佐々木央崇

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

佐々木 央崇(現在:渡邊央崇)(ささき ひろたか 1967年1月29日 -)は、日本作曲家編曲家マンドリン奏者。


略歴[編集]

福岡県福岡市で生まれる。

福岡県立門司北高等学校を卒業。

高校時代より和声・対位法を、山岸磨夫に師事。

また、高校時代よりマンドリンを始め、林田戦太郎・宮吉寛に師事。

大学時代、大分マンドリンオーケストラの委託で「秋の詩」を発表。

この楽曲で、マンドリンの特殊奏法(虫の鳴き声)・和太鼓導入・里の秋ともみじの同時演奏。

日本マンドリン連盟九州支部会長児玉久がこの楽曲を絶賛し、九州を代表するマンドリン音楽の作曲家5人の一人に名前を挙げられる。

筑紫女子短期大学マンドリンクラブをはじめ、他の大学・高校へ編曲作品提供を行い、また、通う大学の映画研究部や演劇部に楽曲の提供を行う。

2005年5月佐々木美緒への楽曲提供やプロデュースを始める。

教え子の中に、ファッションショーの音楽プロデューサー・マンドリンニストがいる。

2019年1月に離婚。

交流関係[編集]

外部リンク[編集]