ヘアヌード

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ヘアヌードの例

ヘアヌードは(主として女性の)陰毛修正されずに写っているヌード写真・映像。日本ではかつて修正が義務付けられるなどの規制があったが1990年代始めに事実上の解禁状態となり、一大ブームを巻き起こした。

なお、「ヘアヌード」は和製英語。雑誌『週刊現代』が、「ヌード」に陰毛を意味する和製英語「アンダーヘア」を組み合わせ「ヘア・ヌード」と表記した事に始まる。英語圏ではそもそも陰毛だけに着目されることはあまりないため同義語は存在しないが、俗語としてはfull frontalなどが近い。

写真におけるヘアヌード[編集]

概説[編集]

従来、警察当局では、写真表現に関しては主に陰毛が写っているか否かを基準にわいせつを判断し、取締りを行ってきた。表現の自由を求める写真家は、りんごなどの小道具を使って巧みに陰毛を隠したり、「単なる陰」と言い逃れのできるような微妙なライティングを行うなど涙ぐましい努力を重ねてきた。あるいは雑誌編集者が製版の段階で修正を行うなどして、陰毛を隠してきた。

1980年頃、成人向けの書店で「ビニ本」と呼ばれるビニール袋入りの写真集が販売されていた。半透明の下着を身に付けた女性モデルの陰毛がうっすらと透けて見えているものであり、しばらくブームになったが、扱っていた書店が摘発を受けたことで終焉を迎えた(非合法に販売されていた「裏本」などの販売は2006年半ばまで続いたが、その後は姿を消した)。一方では「毛がなければいいのだろう」ということで、写真家清岡純子らによる発毛前の少女ヌードがひそかに愛好されるといった奇妙な事態も見られた。

一般向けメディアでの状況[編集]

1980年代、末井昭編集の雑誌『写真時代』(1981年-1988年)では荒木経惟らによるヌードを掲載したが、時々陰毛が写っている事があり警視庁に呼び出されては注意を受けていた。ロバート・メイプルソープの写真集「Lady リサ・ライオン」(宝島社、1984年)もあったが、これは女性ボディビルダーの写真で多くの読者が求めるものとは少し異なっていたようである。「ブルータス」誌の特集「裸の絶対温度」も芸術写真に名を借りて陰毛の写った写真が掲載されていた(1985年-)が、あくまで例外的な存在であった。

こうした状況が一気に変わったのが篠山紀信撮影の樋口可南子写真集「ウォーターフルーツ」(1991年2月)である。この写真集では数枚の写真に陰毛が写っていたが、警視庁では摘発を行わなかった。関連業界ではこれを先例と捉えて陰毛の写った写真集を次々と出版し始め、なし崩し的に事実上の「ヘア解禁」状態に至ることとなった。同年秋には当時のトップアイドル・宮沢りえが突然のヘアヌードを発表、これらによって一挙にヘアヌード写真集ブームが巻き起こったのである。

当時のヘアヌード写真集のマーケットは非常に大きく、著名人から一般人、中高生から中高年に至るまで幅広い層のモデルがその裸身をレンズの前にさらけ出していった。堅実な活動を続けていた実力派女優らも数多くがヘアヌードを披露し話題を集めたほか、人気のピークを過ぎたアイドルがヘアヌードによる話題づくりで再起を図るといった戦略的アプローチも多々見られた。

1997年頃には菅野美穂らのヘアヌードによって再びヘアに注目が集まり、第2次ヘアヌードブームとも言うべきムーブメントが到来した。しかし一方で多くの著名人はかつての「話題づくり」の横行によって生まれた落ちぶれイメージからヘアヌードを敬遠するようになり、また1999年施行の児童ポルノ法によって未成年モデルのヌードが事実上禁止されたことなどから話題性のあるモデルの調達が困難となり売り上げが激減、1990年代末ごろまでには完全に沈静化した。

その後のヌード写真集においてもヘアヌードブームで生まれた表現路線は踏襲されているものの、かつてのように「ヘア」を前面に押し出した広告戦略はあまり見られないものとなっている。

話題を呼んだヘアヌード写真集[編集]

ヘアヌード解禁の記念碑的写真集。
新聞の全面広告が話題になる。
世界的に著名な写真家による写真集。
20歳の誕生日に発売。記者会見でなぜか涙を見せたことなども話題に。
一時低迷していたのが、写真集発売後にバラエティー番組で人気が復活
撮影時小学生のヘアヌード写真集。
  • 小島聖「West by South」(篠山紀信撮影、1999年)
  • 川上麻衣子「MAIKO KAWAKAMI」(篠山紀信撮影、2001年)
ヘア解禁前の1983年に撮影された17歳時の未公開ヘアヌード写真を収録。
50歳の初ヌードながら大いに話題を呼ぶ。

映画におけるヘアヌード[編集]

概説[編集]

日本における映画興行では、映倫という自主規制組織による審査を通る必要があり、かつては陰毛についてはぼかし処理をかけるという規則があった。

しかし1985年6月、第1回東京国際映画祭においてマイケル・ラドフォード監督のイギリス映画1984年』(1984年製作)がぼかし無しの状態で上映された。この作品では女優のスザンナ・ハミルトンらが陰毛を露出するシーンがあるが、東京における初めての大規模映画祭開催とあって製作者側への配慮から例外措置が取られ、その後も同映画祭内に限って陰毛描写を認める流れができあがった。

1992年5月フランス映画美しき諍い女』が一般公開では初めて、ぼかしのないヘアヌードシーンを含んだ状態で上映された。映倫がこの上映を認めた背景としては、ヌードモデルをテーマにした作品でありヘアヌードシーンが映画の大半に及ぶため修正を入れると内容への影響が大きいこと、写真において前年に「ヘア解禁」が行われていたこと、さらにはこの作品は前年の第4回東京国際映画祭において既にぼかし無しの状態で上映されていたことなど、複合的な環境があげられる。

映倫はこの作品の審査から陰毛修正を「原則」レベルに緩め、性行為と直接関わりのないヘアヌードシーンについては実質的に無修正が恒常化することになった。1994年には『愛の新世界』における鈴木砂羽片岡礼子のヌードシーンが日本映画史上初のヘアヌードとなり、その後徐々に製作サイドにも浸透しつつある。ヘア解禁以前に公開された作品については2000年代、「ヘア無修正版」などと称してDVD等のメディアで再リリースされる例が増加している。

一般映画のヘアヌードシーン[編集]

日本国外の映画[編集]

ターミネーター2

日本の映画[編集]

ヘアヌードの例[編集]

上原亜衣 191.jpg鈴村あいり 40.jpg有紀かな 8.jpg宇佐美なな 34.jpg鈴村あいり 41.jpg上原亜衣 202.jpg坂口みほの 18.jpg鈴村あいり 42.jpg妹岳なつめ 4.jpg上原亜衣 209.jpg鈴村あいり 43.jpg01.jpg坂口みほの 19.jpg鈴村あいり 45.jpg上原亜衣 276.jpg有紀かな 9.jpg鈴村あいり 47.jpg蓮美ゆい 83.jpg上原亜衣 279.jpg鈴村あいり 48.jpg坂口みほの 21.jpg妹岳なつめ 7.jpg上原亜衣 280.jpg300px坂口みほの 32.jpg上原亜衣 283.jpg有紀かな 11.jpg宇佐美なな 44.jpg上原亜衣 284.jpg坂口みほの 36.jpg青葉ゆうな 24.jpg上原亜衣 287.jpg02.jpg坂口みほの 38.jpg上原亜衣 290.jpg有紀かな 13.jpg宇佐美なな 45.jpg上原亜衣 291.jpg坂口みほの 41.jpg平井綾 14.jpg上原亜衣 292.jpg300px坂口みほの 55.jpg有紀かな 14.jpg宇佐美なな 48.jpg坂口みほの 65.jpg青葉ゆうな 31.jpg03.jpg坂口みほの 80.jpg有紀かな 15.jpg宇佐美なな 49.jpg坂口みほの 94.jpg妹岳なつめ 14.jpg300px坂口みほの 97.jpg青葉ゆうな 32.jpg今村美穂 10.jpg04.jpg篠田ゆう 92.jpg今村美穂 21.jpg援助交際 49.jpg青葉ゆうな 58.jpg今村美穂 23.jpg05.jpg蓮美ゆい 84.jpg朝倉ことみ 115.jpg援助交際58.jpg希志あいの 12.jpg宇佐美なな 55.jpg06.jpg妹岳なつめ 52.jpg宇佐美なな 116.jpgリア充3 70.jpg妹岳なつめ 72.jpg希志あいの 21.jpg援助交際67.jpg妹岳なつめ 77.jpg宇佐美なな 117.jpg07.jpg蓮美ゆい 105.jpg宇佐美なな 118.jpg援助交際72.jpg希志あいの 30.jpg宇佐美なな 119.jpg08.jpg朝倉ことみ 116.jpg宇佐美なな 126.jpg300px朝倉ことみ 121.jpg宇佐美なな 127.jpg09.jpg伊東怜 20.jpg宇佐美なな 128.jpg援助交際90.jpg今村美穂 54.jpg300px10.jpg宇佐美なな 130.jpgv0002 39.jpg平井綾 15.jpg妹岳なつめ 78.jpg今村美穂 75.jpgv0006 24.jpg平井綾 26.jpg今村美穂 125.jpgv0006 26.jpg石原莉奈 11.jpgv0011 25.jpg平井綾 27.jpg篠田ゆう 111.jpgV0021 10.jpg妹岳なつめ 79.jpg平井綾 29.jpg0011.jpg妹岳なつめ 85.jpg今村美穂 126.jpg3.jpg妹岳なつめ 96.jpg平井綾 42.jpg

関連項目[編集]

外部リンク[編集]