新型コロナウイルス感染症 (2019年)

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「新型コロナウイルス感染症 (2019年)」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「新型コロナウイルス感染症 (2019年) (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

この記事は、投稿内容に関係なく

麻原英太会話/履歴

氏、及びその模倣と思われるアカウントの書き込み、投稿は禁止いたします。
もしそれと思われるものを発見したら、即座に削除いたしますのでご了承ください。

これは、2019年12月頃に発見された新型コロナウイルス感染症の事であり、ウイルス性の風邪の一種。
「コロナ」「コロナウイルス」と言えば大抵これを指す。COVID-19とも言う。

感染率は高いが致死率の低いインフルエンザ並みの風邪。むしろピーク時に週200万人以上が感染し、年間1万人以上が死亡したインフルのほうが危険な感染症である。

概要[編集]

2019年12月に中国・武漢(ウーハン、ぶかん)で謎の肺炎が流行しているとWHOに報告があり調査すると、新型のコロナウイルスと言うことが判明した。
その後、瞬く間に全世界に広がり、現在もなお大混乱を引き起こし続けている。

症状[編集]

などと、風邪程度のものであり、寝ていれば約3日で治る。デタラメPCR検査を受けなければ、コロナと診断されないし、感染者扱いされず、陽性になって周りに迷惑をかけずに済む。陽性者の9割が無症状。

重症者[編集]

重症者のほとんどが60歳以上の高齢者であり、10代の重症者も全国で1例しか確認されておらず、20代の重症者は2桁である。そのため、若者が恐れる必要は無い。ちなみにインフルエンザも重症化する人はいる。

後遺症[編集]

脱毛や記憶障害が発生したり、咳や倦怠感などが続くこともある。 実はコロナ以外にも風邪やインフルエンザやその他の病気も後遺症が発生する。

コロナのデマ[編集]

  • 若者も重症化する - 若者はほとんど重症化しない
  • すれ違っただけで感染
  • PCR検査はコロナの検査 - コロナ以外にも、警察の捜査にも使われる。
  • ワクチンで磁石人間になる
  • コロナは恐ろしい病気 - 感染者の9割が無症状、コロナは風邪の一種
  • PCR陽性は感染である
  • コロナは終息する
  • …その他

コロナはただの風邪である[編集]

コロナの感染者や死者はインフルエンザや他の病気よりも少ないし、厚生労働省も「風邪」と認めているため、ただの風邪と捉えることもできる。

日本人の約99%がコロナに感染していない[編集]

811,061(日本のコロナ感染者数) ÷ 125,360,000(日本の人口) x 100 = 0.65%
100% - 0.65% =  99.35%

日本人の約99% が、まだ一度もコロナにかかっていない。

日本人の99.99%がコロナで亡くなっていない[編集]

死亡者は、14,899 ÷ 125,360,000 x 100 = 0.012%
100% - 0.012% = 99.99%

日本人の99.99% がコロナでは亡くなっていない。[1]

コロナの被害[編集]

コロナはインフルエンザ以下の被害[編集]

インフルエンザは一週間で200万人以上、1年間で1000万人〜2000万人ものの人が感染していたが、コロナは2年間合わせてたったの80万人。1週間でたったの7万人程度しか患者が出ていない。インフルエンザは毎年10000人以上亡くなっていたが、[2] 2020年のコロナによる死亡者数は3466人。[3] インフルエンザの方が被害が大きいし、日本の人口に比べ、コロナに感染した人は0.01%以下である。にも関わらずコロナは騒ぎすぎである。

10代以下の死者[編集]

日本ではコロナで亡くなった子供の人数は0人である。他の病気(インフルエンザ等)は毎年子供が何人も亡くなっているのに、コロナは0。騒ぎすぎではないであろうか。

2020年の死因トップ5[編集]

1位:悪性腫瘍(がん):378,356人

2位:心疾患:205,518人

3位:老衰:132,435人

4位:脳血管疾患:102,956人

5位:肺炎:78,445人

コロナはこれよりもさらに少ない3464人である。

なお、実は正月の餅による窒息よりも致死率が低い。餅は正月だけで3000人以上死者を出しているが、コロナは1年かけてようやく3000人台の死者を出しているくらいである。[4]

交通事故より小さい被害[編集]

コロナの死者数は交通事故よりも少ないので、コロナで自粛するよりも車の運転を自粛すべきである。

ウイルスは変異するのが常識[編集]

毎日マスコミは「変異株が発生」と報道しているが、実はウイルスは常に変異するのが当たり前である。なので、変異株を過剰に恐れず、通常の対策で良い。

感染対策[編集]

  • マスクの隙間はウイルスよりも大きいため、ウイルスが入ってくるのは避けられない。マスクの隙間の大きさは5μm、ウイルスは0.5μmである。ノーマスクの方が色々な菌やウイルスと触れ合えるため、免疫力が上がる。
  • 外出制限に意味はない。なぜなら、「PCR検査は感染していなくても陽性反応が出る」から。後ほど説明する。

ワクチン[編集]

コロナワクチンの中には、蛾の細胞や胎児細胞、水銀が入っていると言われており、不妊になるとの説もある。

ワクチンは強制ではなく、打たなければいけないと言うことはない。日本では19歳以下の子供はコロナで亡くなっていないので、子供にワクチンは不要では無いかと言う声もある。

世界初の遺伝子ワクチン[編集]

  • 新型コロナのワクチンは従来の私たちが知っているワクチンとは異なり、遺伝子ワクチン(mRNA)であり、どのワクチンも、WHO(世界保健機関)やアメリカをはじめ、まだ正式な認可は下りていないこと(緊急使用の許可が出ているのみ)
  • たった1年で作られ、長期毒性の検査は終わっていないこと(そのために正式な認可が下らない)
  • 過去にもmRNAワクチンは作られようとしてきたが、実験した動物がすべて死んでしまい、失敗していたために今まで一度も認可が下りなかったこと(下に記載)
  • 今回は動物実験も、長期毒性の経過をみることも飛ばし(通常ワクチン製造まで5〜10年ほどは経過を見るもの)、歴史上初めて人間の体に使われていること(人体実験の段階)。すべては試験管の中で実験されたものでしかないこと
  • 接種後すぐに出る副反応のみならず、半年後、1年後、5年後、10年後に体にどんな変化を起こすのかこの世の誰も知らないこと
  • ワクチンを接種した後にコロナにかかると重症化するリスクがあることから重要な潜在的リスクとしてファイザーの公式文書に明記されていること
  • 妊婦・乳児に対する接種は『重要な不足情報』と書かれていること
  • 現在治験中であると明記されていること
  • 体の中の遺伝子がどのようになるのかが予測不可能なため、それを元に戻す方法がない可能性が高いこと
  • 新型コロナに効いたとしても、自己免疫の働きを弱めてしまう可能性が非常に高いため、普通の風邪が重症化したり、がん細胞が活性化されてがんになったりする可能性も高いと言われていること(免疫低下によりあらゆる病気にかかる可能性が高まる)。また、ADEという自己免疫が暴走してしまう可能性が指摘されていること
  • 元ファイザーの副社長や、ワクチン財団で研究をしていたワクチン開発の権威者をはじめ多くの医療従事者や科学者がこのワクチンの危険性や製造中止を訴えていること
  • 日本ではワクチン接種後196名が死亡し、副反応で1,000人以上が重篤化していること
  • ファイザーのワクチン説明書に「現時点では感染予防効果は明らかになっていない」と書かれていること
  • 厚労省のページに「データが少なく不明な点が多い」と書かれていること
  • ファイザーのワクチン有効率95%のデータをよく見ると、ワクチンを打つとコロナに感染するリスクが0.84%減ることが示されており、接種してもしなくてもその差は1%にも満たないこと。これはARR・絶対リスク減少率というもの。さらに詳しく知りたい方はRRRとARRの違いを検索していただきたい。データ(英語)では他社の数字も出ており、アストラゼネカは1〜3%、モデルナは1〜2%の差。日本語でも検索すれば計算している人が居ると思う。
  • 集団免疫効果はまだ不明でありこれまでのインフルエンザのワクチンでも集団免疫効果は実証されていないこと
  • スパイクタンパク質が血液に入り込み身体中の臓器や組織に蓄積されるデータが出てきたこと

各国の状況[編集]

イスラエル[編集]

イスラエルはワクチン先進国にも関わらず、1日の感染者数が7880人、死者が11人(2021年8月14日のデータ)と、どんどん増えていっている。しかもそのほとんどが、ワクチン接種済みであることから、ワクチンに効果が無いことがわかる。これはどう言うことか。それはワクチンを打つと感染しやすく、重症化しやすいと言うことになる。

日本[編集]

日本もワクチン接種が開始されているのに、コロナ感染者数が急増している。

コロナは落ち着かない[編集]

世界中からコロナ等ウイルスを0にすることは技術的に不可能。よってコロナが終息する、落ち着くことはない。ではどうすればこのコロナ騒ぎが終わるのかと言うと、インフルエンザと同じ扱いの「5類感染症」にする事である。コロナはインフルエンザよりも死者が少なく、感染した人のほとんどが無症状か軽症であるため、5類感染症にすべきである。

PCR陽性は感染ではない[編集]

「感染」とは、ウイルスが細胞に侵入しそこからウイルスが増殖していくこと。ただ単に鼻や鼻毛に付着しているだけでは感染ではない。 PCR検査はウイルスの遺伝子の有無しか見ていない。 そのため、ウイルスが鼻や鼻毛に数個付着してるだけで陽性となり、感染者扱いされる。 2020年12月2日に柳ケ瀬裕文参議院議員が、佐原康之厚生労働技官(厚生労働省大臣官房危機管理・医務技術総括審議官)に回答を求めた質疑で、佐原側が、「PCR検査の陽性判定はウィルスの感染性の証明ではない」と証言した。

PCR検査をむやみに受けてはいけない[編集]

PCR検査は詐欺検査であるため受けてはいけない。

  • 陽性になると家族や職場、友達、周りの人に迷惑がかかる、会社が一人のせいでストップする。
  • PCR検査はウイルス遺伝子の一部しか見ていないため、新型コロナウイルスに似たウイルスでも陽性判定になる感染していなくても鼻や口、喉、粘膜、鼻毛にウイルスが付着してるだけで陽性になる。
  • ウイルス5個付着しているだけで陽性になるため、受けたら高確率で陽性になる。
  • ウイルスの死骸でも陽性になる。
  • そもそも、感染者の9割が無症状か軽症なので、検査する必要ない。検査したら高確率で陽性になるため、家で寝ておく方がいい。
    陽性になったら、周りからも差別されたり良くない噂をたてられたり、会社や学校や家族など迷惑をかけたりしてしまう。
    ワクチンを打った直後にPCR検査をすると、100%陽性判定される。

無症状からは移さない[編集]

無症状の感染者は他人に移すことはない。無症状の人から他人に感染させる論文は存在しない。

ではなぜ無症状陽性者の濃厚接触者から陽性反応が出るのか?[編集]

無症状陽性者の濃厚接触者で陽性になった人は、絶対その無症状の人から移ったとは限らない。誰から移ったかの証拠はわからない。 無症状陽性者の濃厚接触者で陽性になった人は、その無症状の人からウイルスを移されたのではなく、第三者からウイルスを貰ったか、街や人混みに行って、そこの空気中に浮遊していたウイルスが鼻にたまたま付着し、それがPCR検査で反応しただけであろう。

Bouncywikilogo.gif ウィキペディアにも、この項目「新型コロナウイルス感染症 (2019年)」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。