小坪慎也

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

小坪 慎也(こつぼ しんや、1978年11月16日 - )は、日本政治家、行橋市議会議員。

来歴[編集]

福岡県行橋市生まれ。行橋市立今元中学校、福岡県立福岡県立豊津高等学校を経て九州工業大学工学部卒業。九州工業大学卒業後は自動車メーカーを経て2007年に「若者代表20代」として市議選に出馬したが、現職を抑えるものの、僅差で落選。落選中は2012年の市議選で再出馬し、当選。

人物[編集]

  • 座右の銘は「闇を語り 光を示す。」各種諸問題という闇をわかりやすく発信すること、しかし問題を提示するだけでは終末論者であり誰でも出来る。
    しかし、その問題を政策をもって、一筋でも改善の光を示す。それを政治家の在り方だと考えている 。
  • 自動車に対して並々ならぬ愛情を持ち、自身の公式サイトにも自動車文化と名づけたページもある。小坪自らも自動車の修理・改装を手がけている。


  • 実家は旅館を営んでおり、旅館の経営や自動車部品メーカーに努めていたときの経験などが、経済面での考え方の基本となっている。
  • 議員になる以前から、陳情や請願をはじめ保守の活動家として日本中を飛び回っていた為、保守の活動家や政治家との繋がりが多い。

活動[編集]

。その請願には20名以上の紹介議員が並び、小坪慎也及びFJとの繋がりの多さが見て取れる。なお、FJのサイトは請願のダウンロードサイトを兼ねているが請願は現在できない。

  • 2013年、12月09日、行橋市12月議会にて日本共産党の政党機関紙であるしんぶん赤旗の市庁舎内の販売(配布・徴収)設置についての問題点を指摘した[2][3]。また、小坪市議のこの指摘により全国の地方自治体で庁舎内での勧誘・配布・集金を問題化する動きが見られている[4][5][6]

言論活動[編集]

2013年、11月12日、木原みのる衆議院議員と共に、外国人の使用する国民健康保険と再入国手続きの問題点の指摘をチャンネル桜で行う。[7]

参照[編集]

外部リンク[編集]

ウィキペディア無し small.png
ウィキペディアにも「小坪慎也」の項目が執筆されていましたが、削除されてしまいました