南野陽子

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

南野 陽子(みなみの ようこ、本名未詳、1967年6月23日 - )は日本のアイドル歌手女優愛称ナンノ兵庫県伊丹市出身、堀越高等学校卒業。身長161.8cm。靴のサイズは23.5cm、血液型はB型。左利き。当初はエスワン・カンパニーに所属し、後にサザンフィールド(個人事務所 “南野”の英訳)、スイートベイジルを経て現在のケイダッシュ所属に。

代表作は『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』(フジテレビ)、『はいからさんが通る』(東映)、『武田信玄』(NHK大河ドラマ)等。

略歴[編集]

アイドルとしてデビュー[編集]

兵庫県伊丹市立伊丹小学校・神戸市の私立松蔭中学校卒業。伊丹小学校時代の先輩にタレントの石田靖がいる(2年先輩)。

神戸市の私立松蔭高等学校在学中にオーディション合格。高校2年の夏に上京し、堀越高等学校に2学期より編入した。同級生に本田美奈子岡田有希子森奈みはるがいる。本田美奈子とは堀越高等学校の編入試験の時から一緒だった。

1984年日本テレビのドラマ『名門私立女子高校』でデビュー。

1985年6月に「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー、アイドル歌手としての活動も開始した。

『スケバン刑事』でブレイク[編集]

デビュー当初は全くの無名だったが地道な売り込み活動を行った結果、新人ながら青年漫画雑誌のグラビアでは異例の大量ページで取り上げられた。1986年には『スケバン刑事』(フジテレビ)シリーズ第2作『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の主役を演じ一躍ブレイクした。このドラマでの土佐訛りを交えた決まり文句「鉄仮面に顔を奪われ十と七とせ、生まれの証しさえ立たんこのあてぇ〜が(私が)何の因果かマッポ(警察)の手先。二代目スケバン刑事(デカ)麻宮サキ。おまんらみたいに、**(相手の悪事を挙げる)するやつぁ絶対に許さんぜよ!」は子供達の「○○ごっこ遊び」に反映され、中でも「おまんら許さんぜよ!」は若者の間でも流行した。またフジカラー他多数のCMキャラクターを務めたことで中高年など幅広い年代層にも認知された。

1987年楽園のDoor」でオリコンチャート第1位となる。その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などがヒットする。8曲連続オリコン1位を記録。中山美穂工藤静香浅香唯と共に、女性アイドル四天王の一人として活躍した。

1988年にはNHK大河ドラマ武田信玄』に出演。一人二役を演じる。ブロマイド年間売上成績で第1位に輝く。同年、グレナダで発行された切手の題材になる。

同年11月、「秋からも、そばにいて」がTBS系の歌番組『ザ・ベストテン』で第3位にランクインした際、歌唱中に突然、歌詞の一部を忘れてしまうハプニングに見舞われる。その後は歌いながらも緊張のあまりに手が震え、声も裏返る程であった。そして曲の終了後に彼女は「どうもすみませんでした、ごめんなさい!」と悲痛な表情で涙を浮かべ、頭を下げながら謝罪した。その数年後、想い出を振り返る『ザ・ベストテン』スペシャル版にて、当時の事を「あの瞬間に私の歌手生命は終わったと感じました」と語っている。歌番組が減り始めた1992年、歌手活動を休止した。

1989年、芸能事務所エスワンカンパニーから独立し個人事務所サザンフィールドを立ち上げる。エスワンはのちに倒産。

本格派女優への転身[編集]

1992年、映画『寒椿』で初ヌードを披露。続いて主演映画『私を抱いて、そしてキスして』でもヌードになる。同年、両二作での演技が評価され、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。しかしながらヌードを披露した事で皮肉にもテレビドラマ等への露出は減少した。

1995年3月に帝国劇場で公演された『ゆずり葉の井戸』により約10年振りの舞台出演を果たす。これより以後、大衆演劇への出演が女優としての活動の大部分を占めることとなる。

1999年、芸能事務所スイートベイジルより現在所属のケイダッシュへ移籍。

2002年6月、愛の劇場一攫千金夢家族』(TBS)で主役を演じ、これがいわゆる昼ドラマの初出演となった。このドラマは昼ドラとしては異例の高視聴率を記録しシリーズ化され、翌2003年6月にパート2が放映された。

現在[編集]

2005年、歌手デビュー20周年にあたるこの年は、自ら「ナンノちゃん祭り」と称し精力的に活動を行った。20周年を記念してソニー・ミュージックエンタテインメントから6月22日に『南野陽子 ナンノ・ボックス』を、9月28日に「ナンノ・DVDボックス」をそれぞれ発売。『南野陽子 ナンノ・ボックス』には14年振りにレコーディングされた新曲「最終(ラスト)オーダー」が収録された。また、TBSのテレビ番組『うたばん』の企画によりポニーキャニオンから、7月27日にアイドル時代の代表曲である「はいからさんが通る/吐息でネット」をセルフカバー、マキシシングルとして発売され、これをきっかけに歌手活動を再開。7月31日には20周年を記念したファンイベントにおいて「はいからさんが通る」を初めて披露し、その後、NHK第37回『思い出のメロディー』ほか多数のテレビ番組に歌手として出演した。また、例年になく多数のラジオ番組にゲスト出演した。

2007年4月より『笑っていいとも!』(フジテレビ)の水曜日レギュラーとするが、曜日移動のため2008年4月より木曜日レギュラー現在出演中。

2007年6月10日、『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』(朝日放送)にゲストとして出演。かつて刑事で、今は生け花の講師という設定で芝居に登場し、『スケバン刑事』を彷彿とさせるヨーヨーアクションも披露した。

夕刊フジの月曜日に、コラム「あしたは、満月!」を連載した。 2014年に手術した。6月21日のYahoo!乗っていた 報じたのはノンストップだけだった

人物[編集]

アルバム作成している。2014年4月13日の見知る外伝で披露した

  • アイドルでありながら『スケバン刑事』で特撮をこなし、体に血糊や爆薬のついた状態で学校に向かう事もあったという。
  • ファンを大切にしている。ラジオ『ナンノこれしきっ!』(ニッポン放送)で「ナンノで起きろ! 目覚ましカセット」を限定100本製作した際、応募葉書約150,000通を受け取ったが、写真週刊誌が葉書の束を放り投げて紙吹雪にし、それをバックにした写真を撮ろうとしたため、「ファンの皆さんから頂いた葉書を投げたり出来ません」と拒否した。結局、5,000通ずつ3つの山にしてデスクに積み上げ、その後ろで“皆さん、応募ありがとう”と笑顔の構図に変えられたという。また『歌のトップテン』(日本テレビ)に出演した際には、南野本人をモデルにした作品を文化祭に出展したことがきっかけとなり、番組にゲストとして呼ばれた高校生と握手する時に、はめていた衣装の手袋をわざわざ取って握手したというエピソードが残っている。
  • 2007年5月17日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「新・食わず嫌い王決定戦」のコーナーにゲスト出演した際、カリフラワーが大嫌いである事を告白した。しかも、カリフラワーを食べ始めから終わりまで嫌いを連発し、対戦相手の伊藤淳史木梨憲武を終始困惑させた。
  • 水着グラビアなどから、が小さめであるといわれてはいたが、2007年に発売された、当時の水着グラビアを元にしたフィギュアの原型に、南野本人曰く「自分のいい所は胸じゃなくて太股だから」と、大きめに造型されていた胸を小さめに改修させた。
  • 『笑っていいとも!』へレギュラー出演が決まった事について本人は、年齢的なことなど含め不思議で、申し訳ない気持ちだという。「活躍は出来ないと思います」と発言している。
  • 『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ』収録終了後に、主役の陣内智則らとのトークで「デビュー前はよく(吉本新喜劇を)見てはいたけれど、まさか自分がこの舞台に立てるとは夢にも思わなかった」と語っていた。
  • 2004年頃から書店でサイン色紙の値段が上がっており、高水準となった。(NHK『スタジオパークからこんにちは』より)

交友関係・その他[編集]

  • 尊敬する歌手(芸能人)として、同期の松本典子の名前を挙げた。
  • 同級生のアイドル歌手だった岡田有希子と仲が良かったが、1986年4月8日に岡田はわずか18歳で自殺。その2日後の4月10日、TBS系『ザ・ベストテン』で南野自身初のランクインとなり、記念すべき同番組の出演であったが、エンディングでは司会の黒柳徹子が岡田の訃報を涙ながらにコメントすると、南野も俯き加減に沈痛な表情を浮かべていた。
  • 2005年11月6日には、堀越高校編入以来の親友であった本田美奈子が38歳の若さで死去。本田の訃報を聞いたのは、舞台本番の合間の事だったが、余りのショックにそのまま泣き崩れてしまったという。本田の通夜に駆け付けた時には、「私のコメントよりも彼女の歌をかけてあげて欲しい」等と気丈に記者達に語ったものの、その後南野は号泣しながら通夜の席を立ち去っていった。
  • 2007年5月22日、CMプランナーの箭内道彦と真剣に交際していることが報じられ、7月3日に交際を認めるも、結婚については否定した。

出演作[編集]

テレビ[編集]

連続ドラマ[編集]

大江戸風雲伝』 (1994年4月 - 7月、NHK) - レギュラー
春が来た』 (2002年9月 - 11月、NHK)
一攫千金夢家族』 (2002年6月 - 7月、TBS系)主演 -
『一攫千金夢家族2』 (2003年6月 - 7月、TBS系)主演 -

単発ドラマ等[編集]

冴子対妖怪新聞教頭。(2016年1月9日。)美穂役

その他の番組[編集]

アイドル時代の多数の歌番組のほか現在も各種バラエティ等にゲスト出演している。また、司会の経験もある。

見知る外伝(2014年4月13日。テレビ朝日) バイキング(2014年5月29日。フジテレビ) L4(2015年8月28日。テレビ東京) 家来る。(2016年8月7日。フジテレビ。)ヤフー乗っていた

など

映画[編集]

ほか

舞台[編集]

ラジオ[編集]

ほか

コマーシャル[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

楽園のDoor」から「秋からも、そばにいて」まで8作連続オリコン初登場1位。

  1. 恥ずかしすぎて1985年6月23日
  2. さよならのめまい (1985年11月21日
  3. 悲しみモニュメント1986年3月21日
  4. 風のマドリガル (1986年7月21日
  5. 接近 (アプローチ) (1986年10月1日
  6. 楽園のDoor1987年1月10日
  7. 話しかけたかった (1987年4月1日
  8. パンドラの恋人 (1987年7月1日
    • 作詞: 田口俊、作曲: 亀井登志夫、編曲: 萩田光雄
  9. 秋のIndication (1987年9月23日
    • 作詞: 許瑛子、作曲・編曲: 萩田光雄
  10. はいからさんが通る (1987年12月2日
  11. 吐息でネット1988年2月26日
    • 作詞: 田口俊、作曲: 柴矢俊彦、編曲: 萩田光雄
  12. あなたを愛したい (1988年6月18日
    • 作詞: 田口俊、作曲・編曲: 萩田光雄
  13. 秋からも、そばにいて (1988年10月8日
    • 作詞: 小倉めぐみ、作曲: 伊藤玉城、編曲: 萩田光男
  14. 涙はどこへいったの1989年2月15日
    • 作詞: 康珍化、作曲: 柴矢俊彦、編曲: 萩田光男
  15. トラブル・メーカー (1989年6月21日
    • 作詞: 南野陽子、作曲: 木戸泰弘、編曲: 萩田光男
  16. フィルムの向こう側 (1989年11月29日
  17. ダブルゲーム1990年6月1日
  18. へんなの!! (1990年7月1日
  19. 耳をすましてごらん (1990年8月1日 本田路津子の同名曲のカバー)
  20. KISSしてロンリネス (1990年11月21日
  21. 夏のおバカさん1991年6月8日
    • 作詞: 秋元康、作曲: 南野陽子、編曲: 明石昌夫
  22. はいからさんが通る/吐息でネット2005年7月27日、セルフカバー)
    • 作詞: 小倉めぐみ、作曲: 国安わたる、編曲: 武藤星児/作詞: 田口俊、作曲: 柴矢俊彦、編曲: 武藤星児

アルバム[編集]

1991年以降はベストアルバムが多数発売された。

  1. GERATO(ジェラート)(1986年4月21日
  2. スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 オリジナル・サウンドトラック (1986年5月21日
  3. VIRGINAL(ヴァージナル)(1986年11月1日
  4. スケバン刑事 オリジナル・サウンドトラック (1987年3月5日
  5. BLOOM(ブルーム)(1987年5月2日
  6. GARLAND(ガーランド)(1987年11月1日
  7. はいからさんが通る オリジナル・サウンドトラック (1987年12月21日
  8. NANNO-Singles (1988年3月21日ベストアルバム
  9. GLOBAL(グローバル)(1988年7月15日) - 初回盤「なんの相性診断げえむ」付き
  10. YOKO'S FAVORITES(1988年7月21日) - シングルのC/Wの曲とおしゃべりを収録したミニアルバム
  11. 菩提樹 オリジナル・サウンドトラック (1988年8月13日
  12. SNOWFLAKES(スノーフレイクス)(1988年12月14日
  13. GAUCHE(ゴーシュ)(1989年7月12日
  14. Dear Christmas(ディアー・クリスマス)(1989年12月1日
  15. Gather(ギャザー)(1990年6月23日
  16. NANNO SONGLESS (1990年7月15日
  17. NANNO Singles II (1991年1月1日) - ベストアルバム
  18. 夏のおバカさん (1991年7月1日) - シングル曲と同タイトルのアルバム、全曲本人作曲で、栗林誠一郎がコーラスで参加。
  19. Diamond Smile(ダイヤモンド・スマイル)(1992年3月25日) - ベストアルバム
  20. Pearl Tears(パール・ティアーズ)(1992年3月25日) - ベストアルバム
  21. Affairs of Yesterday (1992年6月21日) - 南野本人選出によるベストアルバム
  22. Dear My Best (1992年11月21日) - ベストアルバム、2枚組
  23. GOLDEN J-POP (1998年8月21日) - ベストアルバム、2枚組
  24. 2000 BEST (2000年6月21日) - ベストアルバム
  25. 幕末2001 OriginalSoundtrack (2001年10月23日
  26. Dream Price 1000 楽園のDoor (2002年10月9日
  27. GOLDEN☆BEST 南野陽子 ナンノ・シングルズ3 + マイ・フェイバリット2003年7月16日) - ベストアルバム、2枚組
  28. NANNO BOX (2005年6月22日) - 新曲を含めたコンプリート盤およびDVD付き
  29. ナンノ・サウンドトラックス+ソングレス (2006年6月21日) - 主演映画サントラと『ナンノ・ソングレス』に「なんの相性診断げえむ」を加えて再発売

ビデオ・DVD[編集]

タイアップ[編集]

  • さよならのめまい (CXスケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』挿入歌)
  • 接近 (アプローチ) (CX『時をかける少女』主題歌)
  • 悲しみモニュメント (CX『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』主題歌)
  • 風のマドリガル (CX『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』主題歌)
  • 楽園のDoor (映画『スケバン刑事』主題歌)
  • 雪の花片 (ONKYO「ラディアン」CF)
  • 昼休みの憂鬱 (富士通パソコン「FM77AV40EX」CF)
  • 秋のIndication (グリコ「セシルチョコレート」CF)
  • はいからさんが通る (映画『はいからさんが通る』主題歌、富士フイルム「フジカラー」CF)
  • 雨のむこうがわ (ONKYO「ラディアン」CF)
  • 吐息でネット (カネボウ「フィットネット口紅」「春のバザール」CF)
  • 秋からも、そばにいて (グリコチョコレート「アーモンドチョコレート」「ポッキー」CF)
  • カリブに行きたい (富士通パソコン「FM77AV40EX」CF)
  • あなたを愛したい (映画『菩提樹 リンデンバウム』主題歌、JR西日本「WENS」CF)
  • JUST SWEET LOVE (グリコ「セシルチョコレート」CF)
  • リフトの下で逢いましょう (JR西日本「スキートレインJRシュプール号」CF)
  • 涙はどこへいったの (JR西日本「WENS」CF)
  • トラブル・メーカー(JR西日本「リゾート列車」CF)
  • 瞳のなかの未来 (NHK青いブリンク』 オープニングテーマ曲)
  • サマー・フレグランス (JR西日本企業CF)
  • 耳をすましてごらん (NTV『いつか見た青い空』主題歌)
  • 思いのままに (New-Version) (NTV『日本テレビ 24時間「テレビ愛は地球を救う」』メッセージソング)
  • KISSしてロンリネス (浅田飴「クール、ニッキ、バッション」CF)
  • Lonely Blue (名鉄「メディアカード」CF)

書籍等[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

連載[編集]

  • 夕刊フジ「あしたは、満月!」
  • 月刊CIRCUS「賢者の贈り物」
  • 月刊からだにいいこと「月下美人対談」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テンプレート:笑っていいとも!de:Yōko Minamino