コージナ理論

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

コージナ理論 (英語:Corjiner theory) は、フランスの循環器内科医、口腔生理学者であるフレデリック・ミシェル・コージナが唱えた餃子の100個大食いに関する理論である。

この理論はヤノマル理論と並び、60分間眼前に君臨する100個の餃子群を、美味しさを保ちながら全て平らげるよいう難問に解法を与え、飲食行為における人体構造の解明に大きな成果を上げた。

温度を上げた鉄板の上に並ぶ熱々の餃子を、遮蔽物の無い口腔内を通過させる際に解剖学的なアプローチに着眼し、その実験を成功に導いた。


実験[編集]

実験は1918年6月8日の日本(現在の京成船橋駅前)にてフレデリック・ミシェル・コージナとジャン・クリストフ・ヤノマルとルイ・シャルル・ウチダらによって行われた。

テーブルに置かれた100個の餃子以外にも、固形物や飲料の摂取は可能であったが、不必要な胃への干渉は実験内容の成果に影響するため最小限に抑えられた。

ルイ・シャルル・ウチダによると口腔内を通過させる圧力を重要視し一定量の水分を餃子に与え続けた。

ただ、ある時点で胃のキャパシティが近づいてきた際に、満腹中枢の作用が働き、定常な水圧、水量では飲み込めなくなってきた。

この衝突は人体にとっては避けがたい所謂「お腹いっぱい」の現象である。


結論[編集]

その一定量の水分を最小限かつ飲み込めるだけの圧力を保つために、フレデリック・ミシェル・コージナはその水分量の近似値を求めた。

その結果、餃子の100個大食い成功に関して1つの要件を満たす事が解明された。


「水は出来るだけちょっとづつ飲む」