宮崎駿

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

「未来少年コナン」をはじめ、数多くのアニメを手がける。

概要[編集]

「カリオストロの城」は、本来のルパン三世としては、非常に最低最悪な映画であったが、何故か非常に絶賛されている。
風の谷のナウシカ」のアニメ版は非常に良く出来ていて、漫画版は、最高であった。
「もののけ姫」において「監督引退宣言」をした。した筈だったが……。(販売戦略に決まってるじゃん)その後2013年に本当に引退した

9月6日に引退会見した 2014年にアカデミー名誉受賞した。8月29日のスッキリで明らかになった 11月9日に受賞した。各ワイドショーで放送された

人物[編集]

プロの声優を起用したがらない。かといって俳優を使う訳でもない。などと変な拘りを持つ頑固ジジイである。
崖の上のポニョ』については「CGは使っていません」という迷言を残す。監督、デジタル彩色してる時点でCGですから……。
宮崎アニメっぽくないアニメや漫画の知識を持っており、攻殻機動隊の話もする。『フチコマが出ていない時点であれは押井さんの作品だよね。』という内容にもついていける要に、アンテナが広い。
サンライズ関係者(虫プロの血筋)から『高畑勲は別として、あの人があれだけ有名になれたのは鈴木敏夫プロデューサーのおかげ。富野さんも良いプロデューサーに出会っていればあぁなれた。』といわれる。(これは富野は宮崎並の力を持っているという意味であり、宮崎の能力が業界的に低いという意味ではない。)
実際に鈴木は様々な事を行っている。その代表として、宮崎を宣伝し国民的アニメ監督にしたのは、ジブリと特別な提携している『日本テレビ』の存在がある。現在でも日本テレビが中心に宮崎の宣伝しており、他局も時々そのおこぼれに預かる。ただし、最近はテレビ東京系がアニメ文化に関する宣伝を積極的に行い出しており、このような手法をとるのは日本テレビに留まらない。
テレビがそのような事を行う最大の理由は大衆を洗脳し、視聴率を取るためである。そのため宣伝の中に多少嘘をつく場合もある。(例えばあるアニメーターが作画したシーンを宮崎が作画した事にする等。←それは立派な犯罪です。)
ただし、最近のジブリはジブリ=宮崎駿のイメージを定着させすぎたため、宮崎頼みのスタジオになっている。その原因は鈴木のモチベーションの低下が考えられる。(「宮崎が嫌なった」とか、「名声や知名度などのいい所は全て宮崎に持っていかれる上、失敗や批判などは全て鈴木に来るなどの不条理」が推測される。縁の下の力持ちとは長く続かないものだ。)

関連項目[編集]

めちゃイケ。2017年からパロディやっている