おちんちん

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

おちんちん御珍々、または雄珍々と漢字で書く場合もある)とは、男性生殖器、特に陰茎部分を表現する幼児語である。同じく幼児語の同意語で、ちんこおちんこちんちんちんぽちんぼちんぽこちんぽうとも言う。このように表現する場合は、主に思春期以前の未成熟な幼児児童男性生殖器を指す場合が多い。またMTFの性同一性障害の人たちの中には、陰茎とかペニスといった言葉に嫌悪感を感じる人々も存在し、これらの言葉を回避した婉曲的な表現として「オチンチン」という表現を用いる人達もいる。

概説[編集]

通常、体の外部前面に飛び出す格好で付いている男性生殖器は、男児が日常生活において、排尿の際に頻繁に目にするものであり、また、介助無しで排尿行為を学習するためにも必要不可欠な単語でもあるため、などと同様の自分自身の体の一部の呼称として、早い段階でこの単語習得する。幼児言葉とも言われているのはそのような所以あってこそで、本来ならば猥褻な意味を有することのない、いたって健全な単語である。実際に小便小僧などの像などにおいても、殆どの人がこの表現を使用する。しかし、大抵の成人向けの作品では伏せ字にされることが多く、アダルトビデオなどの成人を対象にした性的な内容の媒体において、登場する女性自身におちんちんと言わせたがるなど、卑猥な表現のひとつとしてしばしば誤解されることも多い。

小学生を中心に未成年がふざけて使うことも多い俗語の一種であるが、近年では社会に氾濫する性的情報に対して、早い内から正しい性教育を行うことで、年々低年齢化する性風俗の乱れを正そうという動きもあり、幼児児童向けに性教育を行う場合において、ペニス等の日常においてはあまりにしない専門用語の代用として用いられる。

またそのような社会情勢に併せて、従来は禁忌のように扱われ、その扱いから不浄な物であると言う誤解や、適切な呼称が無い事から来る欠陥や欠落を連想させかねない状況を改善すべく、女性生殖器の健全な呼称として、めちんちん雌珍々と漢字で書く)という表現を定着させようと言う提案も成されているが、なかなか浸透しにくいのが現状である。

語源・漢字表記[編集]

おちんちんと同じ頻度で使われている「ちんぽ」という単語は仏教用語の「珍宝」に由来するという説がある。また、一部の辞書などには、小さいことをあらわす接頭語「ちん-」とに似た武器である(ほこ)から「ちんぼこ」となり、さらに訛って「ちんぽこ」、短縮化して「ちんぽ」となり、これが幼児語として「おちんちん」と変わったとされている。

このほか、古い中国の文字には男性器を表す「16px」や「16px」がある。「16px」は陰茎が勃起した状態を描いた象形文字であり、「16px」は小さいことや幼いことを表す「幺」(へん)を付した形声文字男児少年の性器を意味する。パンダの名前などで知られるように、中国には昔から漢字1文字で表さず、2文字熟語として音便を整える習慣があり、「16px16px」「16px16px」が日本に伝わり「ちんちん」になったとも言われる。また、宦官の切断された16px16pxを「16px宝」と呼んだことから「ちんぽう」となった。なお、「16px」と「16px」のいずれの文字も『大漢和辞典』(大修館書店)に収録されており、コンピューター上の文字セットとしては今昔文字鏡GT書体、およびTRONコードに登録されている。

その他[編集]

  • 犬の学習行動に於いても、おちんちんと言う言葉を使用する事がある。例えば、「お手」は犬から見て左前足、「お代わり」はから見て右前足を差し出す事だが、「おちんちん」は両前足を上げて立ち上がる行為の呼び方でもある。「おちんちんが見える姿勢」または「鎮座」に由来するという説がある。
  • なお、方言でお湯などが沸騰して熱くなっている様子を表す擬態語に「ちんちん」があるが、男性器とは何の関係もない。イントネーションも異なる。(おもに名古屋地方)
  • 富山県などで、正座することを、「ちんちんする(ちんちんかく)」というが、これは「鎮座」に由来する。男性器とは全く関係ない。
  • 「嫉妬、やきもち」を表す俗語でもあり、男女の仲むつまじいさまを表す「ちんちんかもかも」という言葉もある。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・おちんちんを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。