利用者:野田憲太郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Logo music new2.jpg
クラシック音楽
作曲家
----
----
音楽史
古代 - 中世
ルネサンス - バロック
古典派 - ロマン派
近代 - 現代
楽器
鍵盤楽器 - 弦楽器
木管楽器 - 金管楽器
打楽器 - 声楽
一覧
作曲家 - 曲名
指揮者 - 演奏家
オーケストラ - 室内楽団
音楽理論/用語
音楽理論 - 演奏記号
演奏形態
器楽 - 声楽
宗教音楽
メタ
カテゴリ

野田 憲太郎(のだ けんたろう、1976年2月24日 -)は三重県四日市市生まれの自称作曲家演奏家著作家。社会に認められるようなたいした実績はない。よって社会的にはNEETと見るのが正しい。

略歴[編集]

京都市立芸術大学音楽学部にてピアノを専攻後、アメリカワイオミング大学音楽学部やノースフロリダ大学音楽学部に在学中にピアノ、作曲等を学んだ。ノースフロリダ大学在学中まで、学生による個展ボイコットなどのトラブルのために[要出典]、目立った作品を発表していない。日本へ帰国後、若手作曲家の集い第一位を含むいくつかの作曲コンクールに入賞。ただしこれらの賞は、いわば「参加賞」のようなもので、ステイタスは無い。

作曲[編集]

代表作品にフルートヴァイオリンの為の「最も大切なこと」、弦楽四重奏の為の「希望なき自由」、ピアノチェレスタグロッケンシュピールクロタレスの為の「五つの精霊」、5人の歌手と14人の楽器奏者の為の「ツンデレラ」などがある。

これまでの一般的な形式としては、ある一定の素材を始めに長時間にわたって集中して提示し、その作品への印象を深ませる点、そして最後のコーダに至ってそれを 180 度場面転換または開放しさらに新しい世界を求めていく事が第一の特徴としてあげる事ができる[要出典]。A-B の A の部分が長いバール形式の一種と考えられ、近年では A の部分が 95% を占める作品も作曲している。譜面はモートン・フェルドマン風の書き方だが、出てくる音響は別物に近い。

演奏[編集]

ピアニストとしては国内外の無名や新作の初演を行うことが多い。演奏スタイルは、前衛的というよりも発狂した人物のそれに近く、とても聞くに堪えないものである。したがって演奏途中で気分が悪くなって退席する観客も多い。

著作[編集]

フランコ・ドナトーニが作曲したピアノ独奏の為の「フランソワーズ変奏曲」の、第一変奏から第二八変奏までの校訂報告を作成した。但し日本語版のみ。

自著は存在しない。

関連リンク[編集]

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は利用者:野田憲太郎にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。