大韓航空

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアにも、この項目「大韓航空」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。
Bouncywikilogo.gif
ウィキペディアにも、この項目「大韓航空」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。

大韓航空(だいかんこうくう)とは、大韓民国で大人気の航空会社である。旅客機を使ったアトラクションを計画していると言われ、中国の航空需要の急増に伴って航空事故も増加し始めるまでは、同業の日本日本航空台湾チャイナエアライン中華航空)の三社を「東アジア三大スリリング航空会社」とかつて呼ばれていた。割合的には10年に1度100人以上の死者を出すと言われている。だが1997年からは目立った事故が無いため、日航ともども小康状態と考えられる。

概要[編集]

大韓航空は貨物空輸の面では世界ランキング1位をキープしており、貨物に優しい航空会社として知られている。

しかし、人間にとっては全く優しくない航空会社である。エンジンが何かと妙な音を出したり、離陸した直後から小刻みに揺れたり、気流の悪いところを態々飛行したり、10分おきに奇妙な音が機内に響いたり、乗った瞬間にキムチ臭で吐き気がしたり、配られたミネラルウォーターに繊維状のものが浮遊していたり、しまいには翼が折れて落下したりするなど乗客の不安を余計に倍増させてしまうアトラクションを繰り出す。またある時は、ドーンと言う音が出ているにも関わらずそのまま何事も無かったように飛行していたという。まさに命知らずの航空会社なので、世界中のスリリングマニアたちの注目を集めている。

ちなみに、韓国には大韓航空のほかにも全日空などと同盟を組んでいるアシアナ航空というものも存在する。この航空会社は20世紀までは安全性とサービス面で評価が高かったが、2000年代後半からは数々の行政処分を受けるもしかとし、2010年以降は天罰がくだって死亡事故が連続し、こちらも命知らずの航空会社となりつつある。

韓国の仁川国際空港から日本へ帰国する際は、最近は小康状態だが100人以上が死ぬかもしれない大韓航空を選ぶか、近年、危険度が急上昇中のアシアナ航空を選ぶか、どちらにせよ、スリリングな空の旅を強制的に楽しませてくれる。違いは定番のスリリングか、不意打ちのスリリングかだけである。

ライバル社の登場[編集]

大韓航空は国内線も設定しているが、ライバルが現れた。韓国高速鉄道(通称:KTX)と呼ばれる300km/hで走る高速鉄道が、2004年釜山からソウルにかけて開通したのである。それが原因で、国内線の搭乗客が少なくなってきているという。

また韓国ではもとより高速バスが発達しており、国土が狭いことから航空機は余りその意義を発揮できていない。北朝鮮を併合すれば別だが。

大韓航空と太宰府市との関係[編集]

福岡市の傘下にある太宰府市は福岡市に内密に市が推奨していた全日本空輸日本航空を使わず、太宰府市内にある某私立高校と密室談合を行い修学旅行の帰りの飛行機を大韓航空に勝手に変更した事実がある。 この為、福岡市の独裁者タクアン君は太宰府市に勧告をして直ぐに元に戻すように命令した。 しかし、太宰府市は逆に強硬な態度に出て軍備を固めた。

大韓航空を擁護する太宰府市と、日本からの独立を考えている福岡市は互いに溝を深めた。

太宰府市と福岡市の溝[編集]

大韓航空を擁護する太宰府市は徴兵令と戒厳令を発令し危機感を高め意識の向上を狙った。その他、私立、公立の高校生を問わず徴兵し16歳から80歳までの男子を戦争に参加できる市民総動員法案を太宰府市長は議会に提出。議会は軍部の言いなりであったので速攻で成立した。

こうした法律に対して太宰府に登校していたT君は(16歳、学生)「僕は福岡の人間だから関係ないよ。」と馬鹿笑いしていたがその後、太宰府市の憲兵に捕まり戦犯で告訴された。

こうした中、福岡市は大韓航空に圧力を掛け福岡市にある大韓航空の支店を強制捜査してUSB1.1のUSBポートにUSB2.0の外付けハードディスクを接続していたというUSB基本法違反で支店長らを逮捕し、福岡支店を没収して西日本鉄道に格安で売却した。  

こうした西日本鉄道の対応[編集]

西日本鉄道は福岡市の直営ではない直営の鉄道であり、未だに不審な点が多い。例えば、天神でのバスの多さやバスの多すぎで渋滞等の意味不明行動。その他、春日原下大利での快速急行通過等いろいろな疑問点が指摘されている独立行政法人っぽい企業でもある。

長年、太宰府市側は二日市までの太宰府線の複線化を西日本鉄道に求めていた。しかし、逆に西日本鉄道は太宰府線の一日10本と朝と夜は太宰府線に電車を回さない等のハル・ノートに近い条件案を太宰府市に出した。

太宰府市側は大いに怒り、太宰府駅と五条駅の没収と太宰府線に残っていた電車(5000形)数量を没収し軍事用に転用して、駅にいた西鉄職員を捕虜にした。

スリリングなアトラクションの数々[編集]

  • 1978年4月 韓国魂を見せるため、命を顧みずソビエト連邦に侵攻したが、銃撃され返り討ちに遭う。左翼主翼先端にミサイルが当たり死亡者と負傷者を出した。(ソビエトロシアが迎え撃ってしまったため、航空事故扱いされず。)
  • 1983年9月 懲りずに再びソビエトへ宣戦布告する。やはりソビエトの進化したミサイルに撃墜され稚内沖に墜落し乗員乗客全員死亡。(返り討ちを食らったため自業自得ということで航空事故扱いされず。)
  • 1987年11月 北の国の工作員が機内に入り込み、北朝鮮製時限爆弾を使用したサプライズアトラクションを決行。全員死亡扱いにされる。(テロに入るパフォーマンスだが、エクストリーム・謝罪には入らなかった故に、偉大なる将軍様が金で圧力をかけたため、航空機事故おろかテロ扱いにもされず。)
  • 1989年7月 リビアの住宅地に特攻。乗客を死亡させたほか、何も罪も無い地元住民まで巻き添えにした。
  • 1997年8月 グアムで滑走路手前の丘に特攻。大韓航空最後のデッドアトラクションである。
  • 2007年1月 秋田空港で滑走路と間違え狭い誘導路で着陸を決行。幸い乗員乗客全員無事に終る。(単なる機長のボンミスなので国土交通省にたっぷり油を絞られた。)

2014年12月。会長がハッピーターン投げたとして飛行機返してしまった。日本ののニュースでも放送された

関連項目[編集]

国分太一。ファンである。2014年12月24日の一服のナッツ姫の話題のラストで語っていた