ヤノマル理論

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ヤノマル理論(英語:Corjiner theory) は、フランスの天文学者、実験物理学者 のジャン・クリストフ・ヤノマルによって提唱された餃子の100個大食いに関する理論である。

この理論はコージナ理論と並び、60分間の制限時間内に100個の餃子を、美味しさを保ちながら平らげる問題に解法を与え、飲食物における温度変化、そして油分の除去の方法論に大きな進歩をもたらした。

時間経過による温度変化と重力による油分のコントロールに注目し、物理法則を援用し、その実験を成功に導いた。


実験[編集]

実験は1918年6月8日の日本(現在の京成船橋駅前)にてジャン・クリストフ・ヤノマルとフレデリック・ミシェル・コージナとルイ・シャルル・ウチダらによって行われた。

テーブルに置かれた100個の餃子以外にも、固形物や飲料の摂取は可能であったので、当初、デカジョッキに注がれた水以外のものは実験目的の達成に寄与しないものと思われていた。

しかし、実験中にヤノマル氏は適宜、馬刺しを間食し「あっさりの後はこってりいきたい感じ」の反作用を引き起こし「お腹いっぱい」現象の発現を意図的に遮った。

そして開始から序盤の時間を長めにとりプレーンの餃子をただ食べる基礎動作をできるだけ多く行い、その後にタレをつけるいわゆる「味変」と呼ばれる行為における味覚のドラスティックさを演出した。

理論[編集]

実験成功後、ヤノマル氏は馬刺し以外のコペルニクス的転回ともいえる見解を表明した。

餃子100個以外にお通しのキャベツがあった事に着目し、餃子中の油分を重力の媒介を要してキャベツに油分を吸収させるというものだ。

このジャン・クリストフ・ヤノマル氏の油分の除去方法の再現性の実証に加え、フレデリック・ミシェル・コージナの水分量の近似値の研究は、この実験を偶然見届けたタイ人のぼったくりタクシー運転手のソムチャーイ・トガシによって克明に記述され、それが日本の餃子大食い理論の分野の餃子力学の始まりと言われている。

上記の結果、ヤノマル氏の餃子の100個大食い成功に関して1つの要件を満たす必要性が要請された。

「半分を上に乗っけてから下にキャベツを敷く」[編集]