金子清黙

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

金子清黙は福岡県うきは市吉井町出身 1949年3月2日生 俳人 句文集 「清黙」上梓  元日本航空機長 平成15年国土交通大臣表彰 2009年平成21年退職。 平成23年5月5日うきは市「やまたろ」俳句会に入会。平成24年1月「ホトトギス」に投句、同年8月大牟田市「さわらび」に投句。平成26年2月20日 ホトトギス同人、(公益社団法人)日本伝統俳句協会会員。主な入選句。「小春日や子供の笑ひ風に乗り」「比翼塚三〇〇年の秋の風」「漱石の忌日に懸ける今日一日」、「鳴き尽くし社の土に還る蝉」は吉井町・若宮神社の句碑に。「力作で鶴に見習う恩返し」「椿寿忌やいざ鎌倉へ数珠と筆」「曇天の雲の重さに啼く蛙」「短冊を食み出す願い星祭」「活き活きと分岐してゆく田植水」新進気鋭である。


ウィキペディア無し small.png
ウィキペディアにも「金子清黙」の項目が執筆されていましたが、削除されてしまいました