マシュー・ペリー

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

この記事から呼び出されているテンプレート「Template:Otheruses」は使用不能になりました。このテンプレートを用いて記述された情報についてはソースを参照してください。

マシュー・カルブレース・ペリーMatthew Calbraith Perry1794年4月10日 - 1858年3月4日)はアメリカ海軍軍人である。エリー湖の戦いにおけるアメリカ海軍の英雄であるオリバー・ハザード・ペリーの弟。日本の江戸時代に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国させたことで知られる。日本語名は「彼理」。

来航当時の幕府はオランダ語通訳を使用していたため、当時の文書にはオランダ風発音の「ペルリ」で表記された。

経歴[編集]

ロードアイランド州ニューポートでアメリカ海軍私掠船長のクリストファー・レイモンドとセーラ・ペリーとの間に三男として生まれる。兄はクリストファー・レイモンド・ペリー、オリバー・ハザード・ペリー1809年に自身も海軍に入り、1812年からの米英戦争に2人の兄とともに参加する。1833年ブルックリン海軍工廠の造船所長となり、1837年アメリカ海軍最初の蒸気船フルトン号を建造する。同年海軍大佐に昇進し、1841年には同海軍工廠の司令官となった。蒸気船を主力とする海軍の強化策を進めると共に士官教育にあたり、蒸気船海軍の父とたたえられた。

1852年3月に東インド艦隊司令長官に就任、日本開国の指令(ただし発砲は禁止された)を与えられた。同年11月、アメリカ大統領ミラード・フィルモアの親書を持ってバージニア州ノーフォークを出航した。フリゲートミシシッピ号を旗艦とした4隻の艦隊はカナリア諸島ケープタウンシンガポール香港上海沖縄(琉球)小笠原諸島を経由し1853年7月8日嘉永6年6月3日)、浦賀に入港した。7月14日6月9日)、幕府側が指定した久里浜に護衛を引き連れ上陸、日本の江戸幕府戸田氏栄井戸弘道にフィルモア大統領の親書を手渡した。ここでは具体的な協議は執り行われず開国の要求をしたのみで湾を何日か測量したのち、幕府から翌年までの猶予を求められ食料など艦隊の事情もあり琉球王国へ寄港した。

太平天国の乱がおこり米国での極東事情がうつろうなか1854年2月13日(嘉永7年1月16日)に旗艦サスケハナ号など7隻の軍艦を率いて現在の横浜市金沢区の沖に迫り条約締結を求め、3月31日3月3日)に神奈川で日米和親条約を調印した。詳しくは黒船来航参照。

帰国した後は遠征記などを記す。晩年はを着用していた。1858年3月4日、ニューヨークで死去。64歳だった。墓所はロードアイランド州アイランド墓地にある。

日本人に赤鬼(天狗)と呼ばれていたのは当時アルコール中毒だったからだという。

ペリーは浦賀来航の際に幕府に旗を2本贈っているが、旗の種類及び贈った目的は不明。高麗環文書では「開国か降伏か」を迫る文書を同時に渡したとされているが同文書に記載された内容は当時の状況と矛盾する点が多く、日本史の専門家からは一部の人を除き偽書と判断されている。ただし、ペリーの交渉態度が高圧的かつ恫喝的であり砲艦外交と呼ぶことには異論は無いとされる。またペリーはこの時オランダに対抗心を燃やしていたといわれている。2007年に発見された1858年8月3日付けのドッピン海軍長官あての手紙によると当時、アメリカ政府はオランダに対しベリーに協力するよう要請していたが、「気まぐれな幕府の暴政に対して逆らわずはいはいと従っているオランダの態度を見ると、信用できるはずも無い」「もし長崎へ行っていたら、幕府はオランダ人たちを顧問団の一員に加えていただろう。一度それを認めてしまえば、二度とオランダの影響から逃げられなかったのかもしれない」等とその手紙で指摘している。

ペリー上陸の地である神奈川県横須賀市久里浜には「上陸記念碑」と「ペリー記念館」が建てられている。洋上でのペリーは大変家族思いで、子供たちが兄弟ケンカをしないよう強く戒める手紙を書き残している。

ペリー艦隊[編集]

1853年7月8日(嘉永6年6月3日)に日本の江戸湾の浦賀沖に姿を現したペリー率いるアメリカ東インド艦隊の4隻の軍艦。日本人はこれを「黒船」と呼んだ。

著作[編集]

  • 『日本遠征記』土屋喬雄、玉城肇訳 岩波文庫 (原著は『Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan.』 1856年 アメリカ合衆国第33議会第2会期中特殊刊行物第97)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

このページはWikipedia日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はマシュー・ペリーにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。