西村眞悟

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

西村 眞悟(にしむら しんご、1948年7月7日 ‐ )は、元弁護士(大阪弁護士会に所属していた)、衆議院議員(5期)。


経歴[編集]

人物像[編集]

  • 親台派金美齢と深い交友関係にある。
  • 戸塚宏脳幹論に賛同し、戸塚ヨットスクールを支援する会の発起人。
  • 弁護士としては上海列車事故の遺族側弁護団の一員として現地調査に参加。
  • ビートたけしのTVタックル」や「たかじんのそこまで言って委員会」などのテレビ番組の出演も多かった。日本文化チャンネル桜スカイパーフェクTV!767ch)の番組『西村眞悟の「眞悟十番勝負!」』にも出演。
  • 2003年、テロ団体「建国義勇軍」のメンバーが在籍していた「日本人の会」の名誉顧問となっていた事が分かり物議を醸す。「月刊刀剣・ナイフ情報」には、旅館の宴会場で行われた「日本人の会」の宴会で挨拶をする西村本人の写真が掲載されていた。
  • 2002年情報プレゼンター とくダネ!に出演していた際に「日本人はランボーの気概で臨まなあかん。」とシルベスター・スタローンの映画のヒーローになぞらえて持論の再軍備・北朝鮮侵攻を展開していた。これに対してレギュラーコメンテーターのデーブ・スペクターからは「あなたのほうがランボー(乱暴)だよ。」と駄洒落で噛み付かれていた。
  • アメリカの強い姿勢を良しとする一方で、核武装議論の必要性を示唆し、「現行憲法はアメリカに押し付けられたもので、大変迷惑」と発言。
  • 1999年に朝まで生テレビ!に出演していた際、自身の信条を指摘した司会の田原総一朗を批判した。
  • 2002年6月放送の朝まで生テレビ!にて、議論の途中で唐突に、出席者の一人である日本共産党所属の国会議員穀田恵二に対し、「共産主義者は母国が日本じゃない」と指摘。
  • 全国犯罪被害者の会幹事・本村洋を支援している。
  • 2004年2月25日に議員連盟「教育基本法改正促進委員会」設立総会のあいさつで「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す。お国のために命をささげた人があって、今ここに祖国があるということを子ども達に教える。これに尽きる」と発言した。
  • 2005年その時の代表であった岡田克也を快く思っていなかったらしく、小泉首相の靖国参拝を批判する質問をした際、それを中華人民共和国寄りの発言として「中国(中華人民共和国)の代弁者をした奴が総理になれるはずが無い!! あんな奴はスーパーマーケットを経営しとったらええねん!!」と批判した(岡田はイオングループの御曹司である)。
  • 維新政党・新風の党友でもある。
  • 民主化要求を弾圧する軍事独裁政権として欧米から批判を受けているミャンマーと関係が深い。日本・ミャンマー友好議員連盟の幹事長を務めている。
  • 日本人の武器所持合法化を促すかのような答弁を国会で行い、話題を呼んだことがある。[2]
  • 2007年6月の米下院121号決議(従軍慰安婦問題について責任を認め、謝罪することを日本政府に要求する決議)に対する抗議賛同の国会議員として名を連ねる。

年譜[編集]

  • 1948年7月7日 - 大阪府堺市に生まれる
  • 1976年 - 京都大学法学部卒業
  • 1982年 - 司法試験合格
  • 1996年 - 予算委員会にて初めて実名で拉致問題を取り上げる。
  • 1997年5月6日 - 「日本固有の領土である」として、尖閣諸島魚釣島に仲間3人と視察を行う。
  • 2005年11月 - 弁護士資格の名義貸しが発覚し逮捕、民主党からも除籍。2007年9月に執行猶予付き有罪判決で法曹資格取り消し。
  • 2006年9月 - 衆議院にて議員辞職勧告が決議されるが「拉致事件解決に力を注ぐのが自分の任務」と無視。
  • 2008年1月9日 - 長男が議員宿舎から転落死と報道された。

現在国会では安全保障委員。

一族[編集]

家庭・親族[編集]

文献[編集]

著書[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 37期、同期に稲田朋美
  2. 第154回国会 法務委員会 第16号(平成14年6月5日(水曜日))

外部リンク[編集]


極右七奉行
メンバー : 三島由紀夫 | 西村眞悟 | 戸塚宏 | 小村基 | 本村洋 | 野田憲太郎 | 桜井誠
オブザーバー : 松葉裕子 | 水戸健二
主な事件 : よど号ハイジャック事件 | 三島事件 | 光母子殺人事件
関連項目 : 楯の会 | 戸塚ヨットスクール | 大阪市立桜宮高等学校 | 行動する保守 | 右翼 | 極右七奉行(カテゴリ)
{{{group5}}} : {{{list5}}}
{{{group6}}} : {{{list6}}}
{{{group7}}} : {{{list7}}}
{{{group8}}} : {{{list8}}}
{{{group9}}} : {{{list9}}}
{{{group10}}} : {{{list10}}}