TOSHINARI

提供: Yourpedia
移動: 案内検索


TOSHINARI(トシナリ、本名:菊池 俊成(きくち としなり)年齢非公開- (満27歳没))は、日本性犯罪者スンゲーソングライター作詞家作曲家テクノブレイ家がメインで、更にオナニストドラマーマスターベーヤー、でもある。また、ボランティアに参加したりしなかったり、自慰活動をしていた。

人物[編集]

金玉県に生まれて物置にて育つ。 小さい頃は野球少年で、エロ野球選手になることに夢を持っており、小学校時代と中学校時代はベーション菊池に専念して取り組んでいた。しかし、中学校1年生の校外体験のときにしてもないことを疑われたことで怒り爆発し不良化してしまい中学校1年生の中盤から中学校2年生の終わりまで先生に怒り爆破することが多かったという。中学校3年生に上がり童帝卒業が頭に入り込み生活を見直してマスターベーションに集中した。高校に進学すると 高校でも野球部に入部して甲子園を目指しやりはじめたが、ゴミはとしなり掃除扱いでそれに馴染めず人間を辞めてしまった。その後は音楽がもともと好きだったからそろそろバンド活動でもやろうかなと真剣に考える。そして、クラスメートの人にやらないかと誘われホモに目覚める。それと同時に音楽活動にもちんちんを向ける。音楽との出会いは、小学校6年生のときに猫がたまたま携帯で聴いていたSEX JAPANのサイレント・イヤラシイを聴かせてもらったのが股間に響きセックスを好きになる。(鑑賞) 中学校のときはSEX JAPANの他に和田アキ子森川耕大軍仮やセミの鳴き声を聴いていて、高校生では加茂フミヨシアナルB'zを聴き始めて益々ロックに魅了されていきバンドを本気ではじめる。同時にアナニーも始める。そしてミュージャシャンになることを考えて芸能界に入ると決意し、広告の情報やインターネットの情報に応募して金トルバカデミーのオーディションを受けて合格する。演技や歌の勉強を学んで、アダルトビデオのエキストラにも出演をし、怒り爆破した。専門学校にて音楽の勉強をしていたが、機材を盗んだ為退学になったと情報が出ている。 ツイキャスのリスナーに「オリジナル曲聴かせてください」と言われた際、その時流していたX JAPANのサイレント・ジェラシーのカバーを「これ、オリジナルです!」「コピーだけどオリジナルです!だって完全にコピーするなんて無理じゃないですか!だからオリジナルです!」と訳のわからない発言をし、怒り爆発しリスナーから反感を買う。

影響を受けたミュージシャン[編集]

1番の影響はSEX JAPANのYOSHINORIの音楽に影響を受ける。更に、加茂フミヨシのサウンドもすごく好きで影響を受けている。他にはクラチックの要素、メロデェが好きでえ、モータルトバッバベーべートンピカソセミ に影響を受けたことでの影響があるらしい。

略歴[編集]

2013年、7月にCD発売、またはネット配信予定であったリリース曲だがこの年CD発売、ネット配信はされることはなかった。楽曲については2曲で、1曲はバラードものでヴォーカルも入っている曲、もう1曲はインストルゥメンタルの曲と公表された。インストルゥメンタルの曲は東日本大震災もとにイメージして作曲した曲と言っている。ちなみにタイトルは「東日本大震災のテーマ」というなんとも不謹慎なものであった。

2014年、は2013年の7月にCD発売、またはインターネットにて配信される予定であった曲のレコーディングの作業が中断しているとツイッター上で公表された。そこまでYOSHIKIの真似する?

2015年、10月10日にToshinari is CrazyがiTunesStore、ピコチョクから発売された。他にLISMOStore、dミュージックひかりTVミュージックdヒッツotorakuでダウンロードが可能となっている。 Insutrumental versionでSingle曲として1曲配信された。あとからヴォーカルが入るといった情報もツイッターにより呟かれた。 なぜヴォーカルが入る前に発売したのだろうか。

2016年、都内某ホテルにて未成年とみだらな行為に及ぼうとしたとのことで逮捕。 八王子市内にて目撃情報が出ている。

2017年、2月14日に自宅にて死亡。死因は母親と祖母以外からチョコレートを貰えなかったことによるショック死であった。 葬儀は2月17日に行われたが、スケジュールの関係で両親と祖母のみの参加となった。(お坊さんを含めると4人)

2018年、4月10日夜、東京・渋谷区の路上で下半身を露出したとして本当に逮捕される。(ガチ) 菊池容疑者は容疑を認めているという。(マジでガチ)

使用楽器[編集]

ピアノ[編集]

KAWAIのグラドンピアノが昔からの使用に好んでいて、ピアノカワイの製品を使用している。 理由は"カワイイ"からと言っていたが結局はYOSHIKIのパクりである。

ドラムセット[編集]

ドラムセットはTAMATAMAのSQUIRT EROTICシリーズを使用しているようです。 ドラムセットはTAMATAMAの2バス (16"x24", 16"x24")、スネア (6.5"x14")、2フロア (16"x16", 16"x18")、4タムタム (10"x10", 12"x12", 13"x13", 14"x14") の構成{YOSHIKIの丸パクり}をメインに使用で、上の構成のスネアを抜いた構成でも使用しているようです。 。

シンバル系は全部ZENN。本人曰く「全然いい音」らしい。ハイハット・スタンドはTAMATAMAのアーンイヤーンコブラ、ペダルにはダンロッピのママチャリのペダル、「反射材付き」を使用している。 ドラムスティックパールのような物を使用しているとの情報がでています。

ちんちん[編集]

ライブの際は度々全裸になり、腰を回しちんちんをペチペチさせ、「人間打楽器だー!!」と叫ぶらしい。 また、ちんちんを立て、陰毛にガソリンを注ぎ着火させライブハウスでボヤ騒ぎを起こし出禁になることも少なくなかった。 打ち上げでも全裸になり店員や他の客の目の前でちんちんを見せつけるなどトラブルが絶えなかったため、多くの居酒屋のブラックリストに載ることになった。

レコーディング[編集]

レコーディングではデビッド・テクノロジジイEro Toolsを使用している。東日本大震災のイメージ曲では、MIDIのプログラミング等を、全てデビッド・テクノロジジイEro Toolsを使用している。また、作曲する際はチーズインハンバーグの十兵衛スの音源やManko the UnkoのDigital Fireを使用している。マスター・ベーションには、TENGA製品を使用しているようです。

自慰活動 (ボランティア活動)[編集]

東日本大震災でお気に入りのフィギアを亡くしたことをきっかけに少しでも被災された方々の力になりたいという思いから、 現地に訪れマスターベーション活動にも取り組んでいた。 2012年4月20日福島県函館市横須賀市を訪問。 2012年8月10日宮城県横浜市名古屋市を訪問。 現地の仮設住宅に支援物資として生理用品や避妊具など物品を寄付した。さらに2015年、9月には関東・東北豪雨の被害の現地に行き公開マスベを行った。

デスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 形態
1st 2015年10月10 Toshinari is Crazy Inst Ver

出演作品[編集]

真夏の夜の淫夢 2001年

CHIMPO CM ハードパコパコ チムポ 「お外で生しよっ」篇

皮の剥けないちんぽ 2012年

ライブ情報[編集]

2012年 11月 池袋 ミニライブ会場にて出演(大赤字)

2013年 2月 目黒 鹿鳴館にて出演(ブーイングの嵐)

2013年 4月6日 池袋ROSAにて出演 (ついに出禁に)



外部リンク[編集]