博多華丸・大吉

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
博多華丸・大吉
メンバー博多華丸
博多大吉
別名鶴屋華丸・亀屋大吉(旧コンビ名)
結成・解散1990年
事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期1991年 -
師匠・出身吉本福岡1期
影響
出会い福岡大学落語研究会
旧コンビ名
現在の活動状況テレビ・ライブなど
芸種漫才コントものまね
ネタ作成者博多大吉
現在の代表番組華丸・大吉のなんしようと?
このへん!!トラベラーなど
過去の代表番組とことんサンデー
Hi-Ho!
ラジかるッ
PON!など
同期千原兄弟
FUJIWARA
など
公式サイト公式プロフィール
受賞歴
テンプレートを表示

博多華丸・大吉(はかたはなまる・だいきち)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属する日本の漫才コンビ1990年5月にコンビ結成し、吉本興業福岡事務所(福岡吉本)からデビュー。福岡で活動した後、2005年に上京し、吉本興業東京本社の所属となる。博多弁漫才を全国展開し活躍している。略称は華大(はなだい)。

メンバー[編集]

博多華丸(はかた はなまる、本名 岡崎 光輝(おかざき みつてる))

1970年4月8日生まれ。福岡市早良区出身。ボケ担当。

博多大吉(はかた だいきち、本名 吉岡 廣憲(よしおか ひろのり))

1971年3月10日生まれ。福岡県古賀市出身(生まれは兵庫県神戸市[1]。)。ツッコミ、ネタ作り担当。

来歴[編集]

1989年、ともに福岡大学に進学し、落語研究会に所属したことにより知り合う(後に2人とも大学を中退)。地元のタウン誌に活動が紹介され、それを見た別のプロダクションにコンビ名「ヨッチャン・オカチャン」を付けられ東京でやらないかと誘われる[2]が、怪しいプロダクションだったためそこはやめる。その後、1990年4月、地元で開催されたオーディション番組『激辛!?お笑いめんたい子』(テレビ西日本)に「岡崎君と吉岡君」の名で漫才コンビとして出場、それがきっかけとなり、同5月吉本興業福岡事務所の1期生のオーディションに合格。初代吉本福岡事務所長の「芸人は本名ではなく芸名で」という方針で、当初「華丸・大吉」としてデビュー、その後、「芸名(平仮名で)7文字が売れる」ので「さらにめでたい名前をつけよう」という意向で、「鶴屋華丸・亀屋大吉」(つるやはなまる・かめやだいきち)と改名する[1]。福岡吉本1期生で竹山隆範が同期に当たる。また、NSC大阪校では9期生の面々(ナインティナイン宮川大輔ほっしゃん。矢野・兵動ら)が同期生[3]にあたると思っていたが、その後、『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で実は千原兄弟やFUJIWARAなどのNSC8期生と同期であることが発覚した。しかし大吉は番組を見るまで知らず(福岡時代を芸歴に入れず)に今に至っているため、「今更千原兄弟さんやFUJIWARAさんにタメ口なんて無理」と、あくまで自分の同期は9期生であるとしており、また彼らも認識は改めていない[1]

デビュー翌年から地元テレビ番組『どっちもどっち博多っ子倶楽部』(TVQ九州放送)にレギュラー出演(但し大吉はフロアディレクター)、1993年には冠番組「とことんサンデー」の司会となり、福岡県をはじめとする九州・山口地方ではトップクラスの人気を獲得[1]、全国デビューする前の1995年フジテレビめちゃ²モテたいッ!」』(『めちゃ²イケてるッ!』の前身番組)で「福岡の人気芸人」として紹介され、福岡に来たナインティナインらとの共演も果たしている。また、本格的な全国デビュー前も『爆笑オンエアバトル』に出演していた。

2001年の第1回M-1グランプリでは11位となり決勝進出はならなかった。結成11年だったが吉本興業の社員から「ええねん、ええねん」と言われ出場の要請を受け出場、しかし準決勝の時点で主催者側から「10年を超えているのはやはり駄目」となり実質失格の扱いだった。当時は敗者復活枠が無くこの時点で結成10年を超えていた為、次年度以降は出場出来ず、これが最初で最後の出場となった。

2004年4月、屋号を博多に変更した現在の芸名へ改名する。改名のきっかけは、姓名判断に詳しい福岡事務所の女性パート職員が退職する際「『鶴屋』と『亀屋』は運気的に最低の名前」「『鶴屋』がほぼ0点に近い。『亀屋』は口に出せない(ほど最悪)」と判断され、「ずっと気になっていた」「お願いだから改名して欲しい」と頼まれた事である。その女性職員から「いい名前がある」と勧められたのが、現在の『博多』の屋号である。またその女性職員から「屋号を博多に変えて2年以内に2人が東に向かうと運気が上がる」ともアドバイスされる[1]。尚、改名に際し同じ「博多」の屋号であった木村進(三代目博多淡海)にも報告し、改名を快く認めてもらったという。

2005年4月に、華丸曰く、先述の元女性職員のアドバイスに「背中を押していただいた」形で[1]、3年越しの念願であった東京本社へ移籍。移籍後はルミネtheよしもとでの舞台などが主な活動の場となっている。また、月に数回は福岡での仕事も出張として行っている。しかし移籍当初、テレビ局や制作会社には新人とみなされたため、東京進出直後はテレビ出演一本あたりのギャランティは福岡時代より断然減っており、出演数をこなしているのでそれなりの生活が出来ている状態であった。

2005年10月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー、博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜の第6回大会に華丸が出場、児玉清モノマネで優勝し、注目を浴びる(その後、第7回大会も優勝し、連覇する)。

2006年2月、『R-1ぐらんぷり』の決勝に進出。上記の児玉清のモノマネのネタで、華丸が優勝。なお、この大会で披露したネタを作ったのは相方の大吉であり、裏方に回って華丸を支えていた。

2006年5月19日にはなかやまきんに君からの紹介で『笑っていいとも!』のテレフォンショッキング出演を果たす。

2006年に、親交があるつんくが福岡で活躍していたタレントの出光加奈子と結婚したが、紹介したのが華丸・大吉であった。華丸は「いつワイドショーが取材に来るか分からないから」と髪を整えてずっと待っていたが、一切取材が無く終わってしまった。

長らく福岡で活躍していたため、東京進出まであまり視聴者には知名度が無かったものの、福岡に仕事でやってくる芸能人・業界人とは親交が深い。華丸は藤井フミヤと飲み友達であり、前述のつんくを始め、三沢光晴下柳剛など各界に友人知人がいる。

また、福岡吉本出身の芸人の兄貴分的存在であり、多くの後輩から慕われている。特にパンクブーブーとは交流が深く、彼らの実力と才能をいち早く見抜いた芸人の一人でもある。確かな実力を有しながらもなかなか売れなかった彼らを不憫に思い、大吉は七夕の短冊に「パンクブーブーに光が当たりますように」と書いたことがある。その年にパンクブーブーはM-1王者に輝いた。 一方、パンクブーブーも、華丸・大吉が東京進出して間もない頃は、二人が早く東京や東京の芸人に馴染めるように色々と売り込んだり、心を砕いたりしていたという。黒瀬は華丸のことを「お父さん」と呼んでいる。 2014年のTHE漫才で優勝した。Yahoo!乗っていた

エピソード[編集]

  • 地元福岡では未だに彼らのことを改名前の「鶴屋華丸・亀屋大吉」と言う人が多く、現在の芸名がなかなか浸透していないのが現実であり、「博多華丸・大吉」と名乗る彼らを「博多大丸」(福岡の有名デパート)と勘違いする人も多い。
  • デビューする際、当時の福岡事務所長から、芸名の選択肢として、「華丸・大吉」か「ゴモラガメラ」のどちらかを選べ、と言われ、やむなく「華丸・大吉」を選んだ[1]
  • 福岡時代は、ほぼ下積みのないままスターになったことで知られている。デビュー2年目で冠番組を2つ持ち、3年目からスタートした彼らの代表的番組とも言える『とことんサンデー』は、日曜日の午前11時という放送時間帯にも関わらず、平均視聴率が15%前後、公開イベントを行えば常に3,000人以上のファンが押し寄せるという人気ぶりであった。[4]
  • 1994年にオンエアされた上岡龍太郎、松本明子が司会のクイズ番組ゴールデンタイム (テレビ番組)の初回において福岡の人気お笑いコンビとして取り上げられクイズとして「この2人の職業は何でしょう」「この2人が所属する会社はどこでしょう」という問題が出題された。正解VTRでは博多弁で漫才する姿が披露され、博多弁には標準語での通訳テロップが流された。
  • R-1優勝者の発表の直後、華丸は「博多のみんな、やったばい!!」とガッツポーズ。続けて「児玉さんに何てお礼を言ったらいいか…」と児玉清に感謝の意を述べた。
  • 優勝後の会見で、「児玉さんがこんなに浸透しているなんて。皆さんのおかげです」と再び児玉に感謝の弁。司会の宮迫博之に「優勝賞金500万円のうち450万円くらいは児玉さんにあげなあかん」と言われると、うなずきながらも「賞金はネタを一緒に考えてくれた相方と分けます。残りは中洲でボンバーします!!」と発言。相方の大吉は「嬉しい。けれど、賞金はもらえない」、2人で「次はコンビで上方お笑い大賞を狙います」と大きな夢を語る。後日別の番組で華丸が「2人で半額に分けることを提案したが大吉から却下され、『(華丸の)嫁にあげればいい』と言われた」と語った。なお、同番組で大吉は、華丸が賞金をもらえないのはかわいそうなのでこの250万円は相方のために使うと語っていた。
  • R-1優勝後、よしもとからの扱いがかわったと述べている。
  • 特に華丸はビートたけしに対する憧れが強く、本当は吉本興業よりむしろたけし軍団に入りたかったが、福岡吉本ができたために、吉本入りすることにした。たけしとは、「たけしの誰でもピカソテレビ東京系)」で初共演した。先述の、平仮名7文字となる芸名への改名も「ビートたけしさんは6文字」のため実は納得がいかなかったと語っており、2012年になってもなお「オフィス北野に入りたい」と漏らしていたと、福岡吉本時代の後輩が語っている[1]。2014年の漫才で共演した時も語っていた。Yahoo!に乗っていた
  • 「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で優勝し感想を聞かれた時は、児玉のモノマネで「大変結構でございます」と答えた。
  • 2006年2月、東京MXテレビ談志・陳平の言いたい放だい』で漫才を披露し、立川談志にその芸を誉められる。
  • 2006年4月、コンビでTBS系『アッコにおまかせ!』に出演した際、オープニングで和田アキ子に「何かネタやって」と言われた時、華丸はすかさず児玉のものまねをしたが、和田アキ子には理解されず「これ本当に似とんの?」と言われ、疑われてしまった。
  • 2006年4月16日放送の『あっぱれ!!さんま大教授(第59話)』(フジテレビ)にブラックマヨネーズと共にコンビで出演した際、華丸の「児玉清さん御本人が自分のネタのことをどう思っているか気になる」という話から番組スタッフが児玉の元へ取材に行き、華丸が演じる自身のモノマネ芸のVTRを見せて感想を求めるという企画を放映した。この時の取材が、児玉自身が華丸の芸を初めて目にする機会でもあった。VTRで華丸のネタを視聴した児玉は少し戸惑いながらも「モノマネをしてくれてありがとう」と礼を言い、「でも僕は絶対左手では“アタックチャンス”はやりません、必ず右手です」と華丸の芸の間違いを指摘した(なお、これは間違いではなく、「本物である児玉さんが右手でやっているのに、真似をしている自分が右手でやるのは恐れ多い」という気持ちから行っていることである)。
  • 2006年5月7日放送の『R-1・2006リターンズ』(関西テレビ、全国ネット)で児玉から華丸あてのビデオメッセージが披露された。児玉によると「僕は正直似ているとは思っていないんだけれども、まわりは似ていると言ってくれている。これは僕が素晴らしいのではなく華丸さんの芸が素晴らしいのであって、感嘆しております」と最大級の賛辞を贈り、最後に「博多華丸さんに、アタックチャンス!」と特別なアタックチャンスを披露した。
  • 2006年7月5日TBSはなまるマーケット」に出演した時点で、それまで華丸は児玉と直接会っていなかったが、9月3日放送の朝日放送パネルクイズアタック25「芸能人大会」で華丸・大吉のペアでクイズに挑戦した。
  • 東京に渡り、知名度・人気共急上昇した現在もなお福岡ローカル番組への出演を続けており、毎週必ず生放送や収録のため福岡に戻っているが、近年は3カ月分貯め撮りすることもあるという。しかし、『華丸・大吉のなんしようと?』や、大吉が自身が司会であるテレビ西日本DRAGON GATE龍の扉に出演する程度で、福岡ローカル番組への出演が減って来ており、TNCのピィース!の人気コーナーである『華大東京化計画』や『サラリーマン華太郎の中洲ぶらぶらでよかろうもん』は2006年9月以降放送されていなかった(『サラリーマン華太郎の〜』は2006年12月から不定期ながら放送されている)。
  • 爆笑オンエアバトルでゴールドバトラーを獲得した芸人で唯一、チャンピオン大会に出場したことがない。
  • 現在では、福岡県の観光大使としての役割を果たすこともある[5]
  • 客観的に見て無謀とも思えるスケジュールでも仕事を受けるなど、その会社への従順ぷりから、「吉本の犬」と揶揄されたことがあり、ある番組で出演者全員が健康効果があるという首輪を付けることになった際、その場にいた華丸が「これで正真正銘『吉本の犬』バイ」と発言したという[6]
  • 二人とも無類の酒好きのため、特に『このトラ』など福岡でのロケでは撮影中でも朝から平気で飲酒している。その習慣が身についてしまったためか、沖縄国際映画祭の合間に行われたロケで夕方4時まで飲酒しなかった際には禁断症状が出ていたとのこと[6]
  • 2012年、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』にて、アメトーーク大賞グランプリに選ばれる。

出演作品[編集]

メンバー単独での出演は、博多華丸博多大吉の項を参照。

現在の出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー出演

昼何(2014年3月31日。から月曜日。日本テレビ) サタデー。(2015年から。BSフジテレビ。) 有吉。(日本テレビ。)

ゲスト[編集]

スッキリ。(2014年4月3日。7月31日VTR出演。日本テレビ)華丸のみ 5月14日は大吉も出演 まじすか。(2014年6月15日。フジテレビ) ぐるない(2015年2月26日。2016年2月18日。日本テレビ)ヤフーに乗っていた 妖怪ウォッチもんげーセレクション。(2015年11月7日。テレビ東京。)ラストのコマ兄弟に登場した 赤マントのまんま。(2015年11月7日。関西テレビ。)関東では2015年11月29日に放送 とんねるず。(2015年12月3日。フジテレビ。) お笑い。(2015年12月28日。フジテレビ。)

準レギュラー・不定期出演

県民、(読売テレビ)

ラジオ[編集]

CM[編集]

過去の出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

2014年7月31日のワイドショー 対決嵐(2014年8月14日。フジテレビ) お笑いお正月。(2016年1月1日。フジテレビ。)

アニメ[編集]

妖怪ウォッチ。(2015年12月30日))犬麿。猫清役

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

声優[編集]

映画妖怪ウォッチ(2015年12月19日。)犬麿。猫寄与役。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』2012年5月17日付放送分。同番組DVD Vol.24収録
  2. 博多華丸 これぞ 十九の春! - ||| 博多華丸・大吉私信電心 |||
  3. 博多華丸 これぞ 十九の春! - ||| 博多華丸・大吉私信電心 |||
  4. 2011年1月10日放送『ブラマヨとゆかいな仲間たち』テンプレート:出典無効
  5. 福岡県庁ホームページ 知事と博多華丸・大吉が、関西で観光PRを行いました。
  6. 6.0 6.1 『アメトーーク』 2012年5月24日付放送分。同番組DVD Vol.24収録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テンプレート:PON! テンプレート:THE MANZAI 2011 テンプレート:爆笑オンエアバトルゴールドバトラー