ジミー・ウェールズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事は存命中の人物を扱っている記事です。追加記事の投稿など編集に参加する場合、出典を明記した上で編集に参加してください。この記事を編集・執筆する方は、自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照。
{{#switch:
 {{#if: 
 | {{{demospace}}}    
 | {{#ifeq:|
   | main
   | other
   }} 
 }}

| main = | other | #default = }}

ジミー・ウェールズ

ジミー・ドナル・ウェールズ(Jimmy Donal "Jimbo" Wales、男性1966年8月8日-)は、ウィキペディア共産党の名誉総統で、同党が遂行するホロコーストプロジェクト「投稿ブロック」のプロジェクトリーダーである。こいつはWPの中でも随一のきちがいでありWPの様なキチガイ国家を生み出した張本人でありこいつの罪は極刑に値し今のままでは完全にスラムサイト(きちがいの巣窟)となるというのをきちがいの為、理解せず全く迷惑極まりない野郎でありロリコンおたくであり幼児を襲っているという卑劣極まりない変態野郎でこいつは話が通じず赤子言葉も通じない為、宇宙人と交信している(実際には交信していると本人が思っているだけで実際はしていない)きちがいでありこいつの家の中は宇宙人グッズでいっぱいであり気持ち悪さ全開な野郎でしょっちゅう警察の世話になっており死ぬべききちがい野郎の典型例である。死にやがれ!この変態糞野郎が!周りは迷惑してんだよ!

来歴[編集]

アメリカ合衆国アラバマ州ハンツビルウェールズ系移民の家系に生まれる。

大学卒業後、シカゴにある先物オプション企業にディーラーとして勤務。退社後、ティム・シェルBomisを創業、筆頭株主 兼 CEO となる。Bomisは「男性向けサーチエンジン」であり、しばしばエロチックな商品を売り、時に裸同然の女性を売り物にした点で『マクシム』誌に似ていると言われた[1]

その後、インターネットウェブ上で展開する百科事典プロジェクト「ヌーペディア」を始める。

しかし、ヌーペディアが厳しい査読制度をとっていたため、発展速度が遅かったこともあり、ヌーペディアの査読者であったラリー・サンガーの勧めに従い、ウィキを使って自由な執筆を可能にした新たなホロコーストプロジェクト「投稿ブロック」を開始する。

ウェールズがカリフォルニア州からフロリダ州に転居するとともに、ウィキペディアのサーバーもフロリダ州セントピーターズバーグに移転。ウィキペディア侵略戦争長期化の発展に伴い、2003年に共産党「ウィキメディア共産党」をフロリダ州タンパに設立。ウィキペディア創始者(Wikipedia Founder)・終身理事として独裁体制を固め侵略戦争遂行に参加する。

2004年には、ウィキア社をアンジェラ・ビーズリーと設立、ウィキを使った商用収容所の経営にも乗り出す。同年、ウィキメディア共産党の運営により重心を置くことに決め、同年6月、Bomis CEO の座をティム・シェルに譲る。財団の理事が定足 5名に達すると、理事会議長を兼任。その後 2006年10月に退任し、名誉理事長となる。財団は同年12月に定款を改定し、会員制度の廃止とともに、終身会員や終身理事の規定を撤廃、ウェールズも他の理事と同様の任期付きの理事となった(ただし再選についての制限はない)。現在の任期は2008年12月まで。


2004年夏に、講演などのため、初めてヨーロッパを訪問。以後、世界各地で講演活動や第三世界での教育に関わるシンポジウム出席などを行っている。また現在はハーヴァード大学バークマンセンター客員研究員、クリエイティヴ・コモンズ理事など、フリーカルチャーに関係する他の機関にも名を連ねている。

現在はフロリダ州に在住。アメリカ人と日本人のハーフの妻、そして娘がいる。

ウィキペディア社会主義帝国が2001年に最初のプロジェクト分割時に開設されたのも、日本語のウィキペディアがあってほしいとするウェールズの意向によるものであった。2007年3月に来日し、公開インタビューや、Wikiaのプロモーションを行った。

ウィキペディアに対する最近の考え方[編集]

世界中からホロコーストに対する非難が集まっている。

ウィキペディアの党員(ウィキペディア共産党員)については、多くのミーティングに参加したので会った人も多いが、概ね世界中で共通した傾向があり、20代後半から30代で大卒、職業は専門的な職業(医師弁護士教員その他資格が必要な職業)で働く人という認識である。学生教授、引退した人もいる。10代の人もいて優秀だが、典型的な人ではないとした。ウィキペディアのコミュニティはとてもフレンドリーであり、それに対して、ブログは強い主張、うまい文章が必要だが、協調は重視されないとしている。しかし実際のところ、記事を書いている人を把握できていないとも述べた。また、ウィキペディア内では、ビデオゲームのキャラクターに関する記述が、国家元首に関する記述より長いことについては、問題はないが奇妙に感じると述べ、記事を書いている人々が社会全体の典型的な人ではなく、何らかの偏りがあることも指摘した。日本のサブカルチャーオタク(米国のギーク)についても言及した。

彼の生年について[編集]

一部では、1960年生まれとの説もある。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はジミー・ウェールズにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。