エンペディア (3)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「エンペディア (3)」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「エンペディア (3) (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

エンペディア(Enpdia)はあらゆる事柄・言葉を解説する「謎の百科事典もどき」サイトと自称するWikiサイトのひとつである。「過疎ペディア」とも言われる。

概要[編集]

あらゆる事柄・言葉を解説するというが、実際には記事は解説だけではない。

削除依頼対象[編集]

「Enpedia:方針」には「執筆者の主観、主張があまりに多すぎる記事」は削除対象とするが、ほとんどが主観でも削除されない記事と削除される記事があり、一貫性がみられない。どうやら「全力で不真面目に書いた」と「自白」している記事は、主観が大半でも免責されるらしい。

著作権の解釈[編集]

「Enpedia:著作権」には「パブリックドメイン(PD)は著作権は発生していないので移入が可能」と言っている。ところが「日本国法においては著作権が発生している場合がある」といっているが、これは著作権を理解していないことを露呈している。なぜなら、パブリックドメインとは「日本国内におけるパブリックドメイン」でなければならないから、正しく日本国法におけるパブリックドメインであるなら、著作権自体が存在しないはずである。パブリックドメインにも関わらず「日本国法においては著作権が発生している場合」があるはずがない。

運営者[編集]

運営者は「スタッフ」と呼ばれる。スタッフには3区分がある。

  • 最上位スタッフ
  • 上位スタッフ
  • 一般スタッフ

自称「最上位スタッフ」[編集]

最上位スタッフはコミュニティの承認と合意を経ずに上位スタッフの任命と解任を行えるとされている。要するに絶対権限を持つ。

  • Rxy
大阪市在住らしい。2007年5月1日にHosiryuhosi名でWikipediaにアカウント登録。Wikipediaで「スチュワード」となったが、2020年に不信任となり失脚した。さらに投稿ブロック依頼により、2020年6月9日 (火) 09:59 Yapparina から半年のブロックを受ける。Wikipediaでは、2021年3月7日に活動休眠状態となった。
Enpediaにおいては、2020年10月24日以降は約1年に渡り活動がみられないのはWikipeiaと連動しているようだ。しかし、なぜか解任されていない。
  • 篠田陽司
管理者を超える強大な権限をもっているため、事実上の独裁者である。まともな反論は一切受け付けない「問答無用」が多いし、反論すれば無期限ブロックの制裁がある。つまり、利用者に耳を貸そうとする意思はないようだ。
そもそもどのようなビジョンを持つかは明確でないから、出る釘を叩くだけの行動になる。良い記事を集めるという気はないから、良質記事への利用者/執筆者への敬意や育成策もない。したがって、気に入らないことがあれば、即座に(前触れも、意見徴収の機会も与えず)無期限停止ブロックを乱発することになる。エンペディアの運営に際して篠田が気を付けていることは「法的リスクの回避と、運営資金の持続可能性」であるという。「法的紛争が発生した場合、投稿者に全責任を負っていただくスタンス」だというが、現実は法的紛争が起きないものまで削除しているから、逆に利用者/執筆者から訴訟を起こされるリスクを考えていないようなので、まったく無邪気である。

管理者[編集]

香奈/戸田香奈
執筆者としては「シソ (イラストレーター)」「尉遅熾繁」などあまり面白くない記事を書いている。管理者として「記事の破壊行為」「著作権侵害の指摘に「誹謗中傷」との決めつけ」などと根拠のない一方的なきめつけにより、事前警告や理由の確認もなく、利用者を突然ブロックを多発する。「誹謗中傷」との決めつけ」について検討する。EP:管理者への依頼で「誹謗中傷」と書いている記事は7件あり、その執筆者は「Fujishiro」「三菱梅蔵」(4回:「本人ページ」での表示は「新型電気式気動車」となる)「令和少年」「N1」(1回:「本人ページ」での表示は「Nakayoshi1」である)である。いずれも「決めつけ」といえるが、そのことを理由にして執筆者がブロックされた形跡はない。つまり、「誹謗中傷」との決めつけ」としてブロックするなら、他の同様事例との違いを説明する必要がある。しかし、説明は全くされていない。さらに「誹謗中傷」とブロック対象者が発言した理由は"根拠の薄い著作権違反”にあった。それが「決めつけ」であるというためには、「著作権違反の指摘が正当である」ことを証明しなければならない。そうした説明はまったくなされていない。つまり、管理者の行ったブロックが正当であるという根拠(その説明)がまったくないのである。つまり、何のためのブロックなのか、理由がまったく不明であるし、恣意的なブロックとしか言いようがない。そして、そのことにクレームをつければ、そのことを理由に(文句をつけたという理由で)さらにブロックする姿勢である。これは強権的姿勢としか、いいようがない。


また、記事の評価においては、相当のゴミ記事を「面白い」と判定する傾向があるようにみえる。
Fusianasan1350
Wikipediaからの移入を得意とする。投稿記事は「古木あーっと!」「ひまわり (ラーメン屋)」「灰色の神が通る」(Wikipedia移入)などで分かるように、あまり面白い記事はない。記事の鑑定眼があまりなく、名前の通り「節穴」といえる。管理者権限で記事を面白くなく変更し、お得意のドヤ顔になる。