ルース・スレンチェンスカ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

テンプレート:表記揺れ案内ルース・スレンチェンスカ(Ruth Slenczynska, 1925年1月25日[1] - )は、アメリカ出身のピアノ奏者。[2][3]

カリフォルニア州サクラメントの出身。3歳の頃からヴァイオリン奏者であった父ヨゼフ・スレンチンスキの手ほどきでピアノを始める。4歳の時にヨーロッパに留学してアルトゥル・シュナーベルエゴン・ペトリヴィルヘルム・バックハウスアルフレッド・コルトー等のレッスンを受け、ヨゼフ・ホフマンセルゲイ・ラフマニノフの謦咳にも接した。6歳の時にベルリンで初舞台を踏み、天才少女ピアニストとして注目を浴びた。15歳の時に過酷な練習とスケジュールを課す父親の方針に抗って演奏活動を中断。17歳の時にカリフォルニア大学バークレー校に入学して心理学を専攻。1944年には同窓の青年であるジョージ・ボーンと出会い、結婚したが、1953年に離婚し、その翌年に演奏活動に復帰した。1964年に南イリノイ大学エドワーズビル校のアーティスト・イン・レジデンスとなり、1967年に政治学者のジェームズ・カーと結婚。2001年に夫と死別し、その翌年には台湾の台北にある東呉大学に移り、そこで後進の指導に当たった。2003年の初来日以降、度々来日している。

脚注[編集]

  1. アーカイブコピー - インターネット・アーカイブ
  2. アーカイブコピー - インターネット・アーカイブ
  3. アーカイブコピー - インターネット・アーカイブ