ジャニー喜多川

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ジャニー喜多川

ジャニー喜多川(ジャニーきたがわ、Johnny H. Kitagawa, 本名: ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)、 漢字表記:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)、1931年10月23日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーターで、ジャニーズ事務所、ジャニーズ出版、ヤングコミュニケーションの社長である。アメリカロサンゼルス生まれの日系アメリカ人二世。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

高野山米国別院(第3代主監)の僧侶・喜多川諦道(1946年から1949年まで、プロ野球チーム「金星スターズ(元・ゴールドスター)」のマネージャーだった人物) の次男として、1931年10月23日にアメリカロサンゼルスに生まれる。母親は幼少時にアメリカで死別している。ちなみに子供の頃のあだ名は「ヒー坊」だった。

太平洋戦争開戦後、日系人の強制収容により、父、姉(メリー喜多川、当時の本名: ヤスコ・メアリー・キタガワ、漢字表記:喜多川泰子)、兄(あだ名は「マー坊」。NASAでアポロの設計もしていた科学者だったが現在は故人)、そして弟と共に、カリフォルニア州内に抑留されるが、1942年6月18日の第一次日米交換船で来日した。終戦まで日本で過ごし、両親の出身地・和歌山県和歌山市に在住していた。しかし、1945年7月9日の和歌山大空襲で焼け出される。戦後は姉とともにアメリカに帰国、ロサンゼルスの高校を卒業。

そして1952年、陸軍犯罪捜査局(CID)の情報員として、ロサンゼルス市立カレッジを卒業した姉と共に再来日する。米軍関係の仕事の一環として、当時勃発していた朝鮮戦争による戦災孤児英語を教えるために、日本でわずか10ヶ月で朝鮮語をマスターし、すぐ韓国板門店に出向き、1年2ヶ月間に渡って子供達に英語を教えた。さらに再来日した後は、アメリカ大使館で軍事顧問団に勤務。

その後、上智大学国際部に進学し、卒業。大学在学中の1955年にバンドを結成し、芸能界へ参入。以降は日本に永住している。

ジャニーズ事務所の設立[編集]

1960年代初頭、ジャニー喜多川は自分の住んでいた東京在日米軍宿舎「ワシントンハイツ」(現在は代々木公園)にて、近所の少年たち約30名を集めた少年野球チームのコーチをしていた。そのチーム名は、喜多川擴のアメリカ国籍での名前「ジャニー」からとって「ジャニーズ」と名付けられた。このチームのメンバーには、浜田光夫・小畑やすし・設楽幸嗣らもおり、応援団には松島トモ子までもが居た。しかもプロ球団や力道山などに支援されていて、練習場も後に池袋の立教大学のグラウンドへと移行した。

ある日、このチームのメンバーの中から代々木中学校に通う4名を選び、映画館に連れて行く。そして、そこで観た『ウェストサイドストーリー』に一同感動し、エンターテインメント事業を興そうと決意する。そしてこの4名の少年で、最初のグループであるジャニーズ(通称・初代ジャニーズ)を1962年4月に結成。最初は池袋西口にある芸能プロダクション「新芸能学院(現:名和プロダクション)」に籍を置いていたが、1962年6月にジャニーズ事務所を創業。当初は渡辺プロダクションの管理下に置いていたが、1975年1月になって正式に株式会社として法人登記される。

姉のメリー喜多川は、1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のカウンターバーを経営しており、バーの客だった東京新聞記者(後に作家)の藤島泰輔と結婚した。ジャニーがジャニーズ事務所を興すとバーを閉店し、事務所の経理を担当するようになった。

事務所の黎明期には、フォーリーブス郷ひろみたのきんトリオシブがき隊少年隊光GENJIなどで正統派男性アイドルの礎を築き、また正統派だけでは通用しなくなると、SMAP以降の男性アイドルの活躍の場をバラエティの分野にも拡げた。

タレントに対する性的行為についての報道[編集]

ジャニー喜多川が同性愛者(少年愛)であり、事務所に所属する男性タレントに対して猥褻な行為を行っているとの話は、1960年代から散発的に報道されていた。元所属タレントらも元フォーリーブスの北公次は『光GENJIへ』(データハウス、1988年12月)、元ジューク・ボックスの小谷純とやなせかおるは『さらば!!光GENJIへ』(データハウス、1989年9月)、元ジャニーズの中谷良は『ジャニーズの逆襲』(データハウス、1989年10月)、平本淳也は『ジャニーズのすべて―少年愛の館』(鹿砦社、1996年4月)などを出版した。1988年~1989年に『噂の眞相』がこの問題を数回取り上げた。 なお、自民党衆議院議員(当時)・阪上善秀(元・宝塚市長)が2000年4月13日にこの問題を衆議院で取り上げている。

裁判[編集]

1999年、『週刊文春』がジャニーズ事務所に関する特集記事を掲載し、ジャニーが所属タレントに対して猥褻な行為を行い、事務所では未成年所属タレントの喫煙などがあると報道した。これに対しジャニー側は記事が名誉毀損であるとして、文春に対し1億円あまりの損害賠償を求める民事訴訟を起こした。

2002年3月27日の一審判決では、ジャニー側が勝訴し、東京地裁は文春側に880万円の損害賠償を命じた。文春側はこれを不服として東京高裁に控訴した。

2003年7月15日の二審判決では、猥褻部分の勝訴は取り消され、損害賠償額は120万円に減額された。ジャニー側は損害賠償額を不服として最高裁に上告したが、2004年2月24日に棄却され、120万円の損害賠償が確定した。

また、『ニューヨーク・タイムズ』、『オブザーバー』などの海外メディアでも大々的に取り上げられ、この問題をタブー視するなどして報道しない日本のマスメディアの姿勢を批判した。

逸話[編集]

  • ジャニー喜多川は所属タレントを呼ぶ時に、「YOU」と呼ぶことが多い。(ただし、横山裕のことだけは「ヨコ」と呼んでいる。)その他、いきなり「今日日曜日だし、YOU、プール来ちゃいなよ。」と電話で話してくるなど、所属タレントに出演番組でよくネタにされ、所属タレントだけでなく多くの芸能人に「YOU、〜しちゃいなよ」という喋り方で真似・ネタにされている。また、「〜しちゃいなよ」という一声でグループが結成されたりコンサートが決定したりと、軽いノリながら重要な決定を下すことも多いらしく、これも所属タレントによって数多くのエピソードが語られている。
  • 「敬語は堅苦しいから」とジャニーから敬語禁止令が出ているため、所属タレントは皆、ジャニーに対しため口で話している。所属タレントからの呼称は「ジャニーさん」または「社長」。

受賞[編集]

関連文献[編集]

  • あおきひろし 『ボクの夢はキミたちが描く夢~ジャニー喜多川が語るジャニーズ塾の子供たち』 メタモル出版、1999年8月。
  • 和泉ヒロシ 『ジャニーズ・ファミリー - 裸になった少年たち -』 オリオン出版、1976年6月。
  • 江木俊夫 『ジャニー喜多川さんを知ってますか』 KKベストセラーズ、1997年7月。
  • 鶴田康文 『ジャニーさん』 データハウス、1990年3月。

参考文献[編集]

  • 芸能裁判研究班 『平成の芸能裁判大全』 鹿砦社、2003年10月。
  • 小菅宏 『芸能をビッグビジネスに変えた男「ジャニー喜多川」の戦略と戦術』 講談社、2007年3月。

関連項目[編集]