ライト級

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
事故によるブランクを含めると約7年半にわたるプロボクシング人生の全27試合において全てをKOで勝利し、スーパーフェザー級・ライト級で2階級制覇を達成したエドウィン・バレロ(2009年撮影)

ライト級(英:lightweight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。読んで字の如く「軽量」。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、130〜135ポンド(59.0〜61.2kg)である。 スーパーフェザー級スーパーライト級の間の階級で、全17階級中、ちょうど真ん中である。

アマチュアボクシングでは、125〜132ポンド(57〜60kg)である。

1886年創設。ヘビー級に次いで2番目に古い階級。

日本人として初めて同級王座を獲得したのはWBCのガッツ石松(1974年4月11日〜1976年5月8日)。この階級の日本ジム所属最新世界王者は、WBAの小堀佑介(角海老宝石 2008年5月19日〜2009年1月3日)。

エドウィン・バレロが2つ目のタイトルを奪取した階級でもあった。バレロは返上を申し出ても休養王座のポジションを与えられたため、WBC世界ライト級タイトルを保持したまま死去した。

荒川対フィゲロア戦は2013年夏だけでもショータイムで3度再放送され、翌年3月4日にはCBSスポーツネットワークでも放送。荒川とフィゲロアは全米のボクシングファンをを熱狂させた。詳しくは別サイトを参照。評価についてはこちらに別記

関連リンク[編集]

ボクシングの体重別階級
プロ ヘビー級 - クルーザー級 -25- ライトヘビー級 -7- スーパーミドル級 -8- ミドル級 -6- スーパーウェルター級 -7- ウェルター級 -7- スーパーライト級 -5- ライト級 -5- スーパーフェザー級 -4- フェザー級 -4- スーパーバンタム級 -4- バンタム級 -3- スーパーフライ級 -3- フライ級 -4- ライトフライ級 -3- ミニマム級(ミニフライ級) - アトム級 ※階級間の数字はリミットの重量差(単位:ポンド)
アマチュア スーパーヘビー級 - ヘビー級 - ライトヘビー級 - ミドル級 - ウェルター級 - ライトウェルター級 - ライト級 - バンタム級 - フライ級 - ライトフライ級 - ピン級

総合格闘技[編集]

ネバダ州アスレチック・コミッションでは145〜155ポンド(65.8〜70.3kg)と規定している。

PRIDEでは、73kgであった。戦極・DREAMでは、70kgと規定している。

[[Category:ボクシング関連のスタブ項目{{#if:||{{{1}}}}}]]