵害する行為であり、さらに尚更自社ソフトを販売していいとわざわざ許してくれているライセンス企業と最強法務部を敵に回す行為にもなっている。これらを行うことで任天堂から販売ライセンスを取り消されたり、任天堂から著作権侵害で訴訟されて多額の賠償金を支払わされる可能性があることを全く理解していない

また、イナズマイレブンでは、セガの特許権を侵害してゲームを制作しており、こちらは裁判沙汰にもなっている。

このように数多くの知的財産権を侵害しているにも関わらず、自社の権利を侵害すれば「権利侵害は許さない」などとほざいて被害者ぶっているのである。このような同社の方針に対しては、疑問を抱く者も多く、このように自ら率先して権利侵害をして新たに著作権・特許権などを生んでいるのにも関わらず、他者が同じ行為をすることを許さないとすること自体が反社会的行為であるとの批判も多い。

革マル派との粘着[編集]

レベルファイブは、表向きクリーン企業を装っているが、実際には革マル派と粘着しており、最早革マル系企業とも言える状態である。レベルファイブ側は否定しているが、福岡県警は革マル派が浸透している組織として要注意団体に指定されている。

また、同社のメディアミックス作品を中心とした主な作品は軒並み革マルが制作ポストを占めている。(イナイレ・妖怪ウォッチのデザイナーの長野は革マル)

不祥事[編集]

  • 2003年8月12日、西鉄大牟田線の車内で女性の下腹部や尻を触ったとして、ゲーム会社(後にレベルファイブと判明)勤務の前田泰範容疑者(当時37)が高宮駅で現行犯逮捕された。前田容疑者は、容疑を否認しているという。
  • 2005年4月16日、詐欺容疑でレベルファイブ所属の朝鮮籍「金秀英」容疑者(通名: 金子秀昭)が逮捕された。金秀英容疑者は振り込め詐欺の手口を使い、現金80万円を騙し取った疑いが持たれている。なお、金容疑者は「お金が欲しかった」と容疑を認めている。
  • 2006年6月16日、ポケットモンスターの公開前のキャラクターをインターネット上に流出させたとして、福岡県福岡市東区東浜、レベルファイブ社員の高野忠之容疑者(29)が著作権法違反の疑いで福岡県警に逮捕された。その後の捜査により、ゲームフリークのパソコンを遠隔操作して入手していた事が発覚。6月28日に不正アクサス禁止法違反で再逮捕された。また、この際、レベルファイブの組織ぐるみでの犯行が指摘され、日野晃博社長が書類送検されるなどの大事に発展した。最終的に、この事件の首謀者はレベルファイブ労働組合だと断定され、労働組合長の谷畑義治ら労組幹部数名が逮捕された。
  • 2008年、イナズマイレブンのソフトにセガの特許が侵害されていると訴訟になった。その後、2014年に敗訴が決定。その際、労組が再審を要求した為、再審が行われた後、2015年に敗訴に限りなく近い和解で収まることとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]