女子校生

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

女子校生(じょしこうせい)とは、女子のみを対象とする男女別学学校女子校)に在学している生徒の事である。

現在の日本では、小学校中学校などの義務教育諸学校の大半が男女共学であるため、女子校生には、高等学校大学の段階で該当する人が多い。女子校の場合、構内に恋愛の対象となる同年代の男子がいない事などにより、女子校生には、化粧服装などを始めとする独特の習慣があるといわれてもいるが、現代社会においてその独自性は、以前より顕著でない。なお、1947年(昭和22年)に教育基本法学校教育法が制定されるまでは、日本の学校では、男女別学による教育が広く行われていた。

1990年平成2年)頃から、児童ポルノ(チャイルドポルノ)が日本国内外で問題となり、特に高校生などの年少者を題材として前面に打ち出す事に風当たりが強くなった。そのため、性風俗業界では、「女子高生」「女子高校生」という語を使わずに、女子高生と同音異義語である「女子生」を当てて用いるようになった。又、性風俗業界において、女子校生という語は、男女別学という状況下での女子の行動などを興味の対象とする場合にも用いられ、響きには、ロリータ的(少女的)な雰囲気が漂うといわれる。過去はポルノ映画から現代はアダルトビデオまで、「女子校生」を題材とした性風俗作品が多く作られており、官能小説においても、男子教員や男子生徒と女子生徒との関係を描いたものが多い。

関連項目[編集]