ジョン・フォスター・ダレス

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
{{#if:|の政治家}}
ジョン・フォスター・ダレス{{#if:John Foster Dulles|
John Foster Dulles}}
{{#if:JohnFosterDulles.jpeg|ジョン・フォスター・ダレス
{{#if:|}}}}
生年月日 1888年2月25日
出生地 ワシントンD.C.
没年月日 1959年5月24日
死没地 ワシントンD.C.
出身校 プリンストン大学
ジョージ・ワシントン大学
前職
現職 {{{現職}}}
所属政党 共和党
称号・勲章
世襲の有無
親族(政治家) アレン・ウェルシュ・ダレス(弟)
配偶者
サイン [[画像:|128px]]}}
公式サイト [{{{ウェブサイト}}}{{#if:|{{{サイトタイトル}}}}}]}}
{{#if:第52代国務長官|{{#if:USA|アメリカ合衆国の旗}}{{#if:第52代国務長官|第52代国務長官}}}}
内閣 {{{内閣}}}
選挙区 {{{選挙区}}}
当選回数 {{{当選回数}}}
就任日 1953年1月21日
退任日 1959年4月22日
退任理由 病気により
所属委員会 {{{所属委員会}}}
議員会館 {{{議員会館}}}
元首 ({{{元首職}}})
{{#if:|{{{元首}}}}}}}
{{#if:|{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗2}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗2}}}}}の旗]]}}{{#if:|{{{職名2}}}}}}}
内閣 {{{内閣2}}}
選挙区 {{{選挙区2}}}
当選回数 {{{当選回数2}}}
就任日 {{{就任日2}}}
退任日 {{{退任日2}}}
退任理由 {{{退任理由2}}}
元首 ({{{元首職2}}})
{{#if:|{{{元首2}}}}}}}
{{#if:|{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗3}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗3}}}}}の旗]]}}{{#if:|{{{職名3}}}}}}}
内閣 {{{内閣3}}}
選挙区 {{{選挙区3}}}
当選回数 {{{当選回数3}}}
就任日 {{{就任日3}}}
退任日 {{{退任日3}}}
退任理由 {{{退任理由3}}}
元首 ({{{元首職3}}})
{{#if:|{{{元首3}}}}}}}
{{#if:|{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗4}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗4}}}}}の旗]]}}{{#if:|{{{職名4}}}}}}}
内閣 {{{内閣4}}}
選挙区 {{{選挙区4}}}
当選回数 {{{当選回数4}}}
就任日 {{{就任日4}}}
退任日 {{{退任日4}}}
退任理由 {{{退任理由4}}}
元首 ({{{元首職4}}})
{{#if:|{{{元首4}}}}}}}
{{#if:|{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗5}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗5}}}}}の旗]]}}{{#if:|{{{職名5}}}}}}}
内閣 {{{内閣5}}}
選挙区 {{{選挙区5}}}
当選回数 {{{当選回数5}}}
就任日 {{{就任日5}}}
退任日 {{{退任日5}}}
退任理由 {{{退任理由5}}}
元首 ({{{元首職5}}})
{{#if:|{{{元首5}}}}}}}
その他の職歴
{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗6}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗6}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴1}}}
({{{就任日6}}} - {{{退任日6}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗7}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗7}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴2}}}
({{{就任日7}}} - {{{退任日7}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗8}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗8}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴3}}}
({{{就任日8}}} - {{{退任日8}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗9}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗9}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴4}}}
({{{就任日9}}} - {{{退任日9}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗10}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗10}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴5}}}
({{{就任日10}}} - {{{退任日10}}})}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}
その他の職歴
{{#if:|[[File:{{country flag alias {{{国旗11}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗11}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴6}}}
({{{就任日11}}} - {{{退任日11}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗12}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗12}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴7}}}
({{{就任日12}}} - {{{退任日12}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗13}}} }}|30px|{{country alias {{{国旗13}}} }}の旗]] {{#if:|{{{その他職歴8}}}
({{{就任日13}}} - {{{退任日13}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗14}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗14}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴9}}}
({{{就任日14}}} - {{{退任日14}}}){{#if:|
[[File:{{country flag alias {{{国旗15}}}}}|30px|{{country alias {{{国旗15}}}}}の旗]]{{#if:|{{{その他職歴10}}}
({{{就任日15}}} - {{{退任日15}}})}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}

ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下の国務長官を務めた。

彼は反共産主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。彼はインドシナベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年ジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。サンフランシスコ講和条約発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレス親父」の意向は無視できないものがあった。

アイゼンハワー政権でアメリカ中央情報局長官を務めたアレン・ウェルシュ・ダレスは弟。

経歴[編集]

ジョン・フォスター・ダレスは長老教会の牧師の息子としてワシントンD.C.で生まれ、ニューヨークの公立学校に入学した。プリンストン大学ジョージ・ワシントン大学を卒業した後、彼はニューヨークのサリヴァン・アンド・クロムウエル法律事務所に加わった。彼はそこで国際法を専門とした。第一次世界大戦中には陸軍へ志願したが、弱視のため入隊は拒絶された。

ダレスは1944年共和党大統領候補トーマス・E・デューイの親しい友人であった。選挙期間中ダレスはデューイの外交政策アドバイザーを務めた。

1945年にダレスはアーサー・H・ヴァンデンバーグのアドバイザーとしてサンフランシスコ会議に参加し、国連憲章前文の作成を支援した。彼は続く1946年1947年および1950年にアメリカ代表として国連総会に出席した。ダレスは、民主党上院議員ロバート・F・ヴァーグナーの辞職による空席に対する補欠選挙に共和党から出馬、当選し1949年7月7日にアメリカ上院議員に就任した。ダレスは1949年7月7日から1949年11月8日まで上院議員を務めた。1949年の選挙でダレスは民主党のハーバート・レーマンに敗北、落選した。

1950年にダレスはアメリカ合衆国の外交政策を分析した『War or Peace』を出版し、それはワシントンで外交担当高官の多くに支持された。彼はハリー・S・トルーマンの外交政策を「封じ込め」が「解放」にすり替えられると批判した。しかしながら彼は1951年のサンフランシスコ平和条約で、朝鮮戦争の間の中華民国に対する中立を保つというトルーマンの政策を実行した。ドワイト・D・アイゼンハワーが1953年1月に大統領になった時、彼は国務長官としてダレスを任命した。

1956年8月19日に、ダレスはロンドンにおいて日本の重光葵外相と会談を行い、重光に対して北方領土択捉島国後島の領有権を主張するよう強く要求し、二島返還での妥結をするならば、沖縄の返還は無いと指摘して、日本側に圧力を加えた。

ダレスは1956年の英仏軍のエジプト侵攻に強く反対した一方で、1958年までにはナセル大統領と敵対するようになり、アメリカのナセルに対する武器供与を停止させた。この決定でソ連中東に対する影響力を獲得し、政策は裏目に出た。

ダレスの体はに蝕まれ、1959年4月に彼は国務長官を辞任した。彼は1959年5月24日ワシントンD.C.で死去した。

ダレスに由来する事物[編集]

関連項目[編集]

ワシントン空港に到着、出迎えのダレス米国務長官と握手する藤山愛一郎外相。1958年9月10日 米国・ワシントンDC


議会
{{#if:|{{{beforetitle}}}|先代}}:
ロバート・F・ワーグナー{{#if:|
{{{beforenote}}}}}
ニューヨーク州選出上院議員(第3部){{#if:|
{{{titlenote}}}}}
1949年7月7日 - 1949年11月8日
{{#if:|{{{aftertitle}}}|次代}}:
ハーバート・H・リーマン{{#if:|
{{{afternote}}}}}
官職
{{#if:|{{{beforetitle}}}|先代}}:
ディーン・アチソン{{#if:|
{{{beforenote}}}}}
アメリカ合衆国国務長官{{#if:|
{{{titlenote}}}}}
1953年1月21日 - 1959年4月22日
{{#if:|{{{aftertitle}}}|次代}}:
クリスチャン・ハーター{{#if:|
{{{afternote}}}}}