LIVE-GYM

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

LIVE-GYM(ライブ・ジム)は、日本ロックユニットB'zコンサートの呼称である。

概要[編集]

ライブの人気[編集]

B'zのライブは人気と定評があり、圧倒的な支持を集めている[1]。しかし、敢行されたライブツアーは、2009年現在まで20本を超えているものの、そのおよそ半分は映像作品化されておらず、2021年現在まで公式にリリースされているライブ映像作品は10本程度である(CDの特典として収録されたものを除く)。

そのライブ映像作品は、全て10万枚を超える高水準の売上を記録しており(特に2007年までの作品は全て20万枚を超えている)、そのうち4本の作品が、その作品がリリースされた年のオリコン年間音楽VHS/DVDチャートで1位を獲得している。また2007年までの全作品が、年間ランキング10位以内にランクインしており、2021年現在までも最低順位は12位である。

その人気のため、チケット入手は困難になることが多い。ホール公演は、ファンクラブ(B'z Party)会員優先予約だけで席が埋まってしまい、一般発売が行われないこともある。なお、1998年から2000年頃までは、公演地の地元のファンに考慮して、ファンクラブ優先予約を行わずに告知を地元とファンクラブに限定した、一般発売のみでチケット発売が行われていたが、この方法でチケットを発売したところ、地元のファンクラブ会員がチケットを入手出来ないなど不公平が生じたため、現在の発売方法に変更された。

『LIVE-GYM』という名称の由来[編集]

元々、ビーイング所属のアーティストのツアータイトルには、必ず「LIVE ○○」とつける習慣があり、B'zもツアータイトルを考える際に、「ライブは体を動かすから、体育会系みたいなもの → 体育をする為の施設=体育館」という意味で、体育館の英語表記「gym(nasium)」の「GYM」を取り、「LIVE-GYM」となった。

過去には、B'zがパーソナリティを務めたラジオ番組B'z WAVE-GYM』(東海ラジオ)や、ファンクラブイベントとして、未発表ビデオ上映会『VIDEO-GYM』と言うものもあった。これらの名称は、この『LIVE-GYM』にちなんで付けられた。

客出し曲[編集]

毎回、「LIVE-GYM」の終演後に客出し曲(EDSE/エンディング・エスイー)として、自身の曲を会場に流しているが、2000年以降のツアーでは、未発表曲を流している。メンバー曰く「ファンサービスも兼ねている」とのこと。この未発表曲は、大抵そのライブ後に発売されるシングルの2nd beatや3rd beat、または次作のアルバムに収録される。今までその曲がライブで演奏された事はなかったが、2008年のACTIONツアーにて、2002年度のLIVE-GYMのEDSEであった『New Message』が演奏された。

ライブ会場[編集]

「LIVE-GYM'98 SURVIVE」の頃から、アリーナドーム公演の前に、地方を中心としたホール公演が開催されている。これは「大きな会場ばかりでやっているとバンドが惰性化するから」「小さい、大きいも関係なくどこでもできるバンドでいたい」というメンバーの意向によるものである。また、国内のライブハウスでは、「LIVE-GYM」が開催されたことはない(SHOWCASEや、海外公演では行われている)。

ライブの恒例事項[編集]

MCの最初に、「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」と謳われ、ライブの最後には、稲葉の「せーの!」の掛け声と共に、客とバンド陣共に皆で「おつかれー!」と叫ぶのが恒例となっている。

ライブの種類[編集]

LIVE-GYMには、アルバムツアーPleasureツアーの2種類がある。

アルバムツアー[編集]

アルバムツアーとは、そのツアーの前後にリリースされた、オリジナルアルバムからの楽曲がメインのセットリストになっているライブツアーである。アルバムツアーのタイトルは、そのアルバム名、またはアルバム名を文字ったものになっている。

Pleasureツアー[編集]

LIVE-GYMには、アルバムツアーとは別に「Pleasure」と名前の付いたツアーがある。1991年~1993年1995年1997年2000年2003年2008年に行われた。

元々の発端は、1991年に行われた『B'z LIVE-GYM Pleasure'91』である。このツアーは『今まではアルバムの曲を中心にツアーを行ってきたが、今まで発表した楽曲を一度見直し、今まで演奏しなかった曲なども披露しよう』というコンセプトで行われた。最初の時点ではシリーズ化するつもりは無かったが、このツアーが非常に好評だったため、このPleasureツアーは2003年まで続けられた。

しかし、15周年となる2003年のライブツアー「The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"」を最後にPleasureシリーズを一時凍結することが宣言された。その理由としてはメンバーは、「ヒット曲も多くなり、周りのスタッフから、『普段のツアーでも、Pleasureシリーズみたいだね。』と言われる事が多くなり、それならばわざわざ『Pleasure』と名前を付けなくてもいいのではないか」と説明。その一方で、「『Pleasure』の名前を使用しなくなるというだけで、このツアーと同じようなコンセプトのツアーを行わなくなるわけではない」とも明言していた。

そして、デビュー20周年となる2008年9月に「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"」として復活することとなった。この復活についてメンバーは「(Pleasureを封印してからの)この5年間でヒット曲や定番曲でない曲にもスポットを当てれるようになった。その影で、逆に昔のメジャーな曲をやらなくなっているので、今だとPleasureをちょうどいい感じで出来る。」とコメントしている。ただし、「次のPleasureシリーズはいつやるかはわからない。」とも発言してる。

B'zには「Pleasure'○○ 〜人生の快楽〜」(○○には年代が入る)という楽曲があり、「Pleasure」シリーズで多く演奏されている(1993年、1997年除く。ただし1993年はオープニングにインストバージョンが披露されている)公演される年ごとに、歌詞の一部を変更されるが、それぞれの歌詞は繋がっており、時系列順で物語が展開されている。音源化されたものは、'91バージョンがシングル『LADY NAVIGATION』の2nd beatに、'98バージョンがベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』に、2008年バージョンがベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』に収録されている。それ以外はCD化はされていないが、DVD等のライブ映像作品に収録されている。

1992年以降の「Pleasure」シリーズには、サブタイトルが必ず付いている。そのサブタイトルは、そのライブでメインに披露される曲名になっている(1995年除く)。

SHOWCASE[編集]

SHOWCASE(ショーケース)とは、B'zが開催する小規模のライブの呼称である。LIVE-GYMとは区別されている。

基本的には、LIVE-GYM開催の数日前にシークレットライブとして1回のみ行われる。これは実際に観客を入れた公開リハーサルを兼ねており、選曲や構成、アレンジなどの最終チェックが行われている。SHOWCASEは、開催される地域の新聞広告とラジオでしか告知されず、またライブハウスもしくはホールという比較的小規模な会場で行われるため、チケット入手が非常に困難である。

B'z In Your Town[編集]

SHOWCASEには「B'z In Your Town」とタイトルの付くツアーがある。2007年2009年に開催された。

2007年の夏に、初の複数会場での「SHOWCASE 2007-19-」が、6都市のZeppで開催された。この後にLIVE-GYMが控えていたという訳ではなく、公開リハーサルの含みを持たせないSHOWCASEは初となった。その後、会場をホールへと移し「SHOWCASE 2007-B'z In Your Town-」を開催。これらのSHOWCASEツアーが開催された理由は、バンドメンバーの「ライブをやりたい」という一言と「この後の夏フェスに出演する予定があり、それに向けての肩慣らし」とのこと。その後「SUMMER SONIC'07」に出演した。

2009年にも「SHOWCASE 2009-B'z In Your Town-」を開催、その後「SUMMER SONIC'09」に出演した。2009年のSHOWCASEツアーは、2007年に開催した際、チケットの転売・オークションなどが問題となったため、SHOWCASEとしては初めてスケジュールがオフィシャルで事前告知され、クレジットカード決済での購入限定、当日の身分証明の確認などの対策が行われた。

そして2009年発行の会報誌内で、「B'z In Your Town」をシリーズ化することが宣言された。「地元のファンにも優先的にB'zのライブに来てもらう」というコンセプトのツアーとのこと。このシリーズにおいては、イベントで演奏される曲以外は、長い間演奏されていなかったアルバム曲や2nd beatなどのコアな楽曲が選曲される傾向がある。

LIVE-GYMが音楽イベント初開催となった会場[編集]

「LIVE-GYM」が開催された会場が、杮落しもしくは音楽イベント初開催となるケースが多くある。

これまでに「LIVE-GYM」開催で、杮落しもしくは音楽イベント初開催となった会場

公演一覧[編集]

本節では、『LIVE-GYM』『SHOWCASE』という名前が冠されていないライブについても、B'zが出演した特記事項のある公演ならば記述している。

デビュー(1988年)~1993年[編集]

日程 ツアータイトル 会場 備考 EDSE
1989年4月2日・3日 SF Rock Station FINAL EVENT 『THANK YOU TM NETWORK』 三重合歓の郷 当時TM NETWORKがレギュラー出演していた東海ラジオの番組、「SF Rock Station」から卒業することにあたって行われたフェス。B'zとして初のライブであり、TM NETWORK・FENCE OF DEFENSEと競演。演奏曲は「だからその手を離して」,「it's not a dream」,「ハートも濡れるナンバー」の3曲(都合により、バックの演奏はボーカルとギターの音を抜いたカラオケで行なわれた)。 なし
1989年6月1日 - 6月5日 B'z LIVE-GYM #00 "OFF THE LOCK" 全国3ヶ所3公演
>愛知芸術創芸センター、大阪厚生年金会館中ホール、日本青年館
初の単独ライブ。単独デビューライブとしては異例のホール会場のみで開催された。 Nothing To Change
1989年10月14日 - 10月28日 B'z BAD CLUB GYM 全国3ヶ所3公演
名古屋ボトムライン、クラブチッタ川崎、大阪つかしんテントイン
ダンスナンバーを中心とした企画ライブ。ライブハウスで行なわれた。 不明
1989年10月26日 - 12月23日 B'z LIVE-GYM #001 "OFF THE LOCK" 全国12ヶ所14公演
福岡・都久志会会館、熊本郵便貯金会館小ホール、仙台市民会館小ホール、 川口市民会館イベントホール、秋田・児童会館、青森市民ホール道新ホール渋谷公会堂、愛知勤労会館、宇都宮市文化会館小ホール、大阪国際交流センター、 渋谷公会堂、名古屋市公会堂
初の全国ツアーを開催。総動員数15,980人。 OFF THE LOCK
1989年10月29日 - 11月4日 B'z CAMPUS-GYM "OFF THE LOCK" 全国 2ヶ所2公演
美作女子短期大学名古屋芸術大学
B'z唯一の学園祭ライブ。 OFF THE LOCK
1990年10月29日 - 11月4日 B'z LIVE-GYM "BREAK THROUGH" 全国21都市22公演
浦和市文化センター千葉県文化会館、神奈川県立県民ホール、宇都宮市文化会館、高崎市文化会館、長野県県民文化会館小ホール、熊本市民会館長崎市公会堂、福岡郵便貯金ホール、新潟県民会館金沢市文化ホール、大阪厚生年金会館、メルパルクホール広島岡山市民会館、渋谷公会堂、仙台電力ホール青森市文化会館、秋田市文化会館、札幌市民会館、愛媛県民文化会館サブホール、名古屋市民会館
現在と異なるビジュアル系メイクの時代。総動員数35,217人。 ゆうべのCriyng~This is my truth~
1990年3月17日 COME ON JTB B'z WAVE-GYM SPECIAL EVENT 静岡県掛川市エキシビジョンホール B'z WAVE-GYMの公開録音 なし
1990年10月4日 - 1991年2月10日 B'z LIVE-GYM '90〜'91 "RISKY" 全国42ヶ所49公演
調布市グリーンホール、長野県民文化会館、鹿児島県文化センター、熊本市民会館、沖縄市民会館、大宮ソニックシティ、桐生産業文化会館、神奈川県立県民ホール、群馬音楽センター山梨県立県民文化ホール、千葉県文化会館、名古屋市民会館、浜松市民会館、メルパルクホール福岡、九州厚生年金会館、長崎市公会堂 、神戸国際会館徳島市立文化センター仙台イズミティ21秋田県民会館、室蘭文化センター、札幌市民会館、岩手県民会館、習志野市文化ホール、川崎市教育文化会館、郡山市民文化センター、青森市文化会館、松山市民会館、高松市民会館、大阪厚生年金会館、大分文化会館、メルパルクホール広島、メルパルクホール福岡、石川厚生年金会館、福井市公会堂、富山市公会堂、新潟県民会館、宇都宮市公会堂、岡山市民会館、名古屋センチュリーホール、静岡市民文化会館、渋谷公会堂、中野サンプラザ、渋谷公会堂
初のロングツアー。序盤はアルバム未発売の状態だった。総動員数92,135人。このツアーより「B'zのチケットは、取り難い。」と言われるようになる。 It's Raining…
1991年5月3日 - 8月17日 B'z LIVE-GYM "Pleasure '91" 全国35ヶ所41公演
千葉県文化会館、神戸国際会館、京都会館第一ホール、山形県県民会館、秋田県民会館、函館市民会館、札幌厚生年金会館、八戸市公会堂、青森市文化会館、長崎市公会堂、大分文化会館、佐賀市文化会館、熊本市民会館、福岡サンパレス、郡山市民文化センター、仙台サンプラザ、大宮ソニックシティ、愛媛県民文化会館、香川県民ホール、高知県民文化ホール、倉敷市民会館、メルパルクホール広島、徳山市民会館、福井フェニックスプラザ、石川厚生年金会館、群馬県民会館、新潟県民会館、長野県県民文化会館、那覇市民会館、沖縄市民会館、鹿児島市民文化第一ホール、九州厚生年金会館、大阪城ホール日本武道館名古屋レインボーホール、日本武道館
初のPleasureツアー。初の日本武道館公演を開催。「JUST ANOTHER LIFE」として映像作品化。総動員数121,328人。 Good-bye Holy Days
1991年10月4日 - 1992年4月30日 B'z LIVE-GYM '91~'92 "IN THE LIFE" 全国52ヶ所66公演
調布グリーンホール、浦和市文化センター、神戸国際会館、福岡サンパレス、鹿児島市民文化会館、熊本市民会館、旭川市民文化会館、北海道厚生年金会館、静岡市民文化会館、宇都宮市文化会館、山梨県立県民文化ホール、大宮ソニックシティ、八王子市民会館、大分文化会館、徳山市文化会館、倉敷市民会館、広島厚生年金会館、姫路市文化センター、高知県民文化ホール、愛媛県民文化ホール、徳島文化ホール、香川県民ホール、新潟県民会館、市川市文化会館、秋田県民会館、青森市文化会館、渋谷公会堂、大阪厚生年金会館、長崎市公会堂、佐賀市文化会館、九州厚生年金会館、宮崎市民会館、沼津市民文化センター、磐田市民会館、渋谷公会堂、群馬県民会館、仙台サンプラザ、岩手県民会館、山形県民会館、富山市公会堂、石川厚生年金会館、福井フェニックスプラザ、長野県民文化会館、名古屋センチュリーホール、和歌山県民文化会館、川崎市立教育文化会館、郡山市民文化センター、北見市民会館、釧路市民会館、帯広市民会館、苫小牧市民文化ホール、東京ベイNKホール沖縄コンベンションセンター
謎のバンドZ'bが登場。後に稲葉が精神的にきつかった時期と語っている。総動員数124,842人。 憂いのGYPSY(Instrumental)
1992年7月18日 - 8月28日 B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME" 全国3ヶ所12公演
横浜アリーナ、大阪城ホール、名古屋レインボーホール、横浜アリーナ、大阪城ホール
初のアリーナツアー。360度開放ステージでバックステージにも観客を動員。今ツアーからロック色がより強くなる。これ以降98年以外の全てのライブに参加する、キーボーティスト増田隆宣が初参加。総動員数120,000人。 Pleasure'91(Piano ver.)
1993年1月30日 - 6月30日 B'z LIVE-GYM '93 "RUN" 全国21ヶ所49公演
浦和市文化センター、大阪フェスティバルホール、名古屋センチュリーホール、広島厚生年金会館、福岡サンパレス、中野サンプラザ、大宮ソニックシティ、新潟県民会館、石川厚生年金会館、愛媛県民文化会館、香川県県民ホール、青森市文化会館、札幌厚生年金会館、倉敷市民会館、長野県民文化会館、札幌厚生年金会館、仙台サンプラザ、沖縄コンベンションセンター、福岡サンパレス、鹿児島市民文化第一ホール、名古屋レインボーホール、国立代々木競技場第一体育館、大阪城ホール
稲葉の空中フライング演出が話題に。総動員数139,108人。 さよならなんかは言わせない(Instrumental)
1993年7月31日 - 8月1日 B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER" 静岡県弁天島海浜公園・渚園 初の野外ライブ。単独ライブとして当時では異例の2日間で10万人を動員。松本のギター爆破パフォーマンスで大きな話題に。「LIVE RIPPER」として映像作品化 ONE FOR THE ROAD

1994年~1998年[編集]

日程 ツアータイトル 会場 備考 EDSE
1994年2月9日 - 7月2日 B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART 1> 全国37ヶ所55公演
川口リリアホール、倉敷市民会館、島根県民会館鳥取県立県民文化会館、神戸国際会館、和歌山県民文化会館、名古屋センチュリーホール、市川市文化会館、四日市市文化会館、京都会館第一ホール、新潟県民会館、群馬県民会館、長野県民文化会館、アスティとくしま、高知県民文化ホール、熊本市民会館、長崎市公会堂、大分文化会館、九州厚生年金会館、神奈川県立県民ホール、茨城県立県民文化センター、宇都宮市文化会館、山梨県民文化ホール、釧路市民文化会館、帯広市民文化ホール、北海道厚生年金会館、山形市総合スポーツセンター、郡山市民文化センター、秋田県民会館、岩手県民会館、福岡国際センター、沖縄コンベンションセンター、名古屋レインボーホール、日本武道館、大阪城ホール、広島サンプラザ、横浜アリーナ
<PART 2>とあわせてB'z史上最長のツアーに。今ツアーから稲葉と松本の立ち位置が現在のようになる。総動員数178,350人。 Don't Leave Me(Instrumental)
1994年9月28日 - 12月24日 B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART 2> 全国18ヶ所32公演
青森市文化会館、愛媛県民文化会館、香川県民ホール、宮崎市民会館、鹿児島市民文化第一ホール、大宮ソニックシティ、北見市民会館、旭川市民文化会館、函館市民会館、福井フェニックスプラザ、石川厚生年金会館、静岡市民文化会館、横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、国立代々木競技場第一体育館、仙台市体育館月寒グリーンドーム
アリーナ公演ではTIMEツアー以来の360度開放ステージに。千秋楽のみ「いつかのメリークリスマス」を演奏。総動員数137,895人。 Don't Leave Me(Instrumental)
1994年12月25日 SECRET GIG "Merry Xmas メリーさんの羊が一匹・聖しこの夜" 札幌ペニーレーン24 ツアーの打ち上げを兼ねたシークレットライブ。千秋楽の観客から抽選で招待された。 Don't Leave Me(Instrumental)
1995年7月7日 - 8月25日 B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!" 全国7ヶ所12公演
山形市総合スポーツセンター、舞洲スポーツアイランド横浜スタジアムナゴヤ球場福岡ドーム真駒内オープンスタジアム千葉マリンスタジアム
初のスタジアムツアー(山形市総合スポーツセンターのみアリーナ公演)。未発表曲「LOVE PHANTOM」が大きな話題になる。「"BUZZ!!" THE MOVIE」として映像作品化。売上はVHSのライブ映像作品史上最高の売り上げを記録した。総動員数280,000人。 7/7~7/30・・・ONE FOR THE ROAD, 8/13~8/25・・・消えない虹(English Version)
1996年3月10日 B'z LIVE-GYM '96 "spirit LOOSE" SHOWCASE 渋谷 ON AIR EAST 初のSHOWCASE。アンコールではKISSの「デュース」をカバー ミエナイチカラ(Piano Version)
1996年7月7日 - 7月6日 B'z LIVE-GYM '96 "spirit LOOSE" 全国19ヶ所44公演
グリーンドーム前橋、浜松アリーナ、広島グリーンアリーナ、ワールド記念ホール、アスティとくしま、愛媛県県民文化会館、横浜アリーナ、新潟市産業振興センター石川県産業展示館、名古屋レインボーホール、仙台市体育館、盛岡アイスアリーナ、国立代々木競技場第一体育館、大阪城ホール、真駒内アイスアリーナ、大阪城ホール、名古屋レインボーホール、日本武道館、マリンメッセ福岡、鹿児島アリーナ、沖縄コンベンションセンター
B'z主演のオープニングムービーが話題に。総動員数273,322人。 ミエナイチカラ(Piano Version)
1997年3月10日 - 4月2日 B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL" 全国5ヶ所9公演
グリーンドーム前橋、ナゴヤドーム東京ドーム福岡ドーム大阪ドーム
初のドームツアー。ナゴヤドーム公演は杮落としとなった。「DO-ME」「Calling」が先行披露された。総動員数314,000人。 Calling(Piano Version)
1997年12月29日 B'z SHOWCASE '97 "GO GO HEAVEN" 横浜 CLUB HEAVEN ライブタイトルはSPEEDの曲名から。 Survive(Guitar Solo Version)
1998年1月7日 - 6月6日 B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE" 全国21ヶ所49公演
秋田県民会館、函館市民会館、高知県民文化ホール、滋賀県立文化産業交流会館、長崎市公会堂、三重サンアリーナ、浜松アリーナ、マリンメッセ福岡、 広島グリーンアリーナ、アスティとくしま、大阪城ホール、横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、新潟市産業振興センター、石川県産業展示館、鹿児島アリーナ、沖縄コンベンションセンター、国立代々木競技場第一体育館、真駒内アイスアリーナ、盛岡アイスアリーナ、宮城県総合体育館、国立代々木競技場第一体育館、大阪城ホール、マリンメッセ福岡
アニメムービー、瞬間移動、セット崩壊などエンターテイメント色が強いツアー。総動員数342,000人 Survive(Guitar Solo Version)

1999年~2003年[編集]

日程 ツアータイトル 会場 備考 EDSE
1999年6月30日 B'z SHOWCASE '99 "B'Zepp" Zepp SAPPORO ライブハウスZeppでは初のライブ。 夢のような日々
1999年7月9日 - 9月25日 B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood" 全国19ヶ所24公演
札幌つどーむ、東京ドーム、大館樹海ドーム、ナゴヤドーム、福岡ドーム、大阪ドーム、横浜国際総合競技場、香川県県民ホール、宮崎市民文化ホール、沖縄コンベンション劇場、石川厚生年金会館、仙台イズミティ21、稚内総合文化センター、大分グランシアタ、倉敷市民会館、徳山市文化会館、京都会館第一ホール
バンド演奏に重点を置いたツアー。9月には「EXTRA」と題した追加公演も。また、初めて横浜国際総合競技場にてライブを行なった。「once upon a time in 横浜」として映像作品化。総動員数約50万人。 夢のような日々
2000年6月16日 juice Guellira Live 札幌チサンホテル駐車場 PV収録も兼ねた路上ライブ。「ZERO」,「ギリギリchop」も披露。 なし
2000年5月30日 - 8月20日 B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice" 全国19ヶ所21公演
富山オーバードホール、なら100年会館、青森市民文化会館、日本武道館、長野Mウェーブ、広島サンプラザ、アスティとくしま、宮城県総合運動公園総合体育館、札幌つどーむ、ナゴヤドーム、福岡ドーム、千葉マリンスタジアム、大阪ドーム
The 9th Bluesツアー以来の360度開放ステージ。ステージ後方の席は、観客がステージの演出を手伝「演出協力席」を設定。
この演出の一部から、会場では多くの観客がペンライト会場に持ってくるという珍事も発生。(現在では、ペンライト等は使用禁止)
また、8月9日の千葉マリンスタジアム公演では大雨が降り[2]、アリーナ(グラウンド)は雨水が足元から10cm程溜まり、かつステージ付近に雷が落ちスタッフに怪我人が出たため、短縮・打ち切りに。総動員数451,500人。
Thinking of you
2001年2月22日 B'z SHOWCASE 2001 "コブシヲニギレ" Zepp OSAKA 未発表曲「Logic」を初披露。 美しき世界
2001年2月26日 - 8月8日 B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN" 全国29ヶ所46公演
さいたまスーパーアリーナ、浜松アリーナ、マリンメッセ福岡、広島グリーンアリーナ、長野Mウェーブ、国立代々木競技場第一体育館、宮城県総合運動公園総合体育館、山形市総合スポーツセンター、サンドーム福井、横浜アリーナ、盛岡アイスアリーナ、日本武道館、マリンメッセ福岡、アスティとくしま、鹿児島アリーナ、神戸ワールド記念ホール、沖縄コンベンションセンター、沖縄市民会館、根室市総合文化会館、札幌ドーム、西武ドーム、ナゴヤドーム、大阪ドーム、福岡ドーム、鳥取県民文化会館、長良川国際会議場、和歌山県民文化会館
札幌ドームは杮落とし公演となる。8月7日の岐阜公演をもって全都道府県完全制覇となった。総動員数620,344人。 美しき世界
2001年8月25日・26日 B'z LIVE-GYM in Taipei 2001 全1ヶ所2公演
台北南港101
初の海外ツアー。現地で人気の高かった「夢見が丘」を演奏。 美しき世界
2001年8月29日・30日 B'z LIVE-GYM in Hong Kong 2001 全1ヶ所2公演
香港国際展示Hall3
2回目の海外ツアー。現地で人気の高かった「夢見が丘」を演奏。 美しき世界
2002年6月17日 B'z SHOWCASE 2002 "SAPPORO DEVIL" Zepp SAPPORO タイトルはELEVEN収録曲「TOKYO DEVIL」から。 New Message
2002年6月27日 2002 FIFA World Cup KOREA/JAPAN Official Concert International Day 東京スタジアム エアロスミスと競演。アンコールではエアロスミスとセッション。 不明
2002年7月8日 - 10月3日 B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN ~GO★FIGHT★WIN~" 全国1ヶ所18公演
福江文化会館、福島県文化センター、山梨県立県民文化ホール、さいたまスーパーアリーナ、ナゴヤドーム、広島広域公園陸上競技場、札幌ドーム、静岡県小笠山総合運動公園スタジアム大分スポーツ公園総合競技場、沖縄コンベンションセンター、福岡ドーム、新潟スタジアム、横浜国際総合競技場、大阪ドーム、宮城県総合運動公園総合体育館
W杯の会場を中心とした野外ツアー。ビリー・シーンが参加。「a BEAUTIFUL REEL.」として映像作品化。総動員数564,734人。 New Message
2002年9月22日 - 9月24日 B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll" 全2ヶ所2公演
Canes Bar&Grill、The Palace
初のアメリカ公演。この模様はインターネットでも中継された。タイトルには寿司の「カリフォルニア巻き」が掛けられており、「カリフォルニア巻きも日本で出来ており、自分達も日本で出来たバンドである。」と言う意味が込められている。未CD音源化の「Logic」も演奏された。 不明
2002年10月5日 B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll in Tokyo" 日比谷野外音楽堂 アメリカツアー開催を記念した凱旋記念公演。音漏れを聴くために会場の外には3000人もの人が集まった。 不明
2003年6月26日 B'z SHOWCASE 2003 "IT'S SHOWCASE" 新木場STUDIO COAST LADY NAVIGATION」を約10年ぶりに演奏。5年ぶりに徳永暁人をベーシストに起用。 眩しいサイン
2003年7月8日 - 9月21日

<th> B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"</th>

全国22ヶ所23公演
函館市民会館、小樽市民会館、帯広市民文化ホール、仙台サンプラザ、青森市文化会館、秋田県民会館、佐渡中央文化会館、新潟県民会館、石川厚生年金会館、熊本市民会館、宮崎市民文化ホール、鹿児島市民文化ホール、長野県県民文化会館、香川県県民ホール、 愛媛県民文化会館、島根県民会館、ふくやま芸術文化ホール、倉敷市民会館、姫路市文化センター、神戸国際会館、びわこホール、静岡県弁天島海浜公園・渚園
事実上のファンクラブツアー。「これまでのライブのリバイバル」をコンセプトに行われた。10年ぶりの渚園となった最終公演は台風の影響で豪雨だったため、曲数や演出等が一部カットとなった。9月21日(最終日)の渚園公演時にはサッポロファクトリーホール、仙台国際センター、パシフィコ横浜、名古屋市公会堂、ZEPP大阪、福岡 キューズの全国6ヶ所でクローズドサーキットも行われた。「Typhoon No.15」として映像作品化。 眩しいサイン
2003年10月12日 - 10月23日 B'z LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA" 全5ヶ所7公演
House of Blues、House of Blues、The Fillmore、Showbox、Commodore Ballroom
西海岸中心としたライブハウスツアー。 不明
2003年11月13日 B'z SHOWCASE 2003 "BIG MACHINE" 川崎CLUB CITTA' タイトルにひねりがないのはB'z曰く「考えたタイトルがくだらない」から(例:「ビックリマシーン」etc.) もうはなさない
2003年11月20日 - 12月27日 B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE" 全国6ヶ所12公演
さいたまスーパーアリーナ、ナゴヤドーム、福岡ドーム、大阪ドーム、札幌ドーム、東京ドーム
初の5大ドームツアー。日本のコンサートでは初のモトライダーによる空中飛翔演出が登場。「いつかのメリークリスマス」を9年ぶりに演奏。 もうはなさない

2004年~2008年[編集]

日程 ツアータイトル 会場 備考 EDSE
2005年4月15日 B'z SHOWCASE 2005 "網走番外編" 網走市民会館 タイトルは映画「網走番外地」が由来。 Dear my lovely pain
2005年4月7日 - 9月19日 B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK" 全国27ヶ所41公演
釧路市民文化会館、旭川市民文化会館、青森市文化会館、會津風雅堂、佐賀市文化会館、大分グランシアタ、愛媛県県民文化会館、高知県立県民文化ホール、上越文化会館、長野県松本文化会館、群馬県民会館、鳥取県立県民文化会館、京都会館、宮城県総合運動公園総合体育館、真駒内アイスアリーナ、長野エムウェーブ、エコパアリーナ、神戸ワールド記念ホール、広島グリーンアリーナ、サンドーム福井、幕張メッセ・イベントホール、鹿児島アリーナ、沖縄コンベンションセンター、福岡ドーム、東京ドーム、ナゴヤドーム、大阪ドーム
初の円形ステージ。ドームではフロアが可動式となり、最高速度20km/hで回転していた。 Dear my lovely pain
2006年6月29日 B'z SHOWCASE 2006 "横須賀MONSTER" 横須賀芸術劇場 この日のみ「MVP」の振り付けは稲葉による直接指導。 BUDDY
2006年7月2日 - 8月29日 B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" 全国11ヶ所17公演
奄美文化センター、延岡総合文化センター、山口市民会館、長岡市立劇場、盛岡市民文化ホール、山形県県民会館、札幌ドーム、福岡Yahoo! Japanドーム、東京ドーム、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪
スタッフが一新されたツアー。二度目の5大ドーム公演も行った。9年ぶりのファンクラブイベント「Treasure Land」も同時開催。「MONSTER'S GARAGE」として映像作品化。 BUDDY
2006年9月1日 B'z Premium LIVE 大阪なんばHatch 初の招待制ライブ。この模様は様々な媒体で配信された。セットリストはMONSTER'S GARAGEとほとんど同じ。HOMEの英語バーションを初披露した。 BUDDY
2007年6月18日 - 7月4日 B'z SHOWCASE 2007 "19" 全国6ヶ所6公演
Zepp Sapporo、Zepp Sendai、Zepp Tokyo、Zepp Fukuoka、Zepp Osaka、Zepp Nagoya
初の複数会場でのSHOWCASE。2007年は「(楽曲製作に専念する為)ツアーは無し」と明言していたが、SUMEER SONIC '07へ出演するためのリハーサルも兼ねてメンバーが「ライブをやりたい」と提案し、急遽決定した。その為、タイトルも「急遽決まったことと、19年目なので、そのまま『19』。何も考えてなく、ひねりも全くなし」との事。「ARIGATO」が初めて演奏された。 Have you ever seen the rain?

Creedence Clearwater Revival

2007年7月9日 - 8月8日 B'z SHOWCASE 2007 "B'z In Your Town" 全国7ヶ所7公演
ふくやま芸術文化ホール、鳥栖市民文化会館、宮崎市民文化ホール福井フェニックスプラザ金沢市観光会館松戸市文化会館 森のホール21宇都宮市文化会館
先にZeppにて行なわれた、SHOWCASEの第2弾。-19-と共にシングル曲は極力演奏されず、過去のアルバム曲や2nd beat中心によるコアな選曲となった。尚宮崎公演は台風の影響で交通機関が麻痺し、公演途中やアンコールに会場に到着、また最終的に会場まで到着出来なかった観客が数多くいた。 Have you ever seen the rain?

(Creedence Clearwater Revival)

2008年1月25日 B'z SHOWCASE 2008 "清武ACTION" 宮崎県・清武町文化会館 2007年に行われたSHOWCASEの流れを汲んだコアな楽曲を大いに含んだセットリストであった。5年ぶりにバリー・スパークスがベーシストとして起用された。 希望の歌
2008年1月28日 - 8月17日 B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION" 全国35ヶ所53公演
長崎ブリックホール、熊本市民会館、鹿児島市民文化ホール、島根県民会館、倉敷市民会館、京都会館、長良川国際会議場、苫小牧市民会館、釧路市民文化会館、長野県松本文化会館、山梨県立県民文化ホール、香川県県民ホール、高知県立県民文化ホール、愛媛県県民文化会館、郡山市民文化センター、奥州市文化会館、青森市文化会館、秋田県民会館、三重県営サンアリーナ、さいたまスーパーアリーナ、長野ビッグハット、日本武道館、ホットハウススーパーアリーナ、サンドーム福井、朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター、横浜アリーナ、アスティとくしま、北海道立総合体育センター きたえーる、日本ガイシホール、大阪城ホール、神戸ワールド記念ホール、広島グリーンアリーナ、エコパアリーナ、マリンメッセ福岡、沖縄コンベンションセンター
2007年12月5日に発売されたアルバム、「ACTION」の楽曲を中心としたツアー。ホール&アリーナクラスの会場で開催された。 5年ぶりにバリー・スパークスをベーシストに起用。 希望の歌(ホール公演)

National Holiday(アリーナ公演)

2008年9月6日 - 9月21日 B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS- 全国3ヶ所6公演
神戸ユニバー記念競技場豊田スタジアム日産スタジアム
2003年に凍結された「Pleasure」シリーズを、デビュー20周年を記念して、スタジアムクラスの会場で開催。直前まで行われていたACTIONツアーからは選曲がほぼ総入れ替えとなっている。総動員数は、アルバムツアーのACTIONと合わせて約75万人。
9/20・21の横浜公演終演後は朝日新聞号外を発行し、地元の駅前(新横浜駅小机駅)で配布した。
いつかまたここで

2009年~現在[編集]

Current event marker.svg
この項目は予定される事象を扱っています。予想の記載や性急な編集をせず事実を確認し正確な記述を心がけて下さい。この内容は不特定多数のボランティアにより自由に編集されていることを踏まえ、自身の安全利害に関わる情報は自己責任でご判断ください。
日程 ツアータイトル 会場 備考 EDSE
2009年7月20日 - 8月5日 B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town- 全国8ヶ所8公演
石橋文化ホール岸和田市立浪切ホールいわきアリオス市原市市民会館まつもと市民芸術館、土岐市文化プラザ サンホール、アルカスSASEBO米子コンベンションセンター
SHOWCASEとしては初めて、事前に公式サイトなどで開催の告知が行われた。 MY LONELY TOWN
2010年1月14日 - 3月7日
(予定)
B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" 全国11ヶ所19公演
青森市文化会館、大館市民文化会館、仙台サンプラザホール、福島県文化センター、旭川市民文化会館、北海道厚生年金会館、函館市民会館、福岡Yahoo!JAPANドーム、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、東京ドーム
本公演から座席がSS席、S席、A席、B席、C席と区分けされ、座席の値段もSS席からC席まで、値段が低くなっていく料金体系となる。 ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM- (B'zの二人が今回のLIVE-GYMのテーマ曲として書き下ろした楽曲。今後も使用されて行くかは不明)

ライブ映像作品[編集]

正式なライブ映像作品[編集]

タイトル 元となったライブ リリース日 No: 備考
JUST ANOTHER LIFE B'z LIVE-GYM "Pleasure '91" 1991年12月11日 (VHS/LD) BMVR-24 (VHS)
BMLR-24 (LD)
DVD化されていない。
1992年度オリコン年間VHSチャート第1位。
LIVE RIPPER B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER" 1993年12月9日 (VHS/LD)
2001年3月14日 (DVD)
BMVR-1003 (VHS)
BMLR-1003 (LP)
BMBD-1003 (DVD)
DVD版では「さよならなんかは言わせない」が追加収録されている。
1994年度オリコン年間音楽VHSチャート第1位。
"BUZZ!!" THE MOVIE B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!" 1996年1月1日 (VHS/LD)
2001年3月14日 (DVD)
BMVR-5001 (VHS)
BMLR-5001 (LP)
BMBD-5001 (DVD)
DVD版では「もう一度キスしたかった」「裸足の女神」が追加収録されている。
1996年度オリコン年間音楽VHSチャート第1位。VHSとしてリリースされたライブ映像作品では歴代1位の売り上げを記録している。
once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜 B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood" 2000年8月2日 (VHS)
2001年3月14日 (DVD)
BMVR-5003 (VHS)
BMBD-5003 (DVD)
初のアルバムツアー映像化である。元々は過去のライブ映像でベストアルバムならぬベストVHSを製作する予定だったが、圧倒的にBrotherhoodツアー横浜公演映像化の要望が多かったため、それに応える形となった。
2000年度オリコン年間音楽VHSチャート第5位。

DVDでは松本ソロ名義の「GO FURTHER」、稲葉ソロ名義の「遠くまで」が追加収録されている。

a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜 B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN ~GO★FIGHT★WIN~" 2002年11月27日 (VHS/DVD) ONVX-5014 (VHS)
ONBD-5014〜5 (DVD)
一部ドキュメンタリー映像が挿入されている。
DVDではアメリカ公演のダイジェストなどが追加収録されている。
2003年度オリコン年間音楽DVDチャート第1位。
Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" 2004年2月25日 (VHS/DVD) ONXV-5016〜7 (VHS)
ONBD-5016〜8 (DVD)
DVDでは2003年の活動ダイジェストを挟んで、1曲目「アラクレ」までの道のりを追ったドキュメント映像が追加収録されている。
2004年度オリコン年間音楽DVDチャート第2位。
B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" 2006年12月20日 (DVD) ONBD-5019〜21 (DVD) 2007年度オリコン年間音楽DVDチャート第2位。
B'z LIVE in なんば B'z Premium LIVE 2008年2月20日 (DVD) BMBV-5001 (DVD) 元々Network Live用の映像だったが、そこが抑えていた権利期限が切れたのでリリースすることになった[3]
2008年度オリコン年間音楽DVDチャート第7位。
B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜 B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "RUN"
B'z LIVE-GYM '94 "THE 9TH BLUES -Part1-"
B'z LIVE-GYM '94 "THE 9TH BLUES -Part2-"
B'z LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"
B'z SHOWCASE '97 "GO! GO! HEAVEN"
B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
B'z LIVE-GYM '99 -Brotherhood- SHOWCASE "B'zepp"
B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood -Extra-"
B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
B'z SHOWCASE 2001 "コブシヲニギレ"
B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"
B'z SHOWCASE 2002 "SAPPORO DEVIL"
B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
2008年12月10日 (DVD) BMBV-5002〜4 (DVD) 結成20周年を記念して過去のライブ映像から30曲以上を選りすぐり収録したもの。
2009年度オリコン年間音楽DVDチャート第11位。
B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS- B'z LIVE-GYM 2008 -GLORY DAYS- 2009年2月25日 (DVD) BMBV-5005~5006 (DVD) 2009年度オリコン年間音楽DVDチャート第12位。

CD特典[編集]

タイトル 元となったライブ リリース日 No: 備考
SPLASH![CD+DVD] B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK" 2006年6月7日 (DVD) BMBV-5011〜13 (DVD) 3種類の初回限定盤(グリーン、ブルー、イエロー)の特典として、それぞれ「愛のバクダン」「パルス」「Fever」が収録された。
B'z The Best "ULTRA Pleasure"[2CD+DVD] B'z LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
B'z LIVE-GYM Pleasure '93 "RUN"
B'z LIVE-GYM '94 "THE 9TH BLUES -Part1-"
B'z LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"
B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"
B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
2008年6月18日 (DVD) BMBB-8020 (DVD) それぞれのライブ映像から1曲ずつ選りすぐられて収録されている。
B'z The Best "ULTRA Treasure"[2CD+DVD] B'z SHOWCASE 2007 "19" at Zepp Tokyo 2008年9月17日 (DVD) BMBB-8024 (DVD) SHOWCASEとしては初の公式映像作品化。
MAGIC[CD+DVD] B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town- 2009年11月18日 (DVD) BMCV-8029 (DVD) ドキュメンタリー映像のひとつとして2009年のSHOWCASEの映像を一部収録。その他、SUMMER SONIC'09に出演したときの映像も一部収録している。

その他[編集]

タイトル 元となったライブ リリース日 No: 備考
The true meaning of "Brotherhood"?[DVD] B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood" 2001年3月14日 (DVD) BMBD-5003 (DVD) VHSではただのドキュメンタリー作品だが、DVDでは特典として京都会館第一ホールでの「JAP THE RIPPER」が収録されている。2000年度オリコン年間音楽VHSチャート第1位。
B'z Official Bootleg 1998年までに敢行されたライブ (非売品) (VHS) (不詳) (VHS) 1998年9月に何の告知もなしに突然B'z Party会員に発送された10周年記念品。当時のライブ映像が細切れで収録されており、それを観ながらB'zのメンバーがコメントするというドキュメンタリーもの。
B'z Official Bootleg Hidden Treasure ~Typhoon No.20~ 2008年までに敢行されたライブ (非売品) (DVD) BZVS-0001 (DVD) 2008年9月1日現在、正規登録を完了したB'z Party会員全員に20周年記念品として発送されたドキュメンタリー作品。随所に当時のライブ映像が細切れで収録されている。

サポートメンバー一覧[編集]

人名 パート 参加公演名
明石昌夫 ベース
マニピュレート
LIVE-GYM #00 "OFF THE LOCK
LIVE-GYM #001 "OFF THE LOCK"
LIVE-GYM "BREAK THROUGH"
LIVE-GYM '90~'91 "RISKY"
LIVE-GYM "Pleasure '91"
LIVE-GYM '91~'92 "IN THE LIFE"
LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
LIVE-GYM '93 "RUN"
LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART 1.2>
LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"
徳永暁人 ベース LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
LIVE-GYM 2003 The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"
LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE
SHOWCASE 2007 -19-
SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-
満園庄太郎 ベース LIVE-GYM '99 "Brotherhood"
LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"
LIVE-GYM in Taipei 2001
LIVE-GYM in Hong Kong 2001
ビリー・シーン ベース LIVE-GYM 2002 "GREEN ~GO★FIGHT★WIN~"
LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
バリー・スパークス ベース LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA"
LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
LIVE-GYM 2008 "ACTION"
LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"
SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-
阿部薫 ドラム LIVE-GYM #00 "OFF THE LOCK
LIVE-GYM #001 "OFF THE LOCK"
LIVE-GYM "BREAK THROUGH"
田中一光 ドラム LIVE-GYM '90~'91 "RISKY"
LIVE-GYM "Pleasure '91"
LIVE-GYM '91~'92 "IN THE LIFE"
LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
LIVE-GYM '93 "RUN"
LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART 1.2>
デニー・フォンハイザー ドラム LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"
黒瀬蛙一 ドラム LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
LIVE-GYM '99 "Brotherhood"
LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"
LIVE-GYM in Taipei 2001
LIVE-GYM in Hong Kong 2001
シェーン・ガラース ドラム LIVE-GYM 2002 "GREEN ~GO★FIGHT★WIN~"
LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
LIVE-GYM 2003 The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"
LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA"
LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
SHOWCASE 2007 -19-
SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-
LIVE-GYM 2008 "ACTION"
LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"
SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-
広本葉子 キーボード LIVE-GYM #00 "OFF THE LOCK
LIVE-GYM #001 "OFF THE LOCK"
LIVE-GYM "BREAK THROUGH"
LIVE-GYM '90~'91 "RISKY"
LIVE-GYM "Pleasure '91"
LIVE-GYM '91~'92 "IN THE LIFE"
増田隆宣 キーボード LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
LIVE-GYM '93 "RUN"
LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART 1.2>
LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"
LIVE-GYM '99 "Brotherhood"
LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"
LIVE-GYM in Taipei 2001
LIVE-GYM in Hong Kong 2001
LIVE-GYM 2002 "GREEN ~GO★FIGHT★WIN~"
LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
LIVE-GYM 2003 The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"
LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA"
LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
SHOWCASE 2007 -19-
SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-
LIVE-GYM 2008 "ACTION"
LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"
SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-
大島康祐(ex.WANDS キーボード LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
大田紳一郎 ボーカル
ギター
LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"
LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
SHOWCASE 2007 -19-
SHOWCASE 2007 -B'z In Your Town-
LIVE-GYM 2008 "ACTION"
LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"
高原裕枝 コーラス LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
中村優子 コーラス LIVE-GYM Pleasure '92 "TIME"
澤野博敬 トランペット LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
澤田秀浩 トランペット LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
野村裕幸 トロンボーン LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"
吉田じゅんべい サクソフォーン LIVE-GYM Pleasure '93 "JAP THE RIPPER"

日本国外のライブを行った都市[編集]

都市名 国名 公演名 公演日
台北市 台湾 LIVE-GYM in Taipei 2001 2001年8月25日~8月26日
香港 中華人民共和国 LIVE-GYM in Hong Kong 2001 2001年8月29日~8月30日
サンディエゴ アメリカ合衆国カリフォルニア州 LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll" 2002年9月22日
ロサンゼルス アメリカ合衆国、カリフォルニア州 LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA"
2002年9月24日
2003年10月14日~15日
ラスベガス アメリカ合衆国、ネバダ州 LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA" 2003年10月12日
サンフランシスコ アメリカ合衆国、カリフォルニア州 LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA" 2003年10月18日~19日
シアトル アメリカ合衆国、ワシントン州 LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA" 2003年10月21日
バンクーバー カナダブリティッシュコロンビア州 LIVE-GYM 2003 "BANZAI IN NORTH AMERICA" 2003年10月23日

参考文献・出典[編集]

  1. 、『oricon style、「人にすすめたくなるライブ」』オリコン・エンタテインメント、2005年2006年にて2年連続1位を獲得。特に、2005年は男女共に1位と圧倒的な支持を得た(2006年も男性1位、女性2位)。
  2. B'z The Best "ULTRA Pleasure"』の特典DVDに大雨の中での「LOVE PHANTOM」のライブ映像が収録されている。
  3. B'z Partyの会報「be with! Vol.77」参照