陰茎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ウマの陰茎
アジアゾウの陰茎
アフリカゾウの陰茎
アフリカゾウの肛門と陰茎

陰茎いんけい)は、ペニスPenis)ともいい、体内受精をする動物のにあって、体から突出しているか、あるいは突出させることができる器官である。精子の体内に直接送りこむ際に、これを雌の生殖器に挿入するのに用いられる性器(交接器)である。雄の生殖器、特に外性器のうちのひとつ。また、哺乳類では泌尿器を兼ね、睾丸の上部から突き出ている。 俗称はちんちん等。

ヒトの陰茎[編集]

ファイル:Maleana int.png
男性生殖器解剖図
1.膀胱
2.恥骨
3.陰茎
4.陰茎海綿体
5.亀頭
6.包皮
7.尿道口
8.S状結腸
9.直腸
10.精嚢
11.射精管
12.前立腺
13.尿道球線
14.肛門
15.精管
16.精巣上体
17.精巣
18.陰嚢

哺乳類の陰茎には、尿道が通っているのが特徴である。尿道には、精子を含む精液と、尿との両方が流れる。したがって、陰茎は、性器であると同時に泌尿器の働きももっている。陰茎は、性行為の際に海綿体が充血して勃起することで女性器)に挿入可能な硬さを持つようになる。ヒトの陰茎には陰茎骨がない。

俗称として【ちんちん】【ちんぼこ(ぼこちん)】【ちんこ】【ちんぽ】【ぽこちん(ちんぽこ)】がある(カタカナ書きすること有り)。これらの俗称に関してはおちんちんの項を参照。また、隠語としては【マラ(摩羅)】【竿(肉竿)】【肉棒】【刀】などがある。

構造と機能[編集]

陰茎は、平時は左右のの間の前方に懸垂する柔軟な器官であり排尿に用いられ、また勃起すると棒状になり前方に突出し精液を射出する器官でもある。乳幼児の頃は2~3センチ程だが、20歳くらいまでには平常時8センチ程まで、勃起時13センチ程まで成長する。また幼少期の頃は、人により形に違いが見られる場合があり、大きさや長さ・太さや細さ・色合いなどに、個人差や人種差も認められる。

一般に、「日本人は大きくは無いが固い」や「白人は長いが柔らかい」のほか「黒人は長い」などの風説も見られるが、その例に沿わないケースも見られない訳ではない。いずれも性的に成熟し勃起をすれば、年齢によらず性交が可能となる(ただし加齢と共に、射精に至れるかどうかで個人差も見られる)。

概ね小学校高学年を過ぎた頃(思春期)から、陰茎の基部などその周囲に陰毛が生え始める。

海綿体[編集]

陰茎の内部には、左右1対の陰茎海綿体と、その下側にあり中に尿道が通る尿道海綿体の、計3本の海綿体が通っている。海綿体は、陰茎の根元から先端まで続いており、また根元では会陰部へも伸びている。海綿体の内部は、蛇行する静脈洞が密集してスポンジ状になっていて、そこには陰茎深動脈から血液が運ばれる。

性的に興奮すると、副交感神経を通じて血流が調節され、この静脈洞に血液が貯留され、静脈を介して流れ出しにくくなる。これにより、海綿体は血液が満ちて大きく膨張して硬くなる。したがって、陰茎全体も硬く大きくなる。これを陰茎の勃起と呼ぶ。

亀頭[編集]

勃起時に最も硬くなるのは陰茎海綿体で、陰茎の硬さの元になっている。尿道海綿体はずっと柔らかい。尿道海綿体は、陰茎の先端部付近では陰茎の外周よりも太くなり、亀頭を構成する。亀頭では、海綿体が皮膚のすぐ内側にまで存在している。亀頭部の皮膚はそれ以外よりもずっと薄くなっている。亀頭の皮膚、皮下には、感覚受容器が発達しており、性行為の際の摩擦に特に敏感である。

亀頭以外の陰茎の皮膚は内部の組織と結合しておらず、容易に前後に移動することができる。皮膚が余分な長さを持ち移動が可能なことにより性交の際の前後運動を潤滑に行うことができる。この余分な長さの皮膚は平常時にはひだを作り亀頭冠の上部にとどまるか、亀頭を覆う包皮となる。

包皮[編集]

ファイル:A Foreskin Retraction Series.JPG
いわゆる仮性は包皮に余裕があり、勃起時には外部からの軽い力で容易に反転する。単に勃起するだけでも反転する場合もある。
ファイル:Phair.jpg
平常時でも亀頭が露出している陰茎

器官の発生過程において、亀頭と包皮は表皮が繋がっており、発育と共に亀頭と包皮は分離する。分離がすべて終わって、包皮を反転し亀頭を全露出することが可能になる時期は、誕生期から思春期の終わりまで、個体によって非常に大きな差がある。ヒトにおいて統計的には、半数が約10歳までに包皮を反転可能になり、残り半数は思春期の終わりまでに反転可能になることが知られている。(割礼を参照)

尿道[編集]

尿道海綿体を通る尿道は、亀頭の下側を通り、陰茎の先端に達し、そこで体外とつながる(外尿道口)。尿道は骨盤内部で膀胱に接続されている。膀胱にたまっている尿は、尿道を通り、陰茎の先端から体外へ排泄される。

一方、精子の通り道は、精管の端の射精管が尿道に、膀胱を出たばかりの場所で接続されており、ここで尿道に合流する。この部位の尿道は、前立腺の中を貫通している。前立腺は、もうひとつの分泌線である精嚢と同様、精液の成分のほとんどを分泌する腺で、尿道を通る際に精液が精子と混ぜ合わされてから体外に射出される。

尿の排泄は、膀胱の壁の筋の収縮によって起こる。精液の射出は、射精管、前立腺の壁の筋の収縮によって起こる。いずれも、これらを下腹部に力を入れて我慢する際には、陰茎よりも上流(内部)に相当する部位(尿生殖隔膜部)の尿道にある尿道括約筋を収縮させることで行われる。

勃起時には尿の排泄が困難となり、さらに射精が近づくと尿の排泄が不可能となるばかりでなく尿意も感じなくなり、尿道は精液の専用通路に切り替わる。性交時に膣内に排尿することがないのは、このような理由によるものである。

陰茎のサイズ[編集]

詳細は ヒトの陰茎のサイズ を参照

ヒトの陰茎の大きさは個人によって様々である。陰茎の平均は、通常時8cm、勃起時13cm程度と考えられているが、確実な研究や調査は十分に成されていない。医学的にはマイクロペニス(5cm未満)でなければ、特に支障無くセックスすることが出来るとされる。

なお、アメリカ合衆国、ドイツ、スペイン、フランス、日本、ブラジル、イタリア、 べネズエラ、メキシコ、ギリシャ、インド、サウジアラビア、チリ、コロンビア、韓国の15ヶ国の各国男性のペニスの平均サイズが調査されており、結果は以下の通りである。[2]

「巨根」や「短小」などをテーマとした性的情報(ポルノなど)もみられ、自分の陰茎の大きさについて心配する人が増えている。しかし、人それぞれ指の長さが違うように、長さに違いがあるのは当然であり、心配する必要はない。いわゆる性的ファンタジーの中には、極端な大きさを描くものもあるほか、個人差によっては極端な大きさの者もおり、グリゴリー・ラスプーチン道鏡のように伝説[1]にまでなった者もいないではないが、こういった大きさは生殖の機能や男性としての魅力に影響しないのは、自然選択説のうえで人類の全てが巨根でないことを持って証明可能な自明の理である。

ヒト以外の陰茎[編集]

備考:アイスランドには「アイスランド陰茎博物館[2]」という規模こそ小さいが、世界でも類を見ない陰茎のみをテーマにした博物館がある。同館の標本・陰茎の剥製コレクションは、アイスランドの陸海に住むほとんどの哺乳類を網羅し、なかでも23種の鯨のペニスを並べて示すという世界でも珍しい展示物がある。なお現在のところ、ヒトの標本の展示は無いが献体の予約はされており、法的誓約書の取り交わしがあるという。

陰茎の病症[編集]

勃起不全[編集]

詳細は 勃起不全 を参照

ドイツ語でインポテンツ(Impotenz インポ)。近年ではED (erectile dysfunction) とも呼ばれる。陰茎の勃起は、副交感神経に依存しており、末梢神経障害、心因性、脊髄損傷などで十分な勃起が起きなくなることがある。この勃起機能の低下を勃起不全という。ストレスなどで一時的に陥ることもあり、また糖尿病など特定の病気によってや、年齢を重ねるに従い勃起不全となる率も高くなる(バイアグラを参照)。40歳を過ぎると半数以上が勃起不全になると推定されている。また、まれに性的なことで勃起せず、それ以外の刺激で勃起する者もいるが、原因不明で、まれに見られることがある。

勃起不全に関しては男性の自尊心を傷付けたり劣等感を煽る、あるいは男性としての存在意義的な自信喪失といった問題にも繋がりかねず、古くより精力剤のような勃起能力を高めると称した薬剤も古今東西に散見され、最近は巷で三便宝なる薬も売られているが、その安全性は確かでない。こういった薬剤の中には有害性を指摘されているものも見られ、先に挙げたバイアグラのような勃起不全治療薬も、ニトログリセリンなど硝酸塩系薬剤との併用で重大な副作用を招くことが知られている。

包茎[編集]

ファイル:Phimosis.jpg
真性包茎は包皮に余裕がなく、途中で引っ掛かってしまう。無理にひっぱると、包皮が突っ張り痛みを生じる。極度の包茎では、単に勃起するだけでも包皮が無理に引き伸ばされ、痛みを生じる。

ヒト成人の亀頭を包む包皮が、勃起時に容易に亀頭の根元まで反転できない場合を包茎 (phimosis・特に真性包茎とも) と言う。それ自体は病気ではなく、感染症による亀頭と包皮の癒着や、無理な力で反転された包皮の傷跡の硬化などによる、一種の後遺症と考えられている。ただし動物(哺乳類)の多くでは、亀頭部分を保護する目的から、包茎ないし表皮の下に埋もれている事が常態で、勃起時にのみ突出する。シロナガスクジラの陰茎は最大で約3mの長さを持つが、これは通常の遊泳時にはS字型に表皮下に収納されており、外部に露出していない。このため性器の問題として「包茎」という場合には、主にヒト陰茎の状態を指し、それ以外の動物生殖器に関しては、余り意識して同語は用いられない。

このヒト陰茎に於いて手で容易に剥いたり戻したり出来る場合は仮性包茎といい、日本の成人では60%程度が同種の状態であるといわれている。性交するという機能面では問題とまではされないものの、不潔だとするイメージも聞かれ、当人の劣等感の元となるケースが見られる。成人の包茎(真性包茎)人口割合は約1%から2%と推定されている。どちらも基本的に勃起の妨げに成らないのであれば機能上に於いて問題無い(女性を妊娠させる事が可能)と言えるが、真性包茎の極端なケースでは、亀頭との癒着部分や先端部が無理に伸ばされる事によって、勃起時に激しく痛みを訴える人もいる。

嵌頓包茎[編集]

ファイル:Phimotic Ring 070726.jpg
伸張性に余裕の無い包皮先端に環状に皮膚静脈が圧迫される

またこの真性包茎を無理な力で包皮を反転して亀頭を露出させてしまい包皮が元に戻らなくなった状態を、嵌頓包茎(かんとんほうけい)と言う。嵌頓包茎は亀頭を鬱血させ壊死させる恐れがあるため、緊急に処置する必要がある。このように勃起するという陰茎の機能面で問題が出るケースでは、日本では外科的措置を受ける場合に於いて健康保険適用対象である。

因みに、陰茎の非勃起時に包皮が剥けても、勃起時に剥けなくなるのは包皮輪狭窄といい、嵌頓包茎とは言わないので注意が必要である。また、包皮輪狭窄は自分で包皮を広げる練習をしていれば直るので、通常の場合、手術などは必要ない。この場合、多くは真性包茎という扱いになる。

仮性包茎[編集]

ファイル:Erection Homme.jpg
亀頭が包皮に覆われた勃起前の陰茎と、勃起により亀頭が露出した陰茎

包茎ではない正常な陰茎でも非勃起時には亀頭が包皮に覆われているものもあるが、これは包茎とは別のもので、仮性包茎と呼ばれる。「仮性」は医学で使われる言葉で、ある病気・症状に似ているが起因が別であるものに付けられ、一方の真性は真症のものに付けられる言葉である。機能的には全く問題が無いことから、泌尿器科医の石川英二によれば日本以外では「仮性包茎」という認識自体が存在していないという[3]

しかし、現時点で日本国内においてこの認識は浸透しているといいがたい。「仮性」「真性」という言葉の語感からか、むしろ「仮性包茎は真性包茎と同じく異常だが、日常生活の上では問題がない程度の病状」という誤った認識が半ば常識化しているという現状がある。こうした現状を包茎手術を行う医療機関が煽っているという指摘もある(後述)。

なお、仮性包茎の男性は性交の場において女性から侮蔑されるとの俗説がある。そのためか、「包茎」は相手の男性を女性経験に乏しいものと決め付ける罵倒語として使われることがある。しかし、女性によっては「可愛い」と思われたりすることもある。多くの場合女性は拘らないようだ。

包茎コンプレックス[編集]

包茎ないし仮性包茎に関しては、一種の劣等感が存在する。こういった劣等感は陰茎自体の病気とは異なるが、これの矯正などといった業態の存在にも絡み、様々な問題を内包している。

容易に手で戻せる仮性包茎や、勃起自体には何等支障のない真性包茎の場合は、陰茎の機能を何等妨げる物では無いため、医学的にも無理に強制する必要も認められないという理由から、美容外科(美容整形)と同様に健康保険は適用されない自由治療となる。どうしても機能面で気になる場合は、きちんとした泌尿器科で相談すべきだといえよう。なお広告などで包茎(仮性包茎を含む)治療を謳っているクリニックの多くは、美容外科の一種でコンプレックス産業的な業態であるが、中には誤った情報を与えて劣等感や恐怖心を助長する悪徳商法も報告されている。詳しくは包茎手術商法を参照のこと。

なお真性包茎は包皮輪を広げることにより治療できる。ステロイド剤治療などが有効で、米国では約9割程度が同療法による効果が報告されている。

皮膚に癖をつけるため、パンツにリングがついている物や、そのままカリ下にリングをつける物、シールのような物が仮性包茎を治す道具として売られている。また、「情報」が売られていることもある。

民間療法の範疇としては、インターネット上を含め玉石混交で様々な情報が流布されている。湯船の中で行う方法では、包皮が亀頭にかぶった状態での先端部分の輪ゴムのように締まっている部分を暖めながらゆっくりと引っ張り、広げ皮を剥いた状態で締め付けたような感じが無くなるまで広げるなどという方法である。また、仮性包茎は皮を剥いた状態を維持していると治るなどという説も見られ、トイレに行った際こまめに皮を剥く癖をつけるのが一番簡単な方法であるほか、女性が髪をまとめるのに使う緩衝材のついた「ボアゴム」と呼ばれる物のサイズを調節し使う・突き指等をした時に使う医療用テープを貼る(貼り方によって重度、軽度すべてに対応できる)・輪ゴムで無理矢理皮が戻るのを防ぐ等があるが、輪ゴムは特に亀頭を壊死させる可能性が高く、やってはいけない。ボアゴムにしても、絶対に勃起したときでも余裕が持てるようなサイズにしておく必要がある。医療用テープは壊死させるおそれはないが、剥がすときはできるだけゆっくりと行うべきである。水に濡らして石鹸で洗い落とすのが望ましい。

どの場合にも言えることだが、これら民間療法は効果が保証されておらず負傷の危険性を含め自己責任である。亀頭の色が変わる・痛みがある等の症状が見られた場合は、すぐに中止して病院にいくべきだといえよう。包茎手術商法にまつわるトラブル同様、矯正リングなどによる負傷やかぶれ等といった話もインターネット上に見られる。

尿路感染症[編集]

男性は、女性に比べて陰茎のぶんだけ尿道が長く(一般的に男性は十数 cmで、女性は4 cm前後である)、また肛門から外尿道口が離れているため、女性に比較して尿路感染症にかかりにくい。しかし、高齢になると、男性も前立腺肥大のため膀胱に尿が貯留する傾向となるため尿路感染症にかかりやすくなる。また、尿道に尿をためすぎると、平たく言えば爆発が起き、死に至る場合もある。

陰茎骨折(陰茎折症)[編集]

性交中などに勃起状態の陰茎に無理な力が加わると、海綿体を包んでいる白膜が切断して陰茎が折れ曲がってしまう事があり、激しい痛みと内出血を伴う。もちろんヒトの陰茎に骨は無いが、医学的にも「骨折」と呼称されている。だが、そうすると海綿体内部の機能が十分に働かなくなる恐れがあり、無理に続けることは陰茎に大きな負担がかかる。

陰茎の文化[編集]

神事[編集]

日本の一部の神社では、五穀豊穣・子宝の神として、陰茎(ペニス)をご神体としているところがある。特に有名なのが、愛知県小牧市にある田縣神社(たがたじんじゃ)参考サイトで、毎年3月15日に行われる「豊年祭り」では、木でできた巨大な陰茎、大男茎型(おおおわせがた)を神輿に乗せて練り歩くもので、当日は外国人も含め、多くの観客が訪れるという。

関東地方では、川崎大師の近くにある「若宮八幡宮」(公式サイト)に、子宝などの象徴として陰茎が奉られている。毎年4月の第1日曜日に「かなまら祭り」として、陰茎神輿が練り歩く。近年ではエイズ除けの祭りとして国際的に知られるようになったという。詳細は若宮八幡宮 (川崎市)もあわせて参照のこと

福岡県田川郡添田町深倉峡には奇岩「男魂岩」があり対岸の「女岩」との間がしめ縄で結ばれている。11月には「男魂祭」が開かれる。参考サイト

他に男根信仰で有名な神社には、栃木県日光市金精神社和歌山県西牟婁郡白浜町歓喜神社山口県長門市俵山麻羅観音などがある。

脚注[編集]

  1. x51.org記事・ただし後世に彼の一部標本とされた贋物が出回った。
  2. The Icelandic Phallological Museum
  3. [1]

関連項目・文献[編集]

ショーン・オチンコSean Peter Ochinko, 1987年10月21日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。

2010年のシーズン閉幕時点では、MLBトロント・ブルージェイズ傘下のマイナーリーグA級ランシング・ラグナッツに所属している。

来歴[編集]

学生時代まで[編集]

1987年10月21日、メリーランド州で誕生、後にフロリダ州パークランドに移住する。ストーンマン・ダグラス高校(Stoneman Douglas High School )在学中は捕手として活躍し、2006年には「『ベースボール・アメリカ誌(Baseball America)が選ぶ2006年の高校生選手300傑』Baseball America's Top 300 High School Players of 2006 」に選定された。

奨学生として大学野球の名門ルイジアナ州立大学(LSU)に進学すると、捕手一塁手を兼任してNCAA(全米大学リーグ)に参戦し、同僚のジェレッド・ミッチェルJared Mitchell、のちの2009年MLBドラフトにおけるシカゴ・ホワイトソックス1巡目指名選手)、チャド・ジョーンズChad Jones、現NFLニューヨーク・ジャイアンツ)らと共にチームを牽引した。

テンプレート:reproductive system