大村益次郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
大村益次郎(エドアルド・キヨッソーネ画)

大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政7年5月3日1824年5月30日) - 明治2年11月5日1869年12月7日))は、幕末期の長州藩(現・山口県)の医師、西洋学者、兵学者

長州征討戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。幼名は宗太郎、通称は蔵六、良庵(または亮庵)。は永敏。位階は贈従三位、後に従二位。家紋丸に桔梗

生涯[編集]

村医[編集]

周防国吉敷郡鋳銭司村(すぜんじ)字大村(現・山口県山口市鋳銭司)に村医の村田孝益と妻うめの長男として生まれる。天保13年(1842年)、防府の梅田幽斎に医学蘭学を学び、翌年4月梅田の勧めで豊後国日田広瀬淡窓の門下となり、1844年6月まで学ぶ。弘化3年(1846年)、大坂に出て緒方洪庵適塾で学ぶ。適塾在籍の間に長崎で1年間遊学し、その後適塾の塾頭まで進んだ。

嘉永3年(1850年)、父親に請われて帰郷し、村医となって村田良庵と名乗る。翌年、隣村の農家の娘琴子と結婚した。だが口数が少なく無愛想で、村人が診てもらうと身体のしくみ等を何やら小難しい言葉でくどくどと説明したので「大坂で何の勉強したのやら」とあまり評判のよい医者ではなかったという。

講武所教授[編集]

嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国ペリー提督率いる黒船が来航するなど、蘭学者の知識が求められる時代となり、大村は伊予宇和島藩の要請で出仕する。このとき藩主伊達宗城参勤交代で不在、家老も京都へ出張中であった。宇和島藩の役人たちは、2人扶年10両という低い禄高に決めた。このあと帰ってきた家老は役人たちを叱責し、100石取の上士格御雇へ改めた。役人たちにしてみれば、高待遇との約束で来ていながら、役人に事情も説明せず汚い身なりで現れた益次郎に対して、親切心をもってした待遇であったらしい。

大村は宇和島藩で西洋兵学・蘭学の講義と翻訳を手がけ、安政元年(1854年)から翌安政2年(1855年)には長崎へ赴いて軍艦製造の研究を行った。長崎へは二宮敬作が同行し、文政年間に出島へ来航したドイツ人医師シーボルトの弟子であった敬作から、シーボルトの娘で産科修行をしていた楠本イネを紹介され蘭学を教える。イネは後年大村が襲撃された後、蘭医ボードウィンの治療方針のもとで大村を看護し、最期を看取っている。宇和島では提灯屋の嘉蔵(かぞう)(後の前原巧山)とともに洋式軍艦の雛形を製造する。ただし、わずかな差で国産初ではない(国産第1号はわずかな差で薩摩藩が先だったといわれている)。大村はこの謙虚で身分の低いほとんど無学の職人・嘉蔵の才能に驚かされたという。この頃村田蔵六と改名。

安政3年(1856年)4月、江戸に出て「鳩居堂」を開塾して蘭学・兵学・医学を教える。宇和島藩御雇の身分のまま、同時に幕府の蕃書調所教授方手伝となり、月米20人扶持・年給20両を支給される。安政4年(1857年)、幕府の講武所教授となった。万延元年(1860年)、長州藩の要請により江戸在住のまま同藩士となり、扶持は年米25俵。文久2年(1862年)、幕府から委託されて英語、数学を教えていたヘボンのもとで学んだ。

長州征討[編集]

文久3年(1863年)、へ帰国。西洋学兵学教授となり、博習堂での講義を行う。長州藩ではその風貌から「火吹き達磨」のあだ名を付けられた。このあだ名は周布政之助が付けたとも高杉晋作が付けたとも言われている。長州藩では元治元年(1864年)の第一次長州征伐の結果、幕府へ恭順し保守派が政権を握ったが、慶応元年(1865年)、高杉晋作らが馬関で挙兵して保守派を打倒、藩論を倒幕でまとめた。

高杉らは西洋式兵制を採用した奇兵隊の創設をはじめとする軍制改革に着手、大村にその指導を要請する。桂小五郎(木戸孝允)の推挙により大村は馬廻役譜代100石取の上士となり、藩命により大村益次郎永敏と改名。明倫館兵学寮総官・教授として歩・騎・砲兵士官教育を行った。大村は山口では普門寺を宿舎としていたため、普門寺塾や三兵塾と呼ばれた。大村は西洋兵術書を翻訳したばかりでなく、それを現状に即し実戦に役立つようわかりやすく書き改めた。さらにその教え方も無駄がなく的確であったという。

慶応2年(1866年)、幕府は第二次長州征伐を号令、6月に戦闘が開始される。大村は石州口方面の実戦指揮を担当する。その才能は遺憾なく発揮され、優れた戦術により幕府側をことごとく撃破し、中立的立場を取った津和野藩を通過して浜田まで進撃。浜田城を陥落させた。長州藩の旧知で蘭学者の青木周弼は大村を評して「その才知、鬼の如し」と語ったという。他の戦線でも長州藩は優勢に戦いを進め、事実上の勝利のもとに停戦した。

戊辰戦争[編集]

明治元年(1868年)2月、王政復古により成立した明治新政府の軍防事務局判事加勢として朝臣となる。4月には大坂から江戸に進駐し、江戸府判事を兼任する。彰義隊の反乱に対して討伐軍を指揮し、わずか1日でこれを鎮圧する。この上野戦争の軍議で薩摩の海江田信義と対立、西郷が仲介に入る場面があった。この席上で大村が発した「君はいくさを知らぬ」の一言に、海江田信義が尋常ではない怒りを見せたこと等が、海江田による大村暗殺関与説の根拠となっている。

同年5月、鎮台府の民政会計を任される。北関東で幕府残党勢力を鎮圧したのち、新政府軍の総司令官として東北地方、新潟で北部政府(奥羽越列藩同盟)と事実上の“南北戦争”である「東北戦争」を戦った。北部政府の盟主、仙台藩らの降伏後、明治2年(1869年)、函館五稜郭で幕府残党勢力の榎本軍も降伏し、戊辰戦争は終結した。

兵制論争[編集]

大村は戊辰戦争での功績により永世禄1500石を賜り、木戸孝允(桂小五郎)、大久保利通と並び新政府の幹部となった。大村は軍制改革の中心を担い、明治2年(1869年)6月には政府の兵制会議で大久保らと旧征討軍の処理と中央軍隊の建設方法について論争を展開している。兵制会議は6月21日から25日にかけて開催された。そこで、藩兵に依拠しない形での政府直属軍隊の創設を図る大村らと、鹿児島(薩摩)・山口(長州)・高知(土佐)藩兵を主体にした中央軍隊を編成しようとする大久保らとの間で激論が闘わされた。

この兵制論争中、6月21日段階での争点は、京都に駐留していた鹿児島・山口・高知藩兵の取り扱いをめぐってのものであった。大村を支持する木戸も論争に加わり彼を援護したが、23日、大久保の主張に沿った形で、京都駐留の三藩兵が「御召」 として東下することが決定され、この問題については大久保派の勝利に終わった。また23日の会議では、先の陸軍編制法の立案者であり、大久保の右腕ともいえる吉井友実も議論に加わり、今後の兵卒素材についての議論も始まった。ここでも大久保・吉井らの主張する「藩兵論」と大村や木戸が主張する「農兵論(一般徴兵論)」が激しく衝突し、議論は翌日も続いた。しかし会議の結果、兵制問題は後日改めて議論することとされ、大村の建軍プランの事実上の凍結が決定され、この日、25日まで続く兵制論争がほぼ決着した。

大村の建軍構想は、この会議の結果、ことごとく退けられることとなった。さらに25日には、大久保が大村の更迭を主張し始めている。憤懣やるかたない大村はほどなく辞表を提出したが、当時の政府内には、軍事に関して大村に代わるべき人物はなかった。そのため木戸も、二官八省への官制改革が行われる前日の7月7日に大村と面会し、彼を慰留するとともに改めて支持を約束し、軍務官を廃して新たに設置される兵部省に出仕することを求めた。その結果として、翌日大村は兵部大輔に就任することとなった。

暗殺[編集]

当時の兵部卿(兵部省の最高官)は仁和寺宮嘉彰親王であり、名目上だけの存在であった。大村は事実上、日本陸軍の建設を指導することになる。大村は戊辰戦争で参謀として活躍した「門弟」である山田顕義を兵部大丞に推薦し、彼に下士官候補の選出を委任した。山田は山口藩諸隊からを中心に約百名を選出し、9月5日からは京都に設けられた河東操練所において下士官候補の訓練を開始した。

また大村は、明治2年(1869年)6月の段階で大阪に軍務官の大阪出張所を設置していたが、9月には同じく大阪に兵部省の兵学寮を設けた。このほか京都宇治に火薬製造所を、また大阪に造兵廠大阪砲兵工廠)を建設することも決定された。このように大村が建軍の中核を東京から関西へと移転させたことについては、大阪がほぼ日本の中心に位置しており、国内の事変に対応しやすいという地理上の理由のほかに、自身の軍制改革に対する大久保派の妨害から脱するという政治的思惑によるものも大きかった。そのほか、大村が東北平定後の西南雄藩の動向を警戒し、その備えとして大阪を重視したとの証言もある。

遭難之碑(京都市)

このように着々と既成事実を構築していた明治2年(1869年)9月4日、大村は京都三条木屋町上ルの旅館で刺客に襲われ重傷を負った。兇徒が所持していた「斬奸状」は、大村襲撃の理由が彼の急進開化主義に対する強い反感にあったことを表している。辛くも一命をとりとめた大村は山口藩邸に移送され、数日間の治療を受けた後、大坂の病院に入院し蘭医ボードウィンの手術を受けるが、11月5日容態が悪化し死去した。享年46。墓所は山口市鋳銭司にあり、靖国神社にも合祀されている。明治21年(1888年)孫(養子嫡男)の大村寛人は益次郎の功により子爵を授爵、華族に列せられた。

大村の軍制構想は山田顕義船越衛曽我祐準原田一道らによってまとめられ、同年11月18日には兵部少輔久我通久と山田の連署で『兵部省軍務ノ大綱』として太政官に提出されている。大村の「農兵論」は、山田らによって、明治4年(1871年)に徴兵規則(辛未徴兵)の施行によって実行に移されるも、同規則も同年内には事実上廃棄されている。その後、兵部省・陸軍省内の主導権が山田から山縣有朋に移った後、明治6年(1873年)に国民皆兵を謳った徴兵令が制定されることとなる。

人物[編集]

  • 維新戦争後に西からの反乱(西南戦争)を予言していたとされる。西郷隆盛を全く評価していなかった1人であり(大隈重信も同様)、西郷を建武の新政で反旗を翻した足利尊氏に見立てていたという。
  • まだ若かった西園寺公望は大村に師事しており、京都にいた西園寺が大村を訪問しようとしたとき、旧友に会ったために訪問できなくなったところ、そのとき大村は刺客に襲われ、西園寺は巻き込まれずに済んだといわれている。
  • 日本初の軍歌行進曲とされる、品川弥二郎作詞の「トコトンヤレ節」(宮さん宮さん)の作曲者とも言われている。この曲は、有栖川宮熾仁親王東征大総督に就任して京都を発った慶応4年2月頃から一斉に歌われるようになったものといわれ、歌詞を刷った刷り物も頒布されて、東征軍将兵のみならず一般民衆にも広められた。
  • 明治2年6月、戊辰戦争での朝廷方戦死者を慰霊するため、東京招魂社(後の靖国神社)の建立を献策している。

肖像[編集]

エドアルド・キヨッソーネが描いた肖像が現存する。但し、これは本人を直接見て描かれてはいない。そのため実際の顔とは似ていない可能性もある。また、写真は存在しない。

大村益次郎に関する碑や像など[編集]

大村益次郎像(靖国神社)
  • 靖国神社に大村益次郎の銅像がある(日本初の西洋式銅像)。
  • 大阪市西区江戸堀の江戸堀フコク生命ビル前に「大村益次郎先生寓地址」がある。
  • 大阪市中央区上町交差点に「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」がある。
  • 大阪市北区同心町の龍海寺に「大村兵部大輔埋腿骨之地」がある。遺言により師の緒方洪庵の側に片方の足が埋葬されている。
  • 京都府中京区木屋町に大村益次郎遭難の碑がある。
  • 生誕地の鋳銭司村には西南戦争の翌年に顕彰碑が建てられた。
  • 大村益次郎の住居跡は、宇和島市の史跡となっている。ただし、建物は現存せず、住居跡を示す看板のみが置かれている。

大村益次郎の登場する作品[編集]

小説
  • 花神』(司馬遼太郎)新潮文庫全3巻ほか
  • 『鬼謀の人』(『人斬り以蔵』等に収録、司馬遼太郎)新潮文庫ほか
テレビドラマ
映画
漫画
舞台

関連項目[編集]

Commons-logo.png

参考文献[編集]

伝記
  • 丹潔編『大村益次郎』(マツノ書店、1999年)
  • 糸屋寿雄『大村益次郎』(中公新書
  • 稲葉稔『大村益次郎 軍事の天才といわれた男』(PHP文庫、1998年)
史料
  • 村田峰次郎編『大村益次郎先生事蹟』(マツノ書店、2001年)
  • 内田伸編『大村益次郎文書』(マツノ書店、1977年)
  • 内田伸編『大村益次郎史料』(マツノ書店、2000年)
論文
  • 竹本知行「大村益次郎の建軍構想-『一新之名義』と仏式兵制との関連を中心に-」(『軍事史学』第42巻第1号、2006年)
  • 竹本知行「大村益次郎の遺策の展開-大阪兵学寮の創業-」(『同志社法学』第59巻第2号、2007年)

外部リンク[編集]