Hyde(宝井秀人)

提供: Yourpedia
hydeから転送)
移動: 案内検索
ひよこ陛下
アンサイクロペディアの秀逸な記事

Featured.png

この記事はアンサイクロペディアの秀逸な記事だよ。アンサイクロペディアに書いた阿呆な人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より阿呆な素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
ノーベル賞受賞者
受賞年: 156
受賞部門: ノーベル文学賞
受賞理由: 156という数字を神聖化

hyde(はいど)(宝井秀人、たからいひでと)は日本のヴォーカリスト。御年41歳。似た名前のミュージシャンにhibe宇宙人)がいるが別人である。面識はあるらしい。

来歴[編集]

ウィキペディア無し small.png
ナニモノかがウィキペディアに「Hyde」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
ファイル:Hyde.jpg
右から3番目の人物がhyde。左から4番目の人物もhyde。
ファイル:156cm.png
国道156号でよくみかけるステッカー

生年月日はかつては不明であった。一時156年1月56日生まれとの噂が流れたが、1969年1月29日生まれである事を公表した。 和歌山で生まれた。その後、小学校へ入学し、めきめきと成長した。

それから中学校高校へと進学したが進路や身長など色々な面で伸び悩み高校を中退、漫画家を目指し美術系の専門学校に進学し画家への道へ。この特性を活かしL'Arc〜en〜Ciel初期の頃にはライブの告知ポスターなどはhydeがデザインしていた。

音楽には専門学校時代の周りの影響でギターと出会ったところから始まり、メロディを生み出すギターに魅了されギタリストを目指して猛特訓を積むが、その楽器が実はギターより小さいウクレレであった事が発覚する。あまりのショックのためにギタリストを諦めみんなより大きいバンドからの脱退も考えるが、大きいメンバーからの奨めで (ボーイ・ソプラノ)に転換し、その才能を一気に開花させた。

ボーカリストとしての自信もついて、自分自身に対するコンプレックスも約156cmの身長など一部を除いて解消に向かい人間的に大きな成長をみせたが、身長的には大きな成長はなく、ほぼそのままの身長でL'Arc~en~Cielのボーカルとしてデビューした。

デビューする際に、「ドイハチロウ」の頭の「ドイハ」を逆にした「ハイド(hyde)」という芸名を選んだ。ちなみに並び替えるとHydeとなるのは周知の事実であろう。

hydeは、1998年10月に全国ツアーの打ち上げで身長156cm以上の大石恵と出会い、2001年春に結婚したが。しかし、彼女と会っているうちに、彼女の問題ではなく自分自身の身長が問題なのだということに気付き、大事なことに気付かせてくれた彼女のことを、いつしか大切に思うようになっていたのだという。


ファイル:Hyde検索.png
Google先生も公認の数値である。

なお押尾学とは対極の関係にあり、どちらかが陰でどちらかが陽と言うものは決まっていない。呂布チャック・ノリスの関係と同じことであるはずだ。そして彼はL'Arc~en~Cielとして途中、国道156号線を156分かけて156km走るなどして156回のコンサートを行い156万人もの人々を魅了している。

ちなみにWikipediaにhydeの身長を書くと156人のウィキペディアンに消されてしまうが、それはhydeの身長156cmと言うのは改変が不可能であり、GFDLの闇魔法156を打ち砕くことが出来ないからである(ウィキペディアにおける85.25.140.160氏の会話ページ)。

戦闘力は156である。もう少し修行すると月を破壊できる力が手に入る。その戦闘能力で創価学会に殴りこみに行ったことがある。

whois情報によるとwww.hyde156cm.comの管理者であるが、2007年4月現在、当該ページは公開されていない。

Hydeは156cmであると同時に5.5頭身であるという事実も分かっている。外部ページの資料によると、155~160cmの男性の場合はおおむね6.5頭身から6.7頭身くらいが普通なのに対し、なんとHydeは5.5頭身である。つまりHydeは身長が低い割に頭が結構長い(でかい)ことが分かる

ちんぽの長さは156mmと言われていて意外と長い。

MEWというデンマーク出身のバンドが、この人物をモチーフに作った楽曲「156」を製作している。1stアルバムに収録。


発言[編集]

ファイル:Hyde5.5.jpg
Hydeは156cmで5.5頭身
ファイル:Hyde in culdcept2.png
カルドセプトの世界でのhyde。強力なカードの一枚とされる。
  • 「デビュー前も、デビュー後も、誰かを見下した事なんて一度もないよ。」
    ~ トップアーティストとしての心構え について、hyde
  • 「決して立ち止まったりはしない。死ぬまで成長し続けるアーティストでありたい。」
    ~ 今後の活動 について、hyde
  • 「俺は誰よりもあいつの事を愛していた。でもあいつは、そんな俺の事を裏切ったんだ。
    だけど俺は、これからもずっとあいつの事を愛し続けるだろうな。バカみたいかもしれないけどさ。」
    ~ 牛乳 について、hyde
  • 「悪かったな。調子に乗って」
    ~ サントリーBOSS について、hyde
  • 「Hydeはあたしの物よ。でも、見下してキスするのはちょっと気が引けるわね。」
    ~ Hydeの愛人 について、希里亜
  • 「俺はどこまででも上に行きたい。チェホンマンのような魂を持って。」
    ~ 整骨院の医者 について、hyde

関連項目[編集]