グローバル・スプリント・チャレンジ

提供:Yourpedia
移動: 案内, 検索

グローバル・スプリント・チャレンジGlobal Sprint Challenge)とは2005年から施行されている1200m前後の競走の競馬の国際競走シリーズである。

目次

[編集] 概要

オーストラリアイギリス日本香港シンガポールの5ヶ国の競馬団体が主催するもので各国のスプリント重賞競走をポイント制によって争い9競走の終了時点の最高ポイント獲得馬(但し(所属地域を除く)3ヶ国以上出走して42ポイント以上を獲得した最高ポイント獲得馬)が総合優勝となる。

2005年の第1回は6競走で行われ、香港ケープオブグッドホープ(Cape of Good Hope)が56ポイントを獲得して初代シリーズ優勝馬に輝いた。2006年の第2回は香港スプリントが加わり7競走となり、オーストラリアテイクオーバーターゲット(Takeover Target)が53ポイントを獲得しシリーズ優勝を成し遂げた。2008年の第4回はオーストラリアステークスが対象競走から外れ、新たにジュライカップとパティナックファームクラシック(現在のスプリントクラシック)が加わり8競走となった。2011年からはセントウルステークスが対象競走から外れて入れ替わりに高松宮記念が加わる。さらにシンガポールの参加によりクリスフライヤーインターナショナルスプリントが新たに加わり、全9競走が対象となった[1]。また、上記の変更により対象競走がすべてGI競走となった。2012年にはアラブ首長国連邦の参加によりドバイゴールデンシャヒーンが新たに加わった。

[編集] シリーズ対象競走

競走名 格付 開催国・地域 施行競馬場 施行コース
第1戦 ブラックキャビアライトニング G1 オーストラリア フレミントン競馬場 1000m
第2戦 高松宮記念 GI 日本 中京競馬場 芝1200m
第3戦 ドバイゴールデンシャヒーン G1 アラブ首長国連邦 メイダン競馬場 AW1200m
第4戦 クリスフライヤーインターナショナルスプリント GI シンガポール クランジ競馬場 芝1200m
第5戦 キングズスタンドステークス G1 イギリス アスコット競馬場 芝直線5f
第6戦 ダイヤモンドジュビリーステークス G1 イギリス アスコット競馬場 芝直線6f
第7戦 ジュライカップ G1 イギリス ニューマーケット競馬場 芝直線6f
第8戦 スプリンターズステークス GI 日本 中山競馬場 芝1200m
第9戦 スプリントクラシック G1 オーストラリア フレミントン競馬場 芝1200m
第10戦 香港スプリント G1 香港 沙田競馬場 芝1200m

[編集] ポイントシステム

[編集] 優勝賞品

[編集] 歴代シリーズ優勝馬

施行年 優勝馬 ポイント 性齢 ライトニングS オーストラリアS キングズスタンドS GジュビリーS セントウルS スプリンターズS パティナックFK 香港スプリント
2005年 Cape of Good Hope 54Pt 騸7 3着 1着 4着 1着 不出走 11着 対象外 対象外
2006年 Takeover Target 53Pt 騸7 1着 不出走 1着 3着 2着 1着 対象外 不出走
2007年 該当馬なし
2008年 該当馬なし
2009年 該当馬なし
2010年 該当馬なし

[編集] 注釈

  1. 2011年グローバルスプリントチャレンジのお知らせ - JRA公式サイト 2010年12月10日

[編集] 外部リンク

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事、画像はグローバル・スプリント・チャレンジにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。Yourpediaと同じくWikipediaGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス